菜々緒、ゴールデン初主演で悪女を超え“悪魔”に!「念願のダークヒロインに感無量です」

菜々緒、ゴールデン初主演で悪女を超え“悪魔”に!「念願のダークヒロインに感無量です」

4月期土曜ドラマは菜々緒主演「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」に決定!

日本テレビの4月期土曜ドラマが、菜々緒主演の「Missデビル 人事の悪魔・椿眞子」に決定したことが分かった。菜々緒は本作がゴールデンタイムのドラマ初主演となる。

本作は、脚本を「35歳の高校生」(2013年、日本テレビ系)、「ルーズヴェルト・ゲーム」(2014年、TBS系)などの山浦雅大が手掛ける、オリジナルの“痛快オフィス・エンターテインメント”。

悪魔と呼ばれるほど冷酷非情で、すご腕の人事コンサルタント・椿眞子(菜々緒)が、ある企業を舞台にセクハラやパワハラ、派閥争いやモンスター社員などの会社の問題を、悪魔のような大胆な方法で次々と解決していく。

決めぜりふは「あなたには、この会社を辞める権利があります」。これを武器とするミステリアスなダークヒロインを、菜々緒が演じる。

また、トレードマークとなる鮮やかな赤いハイヒールや眞子の華やかなファッションとメイクは、菜々緒自らのアイデアによるもの。眞子のファッションにも毎週注目が集まりそうだ。

■ 菜々緒コメント

「デビル」と言われるような役を頂くのは大歓迎です。また、念願のダークヒロインをやらせていただけるのは、ありがたく、感無量です。

今回は、いかに視聴者の方に怖がってもらうかということを常に考えながら演じさせていただきます。私が一番輝けるのは悪女役だと思うので、今まで培ってきた悪女のエッセンスを詰め込んで、気合いを入れて皆さんを震え上がらせたいです(笑)。

眞子はミステリアスで、企業の問題を解決するために非情な手段を使って大胆な行動をしていきますが、会社を良くしようという一心で仕事をまっとうしている女性なんです。視聴者の方が、ハラハラドキドキして怖がりつつも応援したくなるような女性になればと思っています。

たくさんの方に見ていただけるような面白いドラマをお届けできる手応えを感じて、私もワクワクしています。お子さんから大人までくぎ付けになるストーリー、魅力的なキャラクターになると思いますので、楽しみにしていただきたいです。

■ 森雅弘プロデューサーコメント

この企画の原案を読んだのはもう4、5年前ですが、そのときから眞子の姿形はもう見えていました。

スラっと背が高く完璧なプロポーションで、まるで大理石の彫像のような、しかし深い闇を湛えた瞳の美しい女性。そんな美しい人事コンサルタントが会社に嵐を巻き起こす。この企画が実現に向けて動き出したとき、即座に“眞子=菜々緒”と私の中で結びついてしまいました。まさに“役が演ずる人を待っていた”感じです。

これまで多くの名悪女役を演じてこられた菜々緒さんですが、今回の眞子は“悪女を超えた悪魔”ですから、今までの役には無い新鮮さを感じて演じていただけると信じています。そして、菜々緒さんの演じる眞子が私の頭で空想したものより遥かに充実したキャラクターになる事を確信しています。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)