人気企画にAKB48・岡部麟「嫌な思いをすればするほど好評で複雑(笑)」【バッチバチ対談2】

人気企画にAKB48・岡部麟「嫌な思いをすればするほど好評で複雑(笑)」【バッチバチ対談2】

(写真左から)小田えりな、小栗有以、岡部麟、左伴彩佳が「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」開始から半年を振り返りトーク

AKB48チーム8関東メンバーの冠番組「AKB48チーム8のKANTO白書 バッチこーい!」(毎週日曜夜11:30-0:00、チバテレ)に出演するメンバーに迫る、WEBサイト「ザテレビジョン」オリジナルのリレーインタビュー。

前回に続き、番組開始から約半年を振り返る座談会を開催。今回は、岡部麟、小栗有以、小田えりな、左伴彩佳に、印象に残っている企画や今後番組でやりたいことについて聞いた。

■ “バチバチ”と言い合う企画は人気だが…

――これまでの番組を振り返ってみて、いかがですか?

岡部:最初はメンバー同士の暴露があったりもして、「もう嫌だ」って思うこともあったんですけど(笑)、どんどんみんなで楽しめる番組になってきてうれしいです。

小田:確かに。

小栗:特に今日はめっちゃ楽しかった! バッチバチといっても暴露とかじゃない、楽しいバッチバチをこれからもできたらいいなって思います。

――「バッチこーい!」という野球にちなんだ番組タイトルですが、皆さんの「これは“ホームラン”だったな」と思うシーンを教えてください。

小田:私はこの間(2月4日放送)言った“アモーレ”を拓ちゃん(鈴木拓)さんが気に入ってくださったので、それはホームランだったなって思います。

小栗:私は初めてお立ち台メンバーに選んでいただいた回(2月18日放送)です。拓さんが良かったと思って選んでくださったんだと思うので、頑張って良かったなって思います。

左伴:私もカラオケ(2月18日放送)です。郷ひろみさんの「2億4千万の瞳」を歌って、拓さんのジャケットを借りて、全身を使って思い切りパフォーマンスをして、一番やり切れたのでホームランかなって思います。

岡部:私は“萌えぜりふ”企画(2月4日放送)です。拓さんに「岡部!」って呼ばれた瞬間は「きた!」って思いますね。

――他に印象に残っている回や企画はありますか?

小田: 8番目を決める企画(「バッチバチ!クイズ!正解は8番目」)は、みんなで言い合いみたいな感じでバッチバチして、「バッチこーい!」っていう番組名通りの雰囲気だったかなって思います。

小栗:その企画は結構好評で、いろんな方に面白かったって言ってもらえました。私たちからしたらちょっと苦手な企画なんですけど、みんなに楽しんでいただけるんだったら。

岡部:嫌な思いをすればするほど好評なので、複雑な気持ちですね(笑)。

■ 希望する企画はバスツアーロケ!

――吉川七瀬さんのMCとしての成長ぶりはいかがですか?

岡部:成長というか、あのままでいてほしい(笑)。

左伴:その方が七瀬っぽい。

小栗:進行の練習もしていて、「ちゃんとやろう」って意識は感じます。七瀬ちゃんらしい部分もあるので、いいMCだなって思います。

――今後、番組でやりたい企画は?

岡部:外にロケに行きたいなって思いますね。ファンの方も連れて。

小栗:バスツアー?(笑)。

岡部:現地集合で(笑)。

――そのロケで行きたい場所はありますか?

岡部:湘南に行ってみたい!

左伴:鎌倉!

小田:(神奈川ばかりで)うれしい!

岡部:神奈川は気になるところがたくさんある。赤レンガ倉庫も気になるし。

小栗:中華街!

小田:じゃあ行きましょう!(笑)。

――では、最後にファンの方にメッセージをお願いします。

小田:メンバーの笑っている顔や怒っている顔、いろんな顔が見られると思うので、番組を楽しく見てもらって、もっとチーム8の関東メンバーのことを好きになってもらえたらなって思います。

小栗:せっかく関東メンバーでやらせていただいている番組なので、みんなで楽しくバチバチしながら、もっと続くように一生懸命頑張りたいと思います。

左伴:毎回違う企画をやっているので、ファンの方に楽しんでもらえていると思いますし、観覧に来ている方も「きょうは何だろう」って楽しみにしてくれているんじゃないかなと思います。私たちも期待に応えられるように頑張りたいと思うので、これからも応援よろしくお願いします。

岡部:みんなのキャラクターが被ることもなく、それぞれのキャラクターをファンの方に楽しんでもらっていると思うので、私たちの魅力にこれからも注目してもらえたらなって思います。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)