木村拓哉主演「BG」初回視聴率15.7%の好発進!視聴熱も1位を記録

木村拓哉主演「BG」初回視聴率15.7%の好発進!視聴熱も1位を記録

木村拓哉主演ドラマ「BG〜身辺警護人〜」に出席した(写真左から)菜々緒、斎藤工、上川隆也、江口洋介、石田ゆり子、間宮祥太朗

1月18日にスタートした、木村拓哉主演のドラマ「BG〜身辺警護人〜」(テレビ朝日系)の平均視聴率が、これまで放送されている1月クールドラマのトップとなる15.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。19日発表の視聴熱(※)デイリーランキング(対象期間=1月18日)でも、ドラマ部門で1位を獲得した。

同ドラマは人間ドラマを描く名手・井上由美子が脚本を手掛けたオリジナル作品。木村演じる主人公・島崎章が、民間のボディーガードに新人として復帰し、仲間たちとともに依頼人をあらゆることから守り抜く戦いの日々を描く。また、彼らを取り巻く警視庁SPや警護対象者など、一癖も二癖もある人物たちとの人間模様も描く社会派人間ドラマだ。

第1話で、章は辞めていたボディーガードの世界に新人として復帰。高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)、そして村田五郎(上川隆也)の仲間たちと厳しい研修を受けたのち、ついに初任務に就く。マラソン大会でスポンサーである会社会長の大久保佐助(伊武雅刀)からの依頼で、大久保の警護を担当することに。

その頃、厚生労働大臣・立原愛子(石田ゆり子)は“元ファン代表”を名乗る人物から脅迫状を受け取る。「退陣なくば、死の号砲が鳴る」という文面に、警視庁SPの落合義明(江口洋介)は、スターターとしての参加が予定されているマラソン大会への出席を取りやめるよう進言。しかし愛子は、「脅迫に屈することはしない」と参加への決意を新たにする。

いざ当日、「立原大臣の脅迫事件に巻き込まれるのは御免」と、執拗に警備を強化するよう迫る大久保。しかし章と高梨の間で、警備に対する考え方に食い違いが生じる。そんな中、ついにマラソン大会の日を迎え、大会が始まると会場内で爆発音とともに煙が上がり…というストーリーだった。

木村たちキャストによる本格的なアクションや、第1話から高梨が身辺警護課から離脱してしまう展開など、今後に期待を寄せる声が多く上がっていた。

※SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標

■ 第2話(1月25日[木]放送)あらすじ

人権派で知られる裁判官・行永辰夫(田中哲司)の自宅で自転車に放火される事件が発生。一審で死刑判決が言い渡された「老人ホーム殺人事件」の判決を控える行永への脅迫行為と見た警察は捜査を開始する。

裁判官の行永には警視庁のSPが付くが、妻・亜佐美(大塚寧々)にはSPがつかないため、彼女の警護は章(木村拓哉)ら、日ノ出警備保障の身辺警護課が担うことに。しかし相変わらずSPの落合(江口洋介)は章たちを邪魔者扱いし、亜佐美は「武器も持たない一般人に護ってもらうなんて…」とボディーガードが付くことに難色を示すのだった。

夫の行永がSPたちに護られながら外出すると一転、亜佐美は章とまゆ(菜々緒)を小間使いのように扱い、食器洗いや玄関の掃除を命じ始める。さらに、外出したいという亜佐美のワガママに振り回されながら買い物を続ける中、章は亜佐美を監視する何者かの視線に気付き…?

やがて、亜佐美が夫に隠していた秘密の生活が見えてくる…。判決まで残り24時間! 狙われているのは、夫か、それとも…!?(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)