チームしゃちほこ、初主演舞台は「ライブとは違った緊張感、高揚感」

チームしゃちほこ、初主演舞台は「ライブとは違った緊張感、高揚感」

チームしゃちほこの「黒鯱」がCSで放送に!

愛知・名古屋を拠点に活動する5人組アイドルグループ・チームしゃちほこが、初めての演技で初主演舞台に挑んだ舞台「『黒鯱』 〜黒鯱年代記/遮二無二の章〜」が、1月27日(土)昼5時からCSテレ朝チャンネル1にて放送される。

1970年3月、日本万国博覧会の開催を間近に控え、日本中が活気にあふれていた。人類の進歩と調和、太陽の塔、月の石、パビリオン…。しかし、突如そこに謎の少女たちが現れる。

「私たちは未来から来ました」と時空を越えて来た彼女たちは何者なのか。個性的なキャラクターたちの新たな物語が始まる。舞台にまつわる音楽やデザイン、脚本などはすべて愛知県出身のクリエーターが担当している。

チームしゃちほこが初舞台に挑戦し話題になった同作品を、CSテレ朝チャンネル1では余すところなくたっぷりと紹介。放送に先立ち、坂本遥奈、咲良菜緒、秋本帆華、伊藤千由李、大黒柚姫のチームしゃちほこ5人からスペシャルコメントが到着した。

――初舞台、しかも初演技ということでしたが、あらためていかがでしたか?

秋本:いつものライブとは違った緊張感、高揚感がありました。演技も殺陣も初めての経験で、普段とは違う自分になれたことはとても楽しかったです。

咲良:すごく心地よい緊張感で本当に楽しかった!

伊藤:格好いい、新たなチームしゃちほこをお見せすることが出来たと思います。

大黒:私が演じたユズキという役は本当の私とは性格も話し方も全然違うので、全然つかめなくって。最初は、実はすごく不安でした。でも稽古を重ねるうちに、全然違う人物を演じられることってすごく楽しいって思えるようになれました。

本番では、ユズキが圧倒的強さなので、いつも「自分かっこいいな」って思いながらやっていました。

坂本:稽古中は、今までにないしゃちほこを早く見せたい!という思いでいっぱいでした。本番では真剣に見てくださるお客さんの反応も舞台からはっきりと見えて、じりじりと伝わってきました。

秋本:可能なら続編をやりたいよね?

坂本:うん、今まで感じたことのある達成感とはまた違う気持ちで、またここに戻ってきたいと思った!

――稽古中や公演中、何かメンバーのなかではやったものはありますか?

秋本:せりふごっこ(メンバー同士で普通に話している時に、誰かが舞台に出てくる台詞を発してしまったら、その続きをみんなで言い合う)楽しかったよね。

坂本:それと、50TAさんの「チャイナダンスホール」という曲にはまったね。

大黒:本番前にみんなで聞いて気持ちを高めていたものね。

咲良:私は殺陣で右腕だけ鍛えられて太くなってしまったので、ずっとマッサージをしていました(笑)。

伊藤:メ〜テレの社食を食べに行くのが稽古中の楽しみでした! 小鉢を2個選ぶのに毎回悩んでいたなぁ〜!

――お薦めの(一番お好きな)シーンを教えてください。

秋本:1つ目はユズキが黒鯱の仲間になるシーン。やっと5人がそろったー!という気持ちになります。

2つ目は最後キャスト全員が出て「黒ノ夜明ケ」を踊るところ。敵味方関係なく楽しく踊るので幸せな気分でエンディングを迎えられるんです!

咲良:ゆずきがギンコさんにトドメを刺し、そのあとに倒れたギンコさんを抱き抱えて手を離すところです。

伊藤:ドウジロウとチユリのラストの戦闘シーンですね。自分の限界を超えてしまうほどの体力と気持ちで戦っていました!

大黒:1番とか選べないくらい全部好き〜だけど、選ぶとしたら銀遊会としてユズキが初めて出てくるところ!

坂本:ちゆとドージロウの戦いのシーンがすごく好きです。ちゆが仲間のため、黒鯱のために命懸けで、必死に戦っているシーンが本当にカッコ良くって、いつも舞台袖から見てウルウルしていました。

そこから私と銀遊会が戦った後、ちゆが駆け込んできてくれて2人でほのかのもとへ向かうシーンも好きです。黒鯱のちゆりとはるなの絆がすごく感じられるシーンです。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)