「強いて言えば殺されたい!」ド新人女優・石原梨加が狙う「ぞくり。〜」ヒロイン

「強いて言えば殺されたい!」ド新人女優・石原梨加が狙う「ぞくり。〜」ヒロイン

スペシャル番組で山田雅史氏よりMVPに選ばれた石原梨加

「エキストラの経験は何回かあるんですけど、女優として本格的に活動するのは初めてです。本当にまっさらな感じなので、これからどんどん頑張っていきたいと思います」

緊張しながらも、初々しく意気込みを語ってくれたのは、ライブ動画配信サービス「生テレ」のスペシャル番組として1月10日夜に放送された「『ぞくり。怪談夜話』シリーズ※主演女優オーディション」に出演した石原梨加。(※人気ホラードラマ。今夏に新作を全国でレンタル&セルDVDリリース予定)

同番組には、映画『コープスパーティー』でメガホンを取り、新作「ぞくり。怪談夜話」のホラー監修も務める映画監督・山田雅史(まさふみ)氏が登場。当日の番組内で一番目立った活躍を見せた石原をMVPに選出した。

「『えっ? わたし?』って感じで、驚いた方が大きかったです。そのあとに嬉しさがこみ上げてきたって感じでした」

「ぞくり。〜」の主演の座を射止めるべくオーディションに参加している石原だが、「怖いものは大丈夫」と、小さいころからホラー作品にはたくさん触れてきたそう。

「元々、お母さんがホラー系の作品が好きだったこともあり、小さいころから家で流れていることが多くて、そのまま(ホラーを見るのが)好きになりました。映画も見るんですけど、良く見ていたのは『ほんとにあった怖い話』とか。他にも夏の深夜などにテレビでやっているホラー番組などを、よくお母さんと一緒に見ていましたね」

これまで見ていたホラー作品に、今後は女優として参加することに。初めて演じる側になるが、ホラーで演じたい役について聞くと意外な答えが返ってきた。

「あー、どんな役がいいかな…。殺される役もやってみたいし、脅かす側の役もやってみたい。もちろん何でもウェルカムなので、与えられた役を一生懸命やりたいと思っています。ただ、強いて言えば殺されたいかな(笑)。実際に死ぬことってないというか、死んだことがないからどんな感じなのか分からないじゃないですか? それを演じることができたら、それはすごい特別なことだなって思うので、(演技で)死んでみたいって思います」

今回の番組では見事にMVPを獲得。「ぞくり。〜」のオーディションが今後も続いていく中で、この勢いのまま主演も狙っていく。

「1位を取って主演します! したいです! 頑張ります!」(ザテレビジョン・文=竹内巴里)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)