AKB48の新成人・向井地美音が“一人暮らし”のレッスンをスタート!?

AKB48の新成人・向井地美音が“一人暮らし”のレッスンをスタート!?

1月24日(水)にAKB48が9枚目アルバム「僕たちは、あの日の夜明けを知っている」をリリース!小栗有以、松井珠理奈、向井地美音、山本彩、横山由依のメンバー5人を直撃!

AKB48の9thアルバム「僕たちは、あの日の夜明けを知っている」が1月24日(水)にリリースされる。2017年にグループを卒業した小嶋陽菜や渡辺麻友がセンターを務めたシングル表題曲なども収録されており、ファンのみならずメンバーにとっても思い入れの強い作品に仕上がったようだ。

このアルバムのリリースに合わせ、AKB48の小栗有以、向井地美音、横山由依、SKE48の松井珠理奈、NMB48の山本彩に直撃し、5人楽曲への思いや2018年の“意外過ぎる”目標などを語ってくれた。

■ 乃木坂46さん、欅坂46さんと一緒に歌えたことは刺激になりました(向井地)

――アルバム収録曲を中心に、2017年に発表された楽曲の中からお気に入りの一曲を教えてください。

向井地:私は「AKB48 49thシングル選抜総選挙」(以下、「総選挙」)で17位に選んでいただきました。(16位までが選抜メンバーというルールがあるため)やっぱり悔しかったんですけど、その結果、アンダーガールズ(選抜の次点ユニット)として「だらしない愛しかた」のセンターをやらせていただけたんです。「AKB48っぽくない曲」と言われますし、今回のアルバムには未収録ですけど…イチ推しです(笑)。アルバムの中の曲だと、やっぱり「誰のことを一番 愛してる?」ですね。坂道AKBというユニットで歌ったんです。

横山:あれは確かに印象に残ってるね。

向井地:乃木坂46さん、欅坂46さんのメンバーと一緒に歌えたことは刺激になりました。それぞれのグループのプライドを持って臨んでいましたね。

横山:なるほど。私は「11月のアンクレット」が大好きです。(渡辺)麻友さんのラストシングルという意味でも思い入れがありますし、さや姉(山本)とシンメ(対)のポジションだったのもうれしくて(笑)。その位置関係は今までにもあったんですけど。

山本:シングル表題曲では初めてだよね。

横山:そうそう! さや姉とはAKB48で初選抜入りできたタイミングも一緒で、時間がたって私たちがこういうポジションを務めるようなAKB48になったんだなぁという感慨もあるのでこの曲を選びました。

――では、山本さんのイチ推し曲は?

山本:たくさんあって難しいんですけど、「11月のアンクレット」のカップリング曲「野蛮な求愛」かな。ダンス選抜の8人でパフォーマンスしているんですけど、選ばれし8人と言いますか(笑)。MVがめちゃくちゃカッコいいんですよ。特別な一曲になりました。あとは「あの頃の五百円玉」も挙げたいです。秋元(康)さんが「山本にはこういう曲が合うよな」ということであててくれた曲です。そういう意味合いがあったこと、センターをやらせていただけたことがうれしかったので。

――松井さんもAKB48の表題曲でセンターを務めましたよね。

松井:はい。「願いごとの持ち腐れ」で久しぶりにAKB48のセンターに立たせていただきました。今までいろんな先輩の背中を見てきた自分だからこそ表現できるものを出したいという気持ちでした。あらためて48グループを盛り上げていきたいと思った一曲でもありますね。ドラマ「豆腐プロレス」(’17年テレビ朝日系)の主題歌「シュートサイン」も挙げさせてください。このドラマをきっかけにプロレスに出会えたこともありますし、大好きな小嶋陽菜さんの最後の曲で、隣で歌うことができて本当にうれしかったです。。

――2017年は偉大な先輩たちが卒業した一方、チーム8の存在感も際立っていました。その中心で活躍した小栗さんはどの曲をチョイス?

小栗:「法定速度と優越感」です。U-17というユニットで、AKB48のほかにも姉妹グループから若いメンバーが集りました。その中でセンターをやらせていただくことで、すごく気が引き締ったことを覚えています。

■ 2018年はいろいろ勉強して資格を取りたい!(山本)

――いろんな思いが詰まった楽曲が多い分、皆さんなかなかお休みがないとは思いますが、あえて「2018年、自由な時間ができたら何を極めたい?」と質問させてください!

山本:私は資格を取りたいです。臨床心理士とか栄養士もいいなって思いますし、歴史が好きなので関連する検定とかも。とにかくいろいろ勉強したいです。

横山:そんな真面目な話のあとに何なんですけど、私はなるべくたくさん旅行をしたいです。いつも生活しているのとは違う土地に行ったときに流れるゆったりとした時間が心地いいんですよね〜。今、一番行きたいのはボリビアにあるウユニ塩湖!

小栗:え〜すごい! すごい遠そうですね〜。私も旅行…というか、温泉に行くのが好きです。一番行きたいのは大分かなぁ。有名な温泉がいっぱいあるので、とりあえずチーム8の大分代表メンバー(山田杏華)に教えてもらいます(笑)。

松井:温泉、いいね。私はお料理を極めたいな。お母さんがすごく上手なので小さいときにお手伝いとかしてたんですけど、高校生になってから自分でするようになりました。今、一番自信があるのは「肉巻きおにぎり」かな。いろんなものを肉で巻くのが好きなんです。豆腐に牛肉のスライスを巻いて煮込んだり。

小栗:おいしそう!

――「これは肉で巻くべきじゃなかった!」という失敗作も?

松井:あります。チーズを入れて火を通すと、チーズが溶け出しちゃうので見た目が悪くなっちゃって…。

横山:じゃあ、まず最初にチーズをちくわに入れて、その上から肉で巻いたら?

山本:出た! ちくわ好きの発言(笑)。

松井:(笑)。でも実際に上手くいくかも。

横山:でしょ? ちくわやったら両端からしかチーズが出ないし。

山本:両端から出るんやん!

――研究の余地はありそうですね。向井地さんは間もなく(1月29日生まれ)20歳になりますが、何か極めたいことはありますか?

向井地:極めるというレベルにたどり着くのはだいぶ先になりそうですけど、「一人暮らし」への第一歩を踏み出したいです。ずっと実家暮らしで両親に頼り過ぎちゃっているので。まずは実家の中で“一人暮らし風”の生活を実践しようと思います。

横山:家具とか買って一人暮らし風にしてるんでしょ?

向井地:そうなんです! 自分の部屋にベッドと机ぐらいしかなかったんですけど、一人暮らしの部屋っぽくしようと思ってソファーとテレビを買いました。

山本:さっきから言ってる“一人暮らし風”って何よ(笑)。

向井地:今まではテレビを見るためにリビングに行かないとダメだったから。

山本:そうすると家族と会っちゃうから“一人暮らし風”じゃないってことね(笑)。

横山:可愛すぎる(笑)。

――実際に一人暮らしをするとしたら何が楽しみ?

向井地:メンバーとの電話とか、SHOWROOMで配信している内容を親に聞かれるのが恥ずかしいんです。私のSHOWROOMは「テンションが低いよね」って言われがちなんですけど、原因はそこにあるんですよ!

横山:じゃあ、一人暮らしを始めたら、テンションが高い配信になるの?

向井地:…多分…そうかも…分かんない(笑)。

取材・文=大小田真(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)