志尊淳の美しさに思わずため息…「女子的生活」裏方の告白【第1弾】

志尊淳の美しさに思わずため息…「女子的生活」裏方の告白【第1弾】

「かわいいものが好き」なヒロイン・小川みき(志尊淳)

トランスジェンダーのヒロイン・小川みき(志尊淳)の戦いを描くドラマ「女子的生活」(毎週金夜10:00-10:50NHK総合)が1月26日(金)に最終回を迎える。

1月19日放送の第3話(再放送は1月24日[水]夜2:20、NHK総合)では、みきが仕事のトラブルで故郷・香住に戻り、初めて女性の姿で家族と対面するシーンが描かれた。

明るく、美しく、ちょっとした毒気を持って強く生きる主人公・みき。

彼女のキャラクターに絶妙な“説得力”を与えているのはリアルに“イマドキ女子”風なファッションやヘアメイク、そして研究された志尊の動きや仕草だ。

今回、同作のトランスジェンダー指導を行っている西原さつき氏と、映像デザインの伴内絵里子氏にインタビュー。第1弾では、伴内氏がみきのヘアメイクやファッションに隠された女性らしく見せる工夫を明かす。

■ 戦うヒロイン“小川みき”、その作り方とは

――みきのファッションやメイクでこだわったのはどんな部分ですか?

ヘアメイクで一番こだわった部分は“前髪”です。

カツラは生え際を隠すために前髪をおろしたスタイルが多く、その方が男性要素の強い太い眉毛も隠れるので、女性的な印象も作りやすいです。しかしそうすると表情が隠れ、かわいらしい印象になるので「かっこいい女性」というみきのイメージとも離れてしまいます。

みきのイメージに合わせて、暗めの髪色で前髪を大きく分けたかっこいいヘアスタイルのかつらを特注でつくり、自分を隠さず、堂々と生きるみきの強さを表しました。

ファッションでこだわった部分は“脚”です。

坂木司さんの原作で、みきは長い脚を生かした“脚見せつけコーデ”をよく着ているのですが、男性の脚はゴツゴツとしているので、どう見えるのか心配でした。ゴツゴツ感をカモフラージュ出来るようなタイツやブーツを用意してフィッティングに臨んだのですが、志尊さんの脚はスラリと長くて、正直女性の脚より美しく、まったく心配する必要がありませんでした。

膝から下がとても長くて、ミニスカートがとにかく似合う。フィッティング室から出てきたときは、あまりの美しさにスタッフ一同思わずため息がこぼれました…。

――女性らしく見せられる“ポイント”はどこですか?

「おしり」です。志尊さんは細身でとてもスタイルが良いので、レディースの服も全て問題なく着こなしていました。しかしどこかが足りないと思っていたのですが、それが「おしり」でした。女性的な「おしり」のふくらみがなかったんです。

そこで、市販のおしりのふくらみを作るパッドを入れたら、おしりのボリュームが出ることでくびれも出来て、全体のシルエットが一気に女性らしくなりました。

■ 「小川みき(25)ファッション通販会社に勤めるOL」というリアリティー

――「トランスジェンダーのヒロイン」を作り上げる上で意識した点はありますか?

「トランスジェンダー」と聞くと、自分とは違う世界の話だと思う人も多いと思いますが、当然みきは私たちと同じ街で同じように生活しています。なので、身近な存在に感じていただけるように、意識的に「リアリティー」があるものをたくさん取り入れました。

例えば、みきの衣装は全て市販のファストファッションブランドで購入したものです。どこも有名なお店なので、みきとおそろいの服を持っているという方も多いのではないかと思います。

同じように、みきの部屋の家具も某有名インテリアショップで購入していますし、こうした1つひとつの細かな要素で、みきを身近に感じてもらえるとうれしいです。

――志尊さんをヘアメイクをした際のエピソードなどはありますか?

志尊さんご本人から「顔の右半面は『男性的』左半面は『女性的』な作り」と教えていただきました。なので、前髪の分け目も女性的な左半面がよく見える方向にしました。ほかにも、志尊さんは肌のことなど、ご自身についてとても細かく把握されています。「敏感肌だから」とスキンケアも念入りで、ご自身でしっかりとスキンケアをしてからメイクに入り、撮影後は20分以上かけてしっかりメイクオフをしてから帰られます。ほかにも、ヒゲがほとんど生えないということも今回はとても助かりました。

――“小川みき”の総合的な出来栄えはいかがでしょうか?

とにかく自然体な小川みきでした。

衣装を着てメイクをして現場に入ってきた時から、ごくごく自然に「あ、小川みきだ」と思いました。私たちが想像しながら用意した衣装やメイクを、その想像以上に着こなしてくださったこともうれしかったです。

それらはすべて、自然体に見えるように志尊さんがたくさん努力された結果なので、本当に「すごい」の一言に尽きます。志尊さんの努力と覚悟に、スタッフ一同引っ張られて頑張った撮影期間でした。

みきと同居生活を続けてきた後藤(町田啓太)が家を出ていき、みきは久しぶりに1人で「女子的生活」を満喫する。

そんな中、仕事関係で「セレブ合コン」に借り出されることになった、みきとかおり(玉井詩織)は、そこで“天然セレブ”マナミ(土村芳)に出会う。マナミはみきを気に入るが、みきはマナミの女性としての天真爛漫さに気押されてしまう。

ある日、マナミがみきの家に押しかけ、そこへ後藤も戻ってくる。さらに、マナミの婚約者・ケンイチ(山口翔悟)も現れ、一同が大混乱する事態に。

みきに「君のような人間はマナミに関わらないでくれ」と言うケンイチに、後藤が食ってかかり、その様子を見ていたみきが突然、部屋を飛び出す。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)