堂本光一「あ、ああ〜〜!!」大慌て!収録中の“ハプニング”とは!?

堂本光一「あ、ああ〜〜!!」大慌て!収録中の“ハプニング”とは!?

「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジテレビ系)

1月21日放送の「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジテレビ系)で、KinKi Kidsとゲストの松井愛莉が収録中のハプニングを乗り越え番組を終えた。

今回は番組史上初となる2週に渡ってのロケを敢行。都内の窯元でそれぞれがデザインした作品を作るべく、陶芸に打ち込んだ。

はじめに、先生がお手本として、光一が作ろうとしていた“顔に見える模様を掘ったコップ”を作ってみせると、「先生ずるいわ、あんなん超えられへんもん」と先を越されてしまった光一はやや諦めモードでスタートした。

松井は大きなサラダボウルを、剛は凹凸や模様をつけたグラスを作った。

先手を打たれた光一は「先生と全く同じじゃおもしろくないですから」とマイナーチェンジをして、顔のパーツを掘るのではなく付け加える方法でコップを完成させた。

それを見た剛は、「これ何年後かに何でコレ作ったんかな?って思う感じもいいですからね」とフォロー。光一は「これさ、ほんまに小学生の図工だよね」と作品を眺めた。

さらに、松井は両親にプレゼントしたいと夫婦茶碗作りに挑戦。

成形する前に土を扱いやすくする「土殺し」の作業中にハプニングが勃発。

ろくろが回っている最中に、松井が目を離した隙にバランスを崩れてしまった。光一がいち早く異変に気付き「あ、あ、あ〜〜!!」と慌てながら声をかけるが間に合わず、筒状の土が横に倒れて散乱。

ろくろの囲いも倒れ、先生がお手本として作った茶碗が落下してしまう大ハプニングが起きた。

光一が「先生が作ったお茶碗が!」と潰れた茶碗を発見すると、「光一くん、先生のお茶碗を救出して!」と剛。縁の曲がった茶碗を光一が拾い上げた。

1週間後、作品を受け取りにやってきた3人。

釉薬が塗られた完成品を手にすると感激しきり。特に夫婦茶碗をみるなり「これは嘘やわ!」とクオリティの高さに驚いた光一。剛も「これは嬉しいと思うよ。おいしいご飯になると思うよ、いつものご飯が」と出来上がりを喜んだ。

松井が両手に茶碗を持っていたが、うっかり茶碗同士を軽く当ててしまうと、光一が「ほんまにやめて」、剛も「1週間後にシャンってやめて(笑)」と、前回同様、ヒヤリとする瞬間が再び。

剛が作ったデコボコグラスは、スタッフからも「おお!」と驚きの声があがるほどの出来栄え。作品を眺めながら「クセクセクセ、クセだらけの……クセだらけですよ。これ、昔の王が飲んでた感があるやん」と気に入った様子。光一も顔のついたコップを見るなり「キタ!」と笑みを浮かべ、「この辺の色、僕の理想どおりに仕上げてくれてる」と気に入った様子。

また、ロケ日が松井の誕生日だったということで、KinKi Kidsの二人からサプライズでプレゼントが贈られた。

開封すると、先生がお手本として作った光一デザインのコップと、ハプニングで潰れてしまった茶碗が入っていた。落として縁がゆがんだ茶碗も、「アートになってるやん」と剛。光一も「めっちゃカッコイイやん」と完成度の高さを褒めた。

次回は2月4日放送、ゲストに酒井敏也が登場する。(ザテレビジョン・文=柚月裕実)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)