AKB48・清水麻璃亜「気が抜けない」むちゃぶりに負けず笑い届ける

AKB48・清水麻璃亜「気が抜けない」むちゃぶりに負けず笑い届ける

群馬県代表の清水麻璃亜

AKB48チーム8関東メンバーの冠番組「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」(毎週日曜夜11:30-0:00、チバテレ)に出演するメンバーに迫る、WEBサイト「ザテレビジョン」オリジナルのリレーインタビュー。

最後となる9番目に登場するのは、群馬県代表・清水麻璃亜。番組の中ではMCやスタッフからむちゃぶりされても、一生懸命考えて全力で応え、たとえすべったとしても、そのキャラクターで番組を盛り上げている。そんな清水に、番組のことはもちろん、20歳となった2017年から2018年への思いなどを聞いた。

■ むちゃぶりは覚悟

――番組が始まって3カ月以上がたちました。改めて、番組開始時の気持ちを教えてください。

最初はすごくうれしかったのを覚えています。この番組が始まることを知らされたのがコンサートだったんですけど、私はそのコンサートに出ていなかったんですね。なので、メンバーから聞いたんですけど、びっくりしました。

しかも、千葉テレビさんということで、まさかの地上波! 私はテレビがすごく好きなので、テレビに自分たちの番組が映るって聞いて、すごくうれしかったです。

――清水さんは、MCからむちゃぶりされても一生懸命応えようとしている姿が印象的です。初回放送から「千葉県にちなんだ一発ギャグを」とむちゃぶりされていましたね。

絶対に何かやらされるなって思っていました(笑)。番組の(制作)スタッフさんたちは、何年もご一緒させていただいている人たちなんですよ。そのスタッフさんたちとお仕事をするときは、必ず何かさせられるんです。なので、今回の番組でも絶対に何かあるなって覚悟はしていました。そしたら、初っぱなから怖い思いをさせられましたね(笑)。ほぼ毎回のようにあるから、気が抜けないです。もう本当に怖い(笑)。

――そういうキャラクターとして扱われているんですね。

そうなんです。「負けが似合う」ってすごく言われます。他の番組で対決などをすると必ず負けちゃって、「負けが似合う」って言われちゃうんです。だから、この番組でもそうなってしまうのかな…。

――ファンの人たちもそういう感じで扱っていますね。

私がいじられキャラだからというのもあると思いますけど、めちゃめちゃいじってくれています。

――何か面白いことを言えるように、普段から考えたりしているんですか?

ネタ帳じゃないですけど、何かあったら携帯電話にメモをするようにしています(笑)。

■ 吉川は“良い意味”でMCらしくない

――吉川七瀬さんのMCはいかがですか?

最初に聞いたときは、七瀬にMCというイメージがなかったので驚きました。MCをやるよりも、MCに話を振られて笑いを取る側っていう印象だったので…MCとして番組を回す方だというのはびっくりしました。

でも、収録していて良い意味で“MCらしくないな”って思いますね。七瀬らしさが出ていて、みんなに愛されて、みんなに支えられている感じが、すごく七瀬らしいなって思います。

――吉川さんとは“バッチバチ”していますか?

「バッチバチ!クイズ!正解は8番目」(吉川が独断でランキングを決めるクイズ企画)の面白い人ランキングで、ビリに選ばれたんですよ。

――あの時も突然「面白ことやってみて」と、吉川さんからむちゃぶりがありました。かなりすべっていましたけど(笑)。

あの時も本当に怖かった。七瀬からすると、私は面白くないみたいですね(笑)。

――では、もう一人のMCの鈴木拓さんはどんな印象ですか?

めちゃめちゃ面白いです。鈴木さんの一言に笑わせてもらっています。私たちがどんなにつまらないことを言っても、絶対に拾ってくださるし、それを面白くするようにツッコんでくださるんです。やっぱりすごいなって本当に思っています。

■ バチバチ以外の企画も

――この番組でやってみたいことを教えてください。

毎回バチバチして、けなして合っているから(笑)、仲良くできることをしたいですね。ロケとか。千葉県をまわって回っておいしい物を食べたいです。

――清水さんから見た千葉県の印象は?

千葉県は海があるのでいいですよね。群馬県は海がないので。あとは、落花生とか、チーバくんとか…。あと、七瀬が梨をくれたんですよ! それが人生で食べてきた梨の中で一番おいしかったです。おいしい物もいろいろありますね。

■ アイドルの違った一面を

――それでは、2018年の抱負を教えてください。

2017年は11月と12月、舞台に二つ出させていただくなど、今までにないことを挑戦できた一年だったなと思います。そして、20歳になったんですよ。これまでは「自分が自分が」ってならなかったけど、20歳になってからは目標を口にして、「今までの自分から変わって頑張ろう!」と言って、新しい挑戦ができて、自分が変われた一年になりました。

そして、これまではファンの方に背中を押してもらってばかりだったので、2018年はファンの方に喜んでもらえる報告ができるようになったらいいなって思います。

――では、最後に読者へメッセージをお願いします。

他のアイドル番組は仲良くかわいいところを見せてくれると思うんですけど、この番組はメンバー同士がバチバチして、暴露大会みたいな感じです。アイドルの違った一面も見られて、新しいファンもつかめたりするんじゃないかなって期待しています。ぜひ、たくさんの方に見ていただきたいなって思っています。よろしくお願いします。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)