ヒルが降ってくる夢を見た!? 大島優子が幻のサイを求めてネパールへ

ヒルが降ってくる夢を見た!? 大島優子が幻のサイを求めてネパールへ

ヒマラヤを望む大島優子

地球エンターテインメント番組「感動地球スペシャル 大島優子ネパールに行きたい!天空のヒマラヤと野生の楽園を巡る」が、3月4日(日)昼4:05〜フジテレビ系列(テレビ静岡制作)で放送される。

同番組は、毎年3月にテレビ静岡が、大自然やそこに暮らす人々、動物などを題材におくる番組で、今回で第28弾を迎える。旅人は3年連続で女優の大島優子。北はヒマラヤ山脈、南はインドへと繋がるタライ平野に挟まれた魅惑の国・ネパールを訪れる。なお、ナレーションは俳優・佐々木蔵之介が務める。

世界中の旅人の憧れの地として名高いネパールは、日本とは非常に深い繋がりがあるという。2014年、世界最高峰のエベレストと日本の象徴とも言える富士山が「姉妹山」として提携。世界遺産を有する日本とネパールが互いに強い絆で結ばれた。つまりネパールは日本にとって“特別な国”になったと言っても過言ではない。アジアの貧困国の一つと言われながらも、独特の文化や躍動する希少な動物たち、ヒンドゥー教と仏教が混ざり合った稀に見る宗教観により、今世界中から大きな注目を集めているネパールのさまざまな場所を巡り、厳しい状況下にあっても力強く生き続ける人々の暮らしや大自然に触れる。

また、象に乗ってチトワン国立公園内のジャングルへ向かい、めったに姿を見ることのできない絶滅危惧種で幻の「インドサイ」を探す。これまでの旅でも、雨乞いをした直後に雨が実際に降り出したり(2017年3月5日放送「カリブ海と聖なる泉」)、旅の最終日にオーロラが出現したり(2016年3月6日放送「大島優子のアイスランド」)と数々の奇跡を起こしてきた大島。果たして幻のインドサイは姿を現すのか?

番組は、3月4日(日)昼4:05〜フジテレビ系列で放送される。

■ 大島優子コメント

私はネパールで日常から得ることのできない感覚を覚えました。それは、空気、におい、文化、すべてにおいて肌になじむけど、生きることの尊さを感じずにはいられない、エネルギーに満ちあふれている国だったからです。これまで、感動地球スペシャルは3回の旅をさせていただきましたが、今回がこれまでで一番愛おしいと思える国です。それは、時間を経た今でも、確実にそう思えます。日本よりも国土は小さいけれど、エネルギッシュなネパールを、みなさんにも感じてもらえたらうれしいです。そして、ネパールという国にパワーを感じました。宗教や貧富の差を目の当たりにし、一人一人が生活していく上でのエネルギーを感じ、生と死に対しても深く考えさせられました。それを言葉で誰かに伝えられて知るのではなく、正に目の前で起きている。人生で初めてカルチャーショックを受けた感じです。

−−チトワン国立公園を訪れた印象は?

チトワンは突如として大自然の中に飛び込んだようなまさにジャングルのような場所でした。驚いたのは、村の道路をたくさんの象が普通に歩いていることです。元々、ヒマラヤ山脈のある国というイメージでしたが、多くの野生動物がいるジャングルを彷彿とさせるような場所があって、その近くでは人々が生活をする空間がある。その距離感や魅力を間近で感じることが出来ました。

−−一番つらかったことは?

ネパールに来て一番怖かったのはヒルです。もうヒル地獄!ヒマラヤの入り口をトレッキングしましたが、山ヒルに次々に襲われました!次の日、上からヒルが降ってくる夢を見て眠れなくなったくらいです。でも、人間が通ると温度を感知して動き始める能力は「ヒルも生きている!凄い」と思いました。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む