釈由美子“ゲス女”に「不倫には共感できません!」

釈由美子“ゲス女”に「不倫には共感できません!」

釈由美子演じる美晴は遥飛(白洲迅)に誘惑されるが…

市原隼人が主演を務める土曜ナイトドラマ「明日の君がもっと好き」(テレビ朝日系)が、1月20日から放送される。

同作は、一癖も二癖もある登場人物が一筋縄ではいかない恋愛模様を繰り広げていく、新感覚のヒューマンラブストーリー。“人生に一度だけの大切な恋”をテーマに、恋に冷めている“植物系男子”松尾亮(市原)、駄目男とばかり関係を持ち、恋を諦めかけている30代・里川茜(伊藤歩)、人懐っこいキャラとは正反対の裏の顔を持つ新社会人・城崎遥飛(白洲迅)、自身の性的アイデンティティーに悩む丹野香(森川葵)に、茜の妹・黒田梓(志田未来)が加わり、“想定外”の恋の物語を展開していく。

第1話をチェックした市原は、「すごく見応えのある作品です。人間って多面性がある生き物なのだな、というのが第一印象ですね。誰もが自分を見つめ直すきっかけになるドラマだなと思いました」とその面白さを語った。

また、第2話から釈由美子がレギュラーキャストとして出演。遥飛に誘惑される年上女性・城之内美晴を演じる。

しかし、遥飛には幼少期に母から受けた虐待によるトラウマがあり、年上の女性に対してどうにもできない闇を抱えている。遥飛は美晴に子どもがいると知るや否や、厳しい言葉を浴びせかけ、美晴は屈辱を味わう展開を迎える。

若い男性の誘惑に乗ってしまう美晴という役柄について、釈は「私も同じ人妻で息子がいますが、白昼に子どもを預けて堂々と不倫をする美晴には一ミリも共感できません」と断言。

「美晴は今でいう下衆な女性ですが、大人の色気と怖さを情念たっぷりに演じきりたいと思います。これまでやったことがない難しい役で不安はありますが、殻を破って新境地を開いていけるよう頑張ります」と、今まで演じたことのない“ゲス女”役に挑戦する意欲を見せた。

■ 市原「皆さんの会話の糸口になるようなドラマ」

――第1話を見た感想は?

すごく見応えのある作品です。人間って多面性がある生き物なのだな、というのが第一印象ですね。他人に見せてはいけない姿と、見せなくてはいけない姿…。この作品では両方が描かれています。皆さん、間違いなく親近感が湧くと思いますし、自分の概念や価値観、社会の立ち位置まで考えさせられる作品になっています。誰もが自分を見つめ直すきっかけになるドラマだなと思いました。

波形で表すと計器が壊れるんじゃないかと思うぐらい振り切った井沢先生の台本で、思う存分に楽しんでいただけると思います。続きが見たくなるシチュエーション、気になる表情、自分も口にしたくなるせりふがたくさん出てきますし、カメラ、バイク、水彩画、親子の絆、姉妹の絆…などなど、目に見えるものから目に見えないものまで、他のドラマではありえないほど多くのテーマを扱っている作品でもあるので、大切に見ていただけたらうれしいですね。

――視聴者にメッセージを!

登場人物全員が人生に壮絶なバックグラウンドを持っていて、彼らの運命の糸が交錯していくのですが、どんなものが編みあがるのか、誰もが予想できない展開になっていきます。皆さんの会話の糸口になるような、とっておきのドラマが始まりますので、ぜひ楽しんでいただきたいですね!

僕も視聴者の皆さんと共に楽しみながら、この作品に関わる時間を大切に過ごしていきたいと思っています。

■ 釈「教訓を伝えられる存在になったら」

――台本を読んた時の感想は?

とても刺激的な作品で、ドキドキしながら読ませていただきました。井沢満先生の作品に参加させていただけるなんて光栄過ぎて、お話をいただいたときは震えました。私が演じる城之内美晴という役は、今でいう下衆な女性ですが、生々しい女の欲がむき出しのさまを、リアルに演じきりたいと思います。

――同じ女性として美晴の気持ちは理解できますか?

私も同じ人妻で息子がいますが、白昼に子どもを預けて堂々と不倫をする美晴には一ミリも共感できません。遥飛にこけにされますが、「ざまあみろ」と思います。

――今後、美晴がどんな存在になっていったらいいと思いますか?

大人の女性を本気で怒らせたら恐ろしいという、教訓を伝えられる存在になったらいいです。

――最後にメッセージをお願いします。

大人の色気と怖さを情念たっぷりに演じきりたいと思います。これまでやったことがない難しい役で不安はありますが、殻を破って新境地を開いていけるよう頑張りますので、ご期待ください。

■ 第1話あらすじ

老舗造園会社で働く松尾亮(市原隼人)は、クライアントのオフィスビルにレンタル植木の搬入作業中、突風でめくれた里川茜(伊藤歩)のスカートについ目がいってしまう。

そんな才色兼備の社長秘書・茜には、新入社員・城崎遥飛(白洲迅)が突然「一緒にお茶なんか無理っぽい?」と、人懐っこく声をかける。茜は10歳以上年下の言動に面食らってしまうが、その屈託のなさには思わず笑みをこぼす。

だが、茜が背を向け歩き出した途端、後ろ姿を追う遥飛の目からは、さっきまでの無邪気さが消えてなくなっていた。

そんな中、亮は勤務先の社長・丹野文彦(柳葉敏郎)から、娘の香(森川葵)と結婚し、家業を継いでもらえないかと切り出される。中学卒業後、家出同然で東京に来てからずっと住み込みで働いてきた亮にとって、社長は親も同然。香もまた一緒に育ってきた妹のような存在で、突然の話に亮は困惑する。

一方、香はフェミニンな装いに身を包み、ガールズバーで働いていた。昼間は化粧っ気もなく工事現場で働き、夜は美しく着飾りガールズバーで接客。香は性的アイデンティティーに悩んでいた。そんな香の元に、新規客の黒田梓(志田未来)がやってくる。最初は緊張気味の梓だったが、夫の愚痴を聞いてもらううちに、同年代の香と打ち解けていく。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)