「ファンの方は水着が大好きなので」高柳明音がSKE48の10周年に写真集を希望!?

「ファンの方は水着が大好きなので」高柳明音がSKE48の10周年に写真集を希望!?

SKE48・高柳明音が写真展「ちゅりかめら展IN WONDER PHOTO SHOP」でのトークショーに登場

1月6日から東京・神宮前にあるFUJIFILM WONDER PHOTO SHOPでは、SKE48の22枚目のシングル「無意識の色」(1月10日[水]発売)リリースを記念した、SKE48・高柳明音の写真展「ちゅりかめら展IN WONDER PHOTO SHOP」が開催中(14日[日]まで)。8日には高柳のトークショーが開催され、開演前に囲み取材が行われた。

展示されている写真の中のお気に入りについて、高柳は「(『無意識の色』の)MV撮影中の映像カメラを撮った写真があるんですけど、あれは表には出ない画だと思うのですごく好きですね。あとは、自分が写ってるものなんですけど、『無意識の色』のカップリング曲『夜明けのコヨーテ』MVのオフショットです。ちょっとヤンチャな格好をしたんですけど、(MVのフルサイズ解禁前で)その写真を見たファンの方が今『何のこっちゃ』ってなっているのが、個人的には面白いなと思っています」と話す。

すると、その『夜明けのコヨーテ』MVの内容を「『和食麺処サガミ』さんでやっているキャンペーンのCM曲になっていて、CMはメンバーが、手羽先が“塩派”か“タレ派”かで分かれて戦っています。それにちなんで、メンバーが“何かと何かですごく悩む”っていうのがテーマになっているMVです。私は何かをやらかして警察に捕まってしまい、取り調べを受けている役です。『俺やってねーよ!』ってずっと言っている中、『お腹空いてるんだろ? これでも食えよ』って出されたカツ丼と天丼ですごく悩むっていう(笑)。ダンスシーンや歌割りも“塩派”と“タレ派”で分かれていたりします」と明かした。

さらに、「SKE48メンバーの写真集を作るとしたら?」という質問には、「SKE48のメンバーを紹介する写真集を撮りたいです。ファンの方は水着が大好きなので(笑)、(三重・)ナガシマスパーランドのプールで、メンバーに水着を着てもらって、それをメンバーが撮る。カメラマンさんが撮る良さもあると思うんですけど、メンバー同士だから撮れる距離感や表情もあると思うので、みんなでワイワイ撮る写真集を、この10周年という節目に作れたらいいなって思います」と願望を語った。

また、トークショーが開催された1月8日は成人の日。高柳は自身の成人式を「私と同じ1991年生まれは“黄金世代”と呼ばれていて、高橋みなみさん、前田敦子さん、板野友美さん、柏木由紀さん…、AKB48の最前線にいる人たちがいた年でした。だいぶいなくなったなって思うんですけど(笑)」と振り返ると、「あのときは年上があまりいなかったので、17,18歳のメンバーも『大人なんだからしっかりしなさい』ってスタッフさんに言われていたんですけど、今のハタチを見ると、若者扱いされていてうらやましいなって思います(笑)」と本音(?)も。

そして、「SKE48がことしで10周年になるんですけど、10周年がゴールではないので、新しいスタートを切れるような1年にしたいなと思います。一番の目標はナゴヤドームに立つことなので、ナゴヤドームに立って、その裏側だったりを写真に残したいなと思います」と2018年の目標を挙げ、最後は「『無意識の色』発売前にこうして写真展をやらせていただいて、ファンの方に『発売が待ち遠しい』って思ってもらえればいいなと思います。カメラで写真を撮るメンバーも増えてきたんですけど、私には私にしか取れない写真があると思うので、私らしくたくさんの写真を撮って、いつかSKE48の写真集だったりとか、“ちゅりかめら”の写真集を出せるように頑張りたいと思います」と今後の“カメラマン・高柳明音”としての意気込みを語った。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)