古閑美保「女子プロゴルファーは一人で生きていける」

古閑美保「女子プロゴルファーは一人で生きていける」

有村智恵、笠りつ子、古閑美保(写真左から)は先月の熊本震災復興支援チャリティーイベントでも一緒だった

ゲストの3人が、自由気ままにトークする「ボクらの時代」(フジテレビ系)。1月21日の放送回には、熊本出身の女子プロゴルファー・古閑美保選手、有村智恵選手、笠りつ子選手の3人が登場し、生涯獲得賞金5億円を超える3人がゴルフのことはもちろん、女子らしい結婚トークで盛り上がった。

引退後、第2の人生をテーマで話をしていると、昨年結婚したばかりの古閑選手は「女子だから結婚っていう選択肢もあるよね」と、30歳を迎えた後輩2人に投げかける。

笠選手は「(相手を)待ってる」と笑顔で反応するも、古閑選手は「(待っても)来ません! 30年来なかったんだから。テレビの前でバンバン喋っている人に王子さまは来ないから」とバッサリ。

しかし、笠選手は「来てくれると思ってる。王子さま」とめげないが、古閑選手は「すごい静かで、自分の意見も言えない人のところに王子さまって現れるもの」とコメントする。

続けて「プロゴルファーって、自分でクラブを決めて、どこ狙うか決めていく競技だから、一人でも生きていける。自立した女性になる」と持論を展開。

有村選手は「全部、一人で決めるもんね」と先輩の意見に同意し、笠選手も「こないだトレーナーさんがジャンバーを用意してくれていて、これを着ないといけない雰囲気になった。それが絶対に許せなくなった」と経験談を語ると、古閑選手は「キャディーさんがクラブを決めて待っていたらどうする? 何でおまえが決めてるんだよ!ってなるでしょ?」と言うと、2人は「なるなるなるなる!」とリアクションしていた。

次回は1月28日(日)に放送、藤原竜也、溝端淳平、吉田鋼太郎の3人が登場する。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)