AKB48・ゆいゆいがにゃんこスター、おだえりは秀樹に…カラオケ熱唱で大盛り上がり!

AKB48・ゆいゆいがにゃんこスター、おだえりは秀樹に…カラオケ熱唱で大盛り上がり!

小栗有以と鈴木拓がにゃんこスターでコラボレーション

2月18日の「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」(チバテレ)第10回は、茨城県代表・岡部麟、東京都代表・小栗有以、神奈川県代表・小田えりな、山梨県代表・左伴彩佳が出演。新企画「―カラオケ“アオ”リアル」で、過去最高の盛り上がりを見せた。

同企画は、歌のうまさではなく、どれだけお客さんを盛り上げられるかを競うカラオケバトル。チバテレの人気番組「ザ・カラオケトライアル」(毎週日曜夜9:00-9:55)との“勝手にコラボ企画”で、優勝すれば本家「ザ・カラオケトライアル」への出演を、番組から“猛プッシュ”してもらうことができる。この“副賞”でメンバーはやる気を見せ、昭和の人気曲、先輩アイドルの歌などのカラオケ定番曲を、観客をあおりながら熱唱した。

■ 左伴のジャケットプレイに岡部笑い転げる

最初の曲は、岡部で「LOVEマシーン」(モーニング娘。)。イントロで「お前ら! 盛り上がっていけるか〜!」とあおり、観客をいきなりヒートアップさせた岡部は、「りんちゃん最高!」などの声が飛ぶ中、「超気持ちいい」と笑顔を見せた。

続いて、「2億4千万の瞳〜エキゾチック・ジャパン〜」(郷ひろみ)を歌う左伴が、鈴木拓からジャケットを借りてステージへ。MC・吉川七瀬が曲紹介で「2億4千万円の瞳」と読み間違えるハプニングがありながらも、左伴は即興でジャケットプレイを披露。岡部が笑いに耐え切れず、その場で崩れ落ちた。

3人目は「続いての挑戦は、千葉県代表の吉川七瀬ちゃんです」と自身で紹介してステージに上がった吉川。「初のソロライブ、楽しんでいきましょう〜!」と歌う前のあおりは良かったが、歌い出しのタイミングを外してしまうなど“吉川らしさ”を見せつつ「学園天国」(小泉今日子)で盛り上がり、歌唱後は「皆さんが“騒いで”くださったので、よかったと思います」と満足そうだった。

■ 小栗有以&鈴木拓でにゃんこスターに!

小栗が選んだ曲は「さくらんぼ」(大塚愛)。“王道アイドル”らしく途中まではかわいらしく歌っていた小栗だったが、サビに入ると期待通りの“にゃんこスターダンス”を披露。すかさずスーパー3助役となり「何で歌わないの〜!!」と全力でサポートした鈴木は、「俺に後輩(のネタ)をパクらせないで」とぼやいた。

最後の曲は小田の「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」(西城秀樹)。踊り、掛け声で観客、出演者が一体となり、見事な盛り上がりを見せた。

■ 小田えりな「ザ・カラオケトライアル」出場決定!?

「―カラオケ“アオ”リアル」の記念すべき初代チャンピオンには、小田が選ばれた。審査した鈴木は「小田がやると何かださいけど、お客さんが体で表現してくれたのがよかった」と評価。小田は「『ザ・カラオケトライアル』の関係者からいい感触が来ているらしい。本当に出られるかもしれない」と知らされ、「この曲で?」と驚いた表情を見せた。

一方、お立ち台メンバーは「キャラクターじゃないのに、ずっとぼけてくれた」という理由で小栗に。初めて選ばれた小栗は「48秒のヒーローインタビュー」でもにゃんこスターダンスを踊ってみせ、再びスーパー3助となった鈴木が「これ48秒ももたないよ〜」と悲鳴を上げていた。

■ メンバーがADとなって大活躍

次回の放送も、岡部、小栗、小田、左伴の4人が出演する他、あるメンバーがADとなり、裏方として収録をサポートする。

ホワイトデーを前にした企画「―チョコのお返し妄想セリフ選手権」では、メンバーが男性からチョコレートのお返しで言われてみたい「妄想キュンキュンセリフ」を、鈴木が実際に再現する。

さらに、初のメンバー冠企画が実現した「―そこはやっぱり左伴!」では、右と左のどちらかの答えが「左伴」という2択クイズが出題される。

第10回のリピート放送は2月25日(日)、次回の新作は3月4日(日)に放送予定。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)