ももクロ・有安杏果が電撃引退に反響!ランキング3位に!【視聴熱】1/15デイリーランキング

ももクロ・有安杏果が電撃引退に反響!ランキング3位に!【視聴熱】1/15デイリーランキング

1月15日の“視聴熱”デイリーランキング・人物部門で藤原竜也、東方神起、有安杏果が高ポイントを獲得

webサイト「ザテレビジョン」では、1月15日の「視聴熱(※)」デイリーランキングを発表した。

■ 人物ランキング ももクロ・有安が卒業&引退を発表!

1位 藤原竜也/2位 東方神起/3位 有安杏果

有安杏果…ももいろクローバーZの有安杏果が15日、1月21日のライブを最後にグループを卒業、そして芸能界を引退することを公式サイト&ブログで発表した。そして、動画配信サービス・AbemaTVのニュース番組「AbemaPrime」にメンバーとともに生出演し、ファンに向けて率直な思いを語った。また、16日の「ノンストップ!」(フジ系)にも生出演し、リーダーの百田夏菜子は「4人になっても一生懸命頑張っていきたい」とファンに向けてコメントした。

■ ドラマランキング 「海月姫」で瀬戸康史の女装姿が大反響!

1位 海月姫/2位 99.9-刑事専門弁護士- SEASON II/3位 BG〜身辺警護人〜

海月姫…1月15日に第1話を放送。芳根京子演じる“クラゲオタク女子”月海が、女装美男子・蔵之介(瀬戸康史)と童貞エリート・修(工藤阿須加)の兄弟に出会い、三角関係を展開するラブコメディー。第1話では、熱帯魚店でピンチを救ってくれた美女と打ち解けた月海。うっかり月海のほか、オタク女子“尼〜ず”が集まって暮らす男子禁制の「天水館」に泊めると翌日、目覚めた月海の横には上半身裸の男が寝ていた。美女は女装が趣味のれっきとした男性・蔵之介だった…というストーリー。また、SNS上では女装姿の瀬戸について「可愛過ぎなんですけど!」「とんでもねぇ美少女!」などのツイートも寄せられた。

■ アニメランキング レッドアイとボアの対決が白熱!

1位 ポプテピピック/2位 アイドリッシュセブン/3位 ベイブレードバースト

ベイブレードバースト…1月15日に第41話を放送。ついに世界最強を決めるゴッドブレーダーズカップの1回戦。レッドアイ対ボア戦では、レッドアイに追いつき追い越すためにスネークピットで勝ち残ってきたボアが、バハムートの新必殺技でスプリガンを追い詰めていく。そして、レッドアイも鬼気迫る気迫で反撃する。一方、クーザはノーマンとの試合に臨む。開始と同時に先制攻撃を仕掛けるクロノスに対して、ネメシスは強烈な一撃で攻め込む。

■ バラエティーランキング 木村拓哉が“帰れま10”7年ぶりに登場

1位 帰れま10に木村拓哉がやってきた!大人気回転寿司店の人気ベスト10当てに挑む!/2位 ナイナイのお見合い大作戦!/3位 乃木坂工事中

帰れま10に木村拓哉がやってきた!大人気回転寿司店の人気ベスト10当てに挑む!…1月15日放送は、くら寿司の人気メニュー144種類からベスト10を全て当てる企画に挑戦。ドラマ「BG〜身辺警護人〜」に主演する木村拓哉が、7年ぶりに番組に登場した。斎藤工、菜々緒ら共演者を率いた木村は、すし皿の上に乗せられたキャップの開け方に苦戦する場面もあったが、5度の回答で4度ベスト10を当てるなど活躍。8時間15分の長丁場を乗り越え、計29貫を完食した。

■ 熱トピ 松井玲奈、内田理央らのビジュアルが話題!

尼〜ず…東村アキコの人気漫画を芳根京子主演でドラマ化した「海月姫」が1月15日からスタート。芳根演じる主人公・月海が住む天水館は、「男を必要としない人生」を掲げるオタク女子たち“尼〜ず”が集う男子禁制の共同アパート。オシャレや女子力と無縁の生活を送る彼女らを演じるのは松井玲奈や内田理央ら。アフロヘアの松井、ジャージ姿の内田など、イメージを覆す個性的なビジュアルに話題が集まっている。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4〜10位の順位や上記以外のワードに関する解説のほか、リアルタイムランキング、ウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)