卒業発表のももクロ・有安杏果 ファンの前で第一声「突然の発表、本当にすみません」

卒業発表のももクロ・有安杏果 ファンの前で第一声「突然の発表、本当にすみません」

卒業を発表したももクロ・有安杏果が「AbemaPrime」に生出演し思いを語った

1月21日のライブをもってグループからの卒業と芸能界引退を発表したももいろクローバーZの有安杏果が15日、動画配信サービス・AbemaTVのニュース番組「AbemaPrime」(毎週月〜金曜夜9:00−11:00、AbemaNewsチャンネル)にメンバーとともに生出演。ファンに向けて率直な思いを語った。

有安は0歳から芸能界で活動しており、ももいろクローバーZの全身・ももいろクローバー結成翌年の‘09年に加入。歌唱力に定評があり、’17年にはソロアルバムも発表するなど活躍している。15日、自身のブログで「普通の女の子の生活を送りたいという想いが強くなり、わがままを受け入れてもらいました」とグループ卒業・芸能界引退を発表した。

この日、ガラス張りのスタジオ前には多数のファンが集結。有安は開口一番、「ファンの皆さんに囲まれて話すのは(卒業発表後)今が初めてなので、ドキドキしています。突然の発表になってしまって、本当にすみません」と、集まったファンに向けて深々と頭を下げた。

卒業はかなり前から考えに考え抜いた結論だったといい、「ファンの方に(卒業を)言えないというのは本当に苦しかった。(発表から卒業まで)1週間しかないというのが、やっぱり…本当に急で」と言葉を詰まらせた。電撃発表になったことについては、リーダー・百田夏菜子が「ありがたいことに本当にいろんなお仕事をさせていただけて、大人の事情とかもありつつ会場の関係もあって、どうしても今日にね、なってしまったんです」と有安をフォローした。

■ 玉井詩織「杏果の人生を尊重したい」

メンバーには、卒業の意思を昨年のうちに打ち明けた。その時を振り返り、佐々木彩夏は「(卒業を聞いたときは)いろいろ話をしました。杏果の同世代として杏果の気持ちもわかるし、わたしたちの周りも就活している子も多いので、そういうことを考える時期ではあるのかなと思う」、玉井詩織は「聞いたときには動揺もしましたし、できることなら5人で続けていきたいとも伝えたんですけど、それよりもやっぱり杏果の人生もこれから先長い。ずっと一緒にやってきたからこそわかる部分もあったので、尊重したいなという気持ちはありました」。

高城れには「来週から4人になるっていう実感がわかないんですけど、きょう一日いろんな方とご挨拶できたり、杏果の口からいろんなことをまた新たに聞けたりして、明るく送り出したいっていうのも思ったし、5人でいられる一週間は大事にしたいなと思いました」と、それぞれ葛藤を乗り越えてこの日を迎えたことをうかがわせた。「(卒業の意思を聞いて)1時間半言葉が出なかった」という百田は、「話し合いのときも、思うことを他のメンバーが話してくれてるのを私は1時間半黙って聞いていて、自分の中で徐々に前向きに持っていけたかなぁって」と心中を振り返った。

■ 有安「決断までは本当にたくさん悩んだ」

月曜MCのウーマンラッシュアワー・村本大輔が「なんで辞めるの」と直球で投げかけると、有安は「1年前に大学を卒業して、同級生の子たちが就職してまた新しい一歩を踏み出してるのを見て、私ももっと成長して新しい一歩を踏み出さきゃなって思ったときに、成長するためにはももクロを卒業して、社会人としてだったり、ひとりの女の子としてまだまだ足りない部分もあるので、そういうところを身につけていきたい」と改めて語った。

0歳から芸能界に身をおいてきた有安に、“普通の女の子”だった時期はまだない。「決断するまでは本当にたくさん悩んだし、たくさん苦しんだし、しんどい思いもしたんですけど、でもこれからはもっと今まで普通の女の子がやってたこと、私にはできなかったことをやってみたいなって思っていますし、規則正しい健康的な生活を送りたいなと思ってます」とすっきりした表情を見せ、卒業後にまずしたいことを問われると、「まずしたいこと…なんでしょう…本当に決めていないんですけど…ゆっくりしたいです」と笑顔を見せた。

■ 小松アナ「ももクロは“奇跡の5人”なんです」

番組進行役のテレビ朝日・小松靖アナウンサーは熱狂的な“モノノフ”(ももクロのファン)として知られる。この日は「ももクロとの仕事の時は僕、ポンコツ化するんです」と憔悴した様子で、「今日は、前向きなことだけを言おうと決めて来ました」と言葉少な。だが、有安のメンバーカラー・緑のネクタイをしっかりと身につけて生放送に臨み、メンバーの言葉一つひとつを噛みしめるように聞き、「ももクロって“奇跡の5人”なんですよ。誰一人欠けてもももクロじゃないって思って応援してきたんですけれど、この言葉を聞けば、今のこの形もももクロだってきっとファンの皆さんも思って応援してくれると思います」と絞り出した。

そんな小松アナの反応も含め、駆けつけたファンを目の当たりにした有安は「最後に一言を」と促されると、カメラではなくガラスの向こうのファンの方を向いて「突然の発表になってしまって本当に申し訳ありません」と一礼。「小松さんが“奇跡の5人”って言ってくださったんですけれど、私はファンの方が奇跡だなって思ってます。今まで8年間、見たことのない景色をたくさん見せてもらえたのは本当にすべて、ファンの皆さんのおかげだと思っています。本当に、『ありがとう』っていうたったの5文字では伝えきれないんですけど、8年間本当に、ありがとうございました」と、時おり声をつまらせ深々と頭を下げた。

有安は21日に千葉・幕張メッセで行われるライブをもってグループを卒業。所属事務所のスターダストはこの日をもって有安との専属マネジメント契約も終了することを発表しており、芸能界からも引退することになる。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)