愛川ゆず季「喜びと同時に不安も」第1子妊娠を発表

愛川ゆず季「喜びと同時に不安も」第1子妊娠を発表

2010年10月、記者会見でプロレスデビューを発表した愛川ゆず季

愛川ゆず季が1月26日にブログを更新し、「私事ですが、待望の第一子を妊娠しました。現在6カ月です」と妊娠を発表した。

「子供が大好きなので、すごくうれしいという喜びと同時に、不安もあります」と心境を吐露。「ただただ元気に産まれてきてくれるよう、ベストを尽くしていきたいと思っています」と初の出産への思いをつづり、「先日の検診で、今のところ男の子っぽいね〜と言われました。どうなのでしょう わくわく」と明るく締めくくっている。

愛川は、2003年にグラビアデビュー。さまざまな雑誌のカバーガールなどを務め、「日テレジェニック2005」に選出されるなどグラビアやバラエティー番組を中心に活躍した。

2010年10月31日には、自主興行でプロレスデビュー。クラシック・バレエで培ったやわらかい体と、テコンドーの経験を生かしたゆずポンキック(かかと落とし)を武器に、アイドルらしからぬ激しい試合で世間を驚かせた。

その後はプロレス団体「スターダム」に所属し、2011年1月23日の旗揚げ戦から参加。グラビアアイドルとプロレスラーを合わせた「グラレスラー」として女子プロレス界を盛り上げ、2013年4月29日にプロレスを引退していた。

2017年9月7日には一般人男性と結婚したことをブログで発表。12月23日放送の「有吉大反省会2時間スペシャル」(日本テレビ系)では、「番組スタッフとの打ち合わせで『恋愛体質じゃない』『自分から人を好きになったことがない』『結婚をしたいと思ったことがない」と言っていたのに、直後にしれっと結婚発表をした」と反省していた。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)