カミナリが金髪姿でキャラ変!? イケメン風トークを展開するもMattに完敗

カミナリが金髪姿でキャラ変!? イケメン風トークを展開するもMattに完敗

Matt、カミナリ(写真左から)が海外ドラマ「マクガイバー」DVDリリース記念イベントに登場

海外ドラマ「マクガイバー」のレンタル&DVD-BOXリリース記念イベントが1月17日に行われ、カミナリとMattが登場した。

本作は、「24 -TWENTY FOUR-」「ワイルド・スピード SKY MISSION」などを手掛けた製作陣によるスパイアクションドラマ。銃器に頼らず、科学知識と天才的な発想力を武器に活躍する主人公・マクガイバーを、「X-MEN」シリーズで活躍するルーカス・ティルが演じている。また、日本語吹き替えを宮野真守が担当したことでも話題の作品だ。

カミナリの竹内まなぶとMattは、マクガイバーになりきり金髪ワイルドなコスプレをして登場し、イケメン対決を繰り広げた。

まず登壇したMattは、蝶ネクタイとシャツの上に革ジャンを羽織ったコーディネート。革ジャンを着るのはほぼ初めてらしく、「こんなワイルドなスタイルは普段しないので新鮮。いつもと違う自分で、生き生きした感じです」と、ファッションの感想を語った。また、得意のメークではシャドウを顎や頬に入れてマクガイバーの顔に寄せた他、髪も「この日のために明るくしました」とのことで、こだわりぶりをアピールした。

一方のカミナリは石田たくみによるプロデュースで、まなぶが金髪イケメン風の“まなガイバー”に。紹介されたまなぶは報道陣へ向け、無言のまま気取った様子でターンを繰り返し、多数のフラッシュと笑いが起こった。

司会者に促されマイクを持ったまなぶは、普段通り茨城弁なまりでの自己紹介を行った。しかし、その後はコスプレに影響されたのかイケメン風の話し方に移行。その様子に、たくみからも「芸人とは思えないくらい語っていますね(笑)」という言葉が出るほど。

だが、まなぶは慣れないキャラに苦戦したのかトークで詰まる場面が頻発し、Mattからは「キレ悪くないですか?(笑)」とツッコミを受けていた。

対決はMattの圧勝という空気が流れる中、ラストチャンスとしてまなぶは一発ギャグを披露することに。まなぶは「道具が見つからない」と焦るなどぐだぐだな雰囲気のまま、“マイクを使った筋力トレーニング”というネタを行うも、たくみから「俺は面白かった!(笑)」とまさかのフォローが入るというだだスベりっぷり。失笑の中、司会者から対決の負けが宣告された。

最後にMattは、「マクガイバーはイケメンですが、その生きざまも魅力的です。また、映画のようなスケール感を持ったドラマですので、ぜひご覧いただければと思います」と作品の見どころをアピールした。

イベント終了後には囲み取材が行われ、引き続きカミナリとMattが登場した。

たくみは今日のまなぶについて、「かつらやメークで、『俺はまなぶじゃねえ』っていうつもりでいたんでしょうね。だから、スベっても動じていなかったです」と分析。まなぶもそれを認め、「心が弱い方なので、これからも何かしら扮装(ふんそう)したいなと思いました(笑)」と語った。

そんなまなぶにMattは「僕もメークが濃い方ですが、僕より濃い人を初めて見ました(笑)」とコメントした。

また、かつらを着用したまなぶは、髪について「実は25歳ぐらいの時に一度だけ少し伸ばしたことがあって、その時に人生で初めての彼女ができました。半年で別れましたが(笑)」と思い出を明かした。

2018年の抱負を問われると、まなぶは「去年ブルゾンちえみさんがwithBで人を増やして売れたので、カミナリも人を増やそうかと(笑)」と、まさかの増員計画を発表。「ツッコミを増やしたい」というその意図は、「頭の片方ばかりツッコまれて体が傾いてしまうので、反対から戻す人が欲しい」とのこと。これにたくみは、「“くぎ”を打つときみてえだな(笑)」と、優しくツッコミを入れていた。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)