「海月姫」和物オタクを演じる富山えり子『全員幸せになってほしい!』【尼〜ずインタビュー(1)】

「海月姫」和物オタクを演じる富山えり子『全員幸せになってほしい!』【尼〜ずインタビュー(1)】

“尼〜ず”の和物オタク・千絵子を演じる富山えり子

東村アキコの同名コミックが原作のドラマ「海月姫」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。主演の芳根京子演じるクラゲオタク・倉下月海が、女装美男子の鯉淵蔵之介(瀬戸康史)や、その弟で議員秘書の童貞エリート・鯉淵修(工藤阿須加)と出会い、生活が一変していく“シンデレラ・コメディー”だ。

本作には、月海(芳根)と共に“天水館”で生活するさまざまなジャンルのオタク女子“尼〜ず”が登場する。個性的な面々が集まった尼〜ずだが、ドラマでは原作キャラを忠実に再現し、話題になっている。

今回ザテレビジョンでは、そんな尼〜ずのキャスト4人に4週連続でインタビューを実施。その第1弾として、天水館オーナーの娘で“和物オタク”の千絵子を演じる富山えり子を直撃し、ドラマの見どころや最終回へ向けた思いなどを聞いた。

――個性的なキャラの千絵子ですが、実際に演じて富山さんと通じる部分はありますか?

自分との共通点を探して演じているつもりはありませんが、どこかに私の一部(の性格)が千絵子にもあると思うんです。

原作があってキャラもしっかりしていますが、私が演じることで、私の要素は入っていきます。それによってキャラが出来上がっていけば良いと思っています。

――千絵子の母で、天水館のオーナー・千世子も富山さんが演じられています。演じ分けは大変そうですね。

区別しているつもりも(千絵子と)一緒にしようとも思っていなくて、お母様の時はお母様としてそのシーンをやろうと思って臨んでいます。

初めてお母様のシーンを演じた時に、監督から「いい感じの演じ分けです!」を言っていただいたので、「あ、演じ分けできているんだ! なら大丈夫かな」と思って! ですので、そこまで意識はしていないです(笑)。

――「海月姫」で千絵子を演じて、ご自身の中で参考になったところはありますか?

常に勉強させていただいておりますが、普段はあまり着物を着ないので、勉強になってます(笑)。時代劇などでも着物を着るんですけど、時代劇とはまた違う感じですね。

原作では、千絵子はよく白目になっていて、目力があります。でも、さすがに白目は乱用できないです(笑)。

――着物ということですが、その所作も変わってくるのでしょうか?

変えるというよりも、自然と制限されますので、着物の動きの範囲で演じていますね。足が開けないとか(笑)。割と姿勢はいつもいいです!

―― “尼〜ず”は蔵之介によって変身していますが、千絵子はまだ着物のままですよね。変身願望はありますか?

どうなるんでしょうか! いつか、洋服を着せてくれるんでしょうか…。

――期待しています! 富山さんご自身も変身願望はありますか?

個人的には、誰かに魔法をかけてもらいたいと思っています(笑)。

千絵子としては、尼〜ずのみんなが変身したシーンで、変身への期待はしていたんですけど、蔵之介に「千絵子さんはそのままでおしゃれだから」と言われて、納得していましたね。でも、千絵子もどこかに変身願望があると思いますよ。

――キャストの皆さんは仲がいいと聞いております。印象に残った現場でのエピソードはありますか?

たった今は、女子らしく占いで盛り上がっていました。みんなでインターネットの星占いの記事を読んで、今年の運勢を見て「これは当たっていそうだ」みたいな(笑)。

――ちなみに富山さんの運勢は?

今年の運勢はいい結果でした! 恋愛だけではなく「人生で大切な出会いが多い一年になるでしょう」と書かれていて、そうなるように頑張ります!

――これは他の尼〜ずの皆さんにお伺いしようと思うのですが、富山さんとしては、蔵之介と修と付き合うならどちらがいいですか?

難しい! どっちも私を好いてくれているということですか…? 愛してくれるならどっちでもいいです(笑)。どっちも大切にしてくれそうなので選べないです!

――ドラマはいよいよ最終回に向かっていきますが、今後、期待する展開は?

みんなが幸せになってほしいです。尼〜ずはもちろん、登場人物全員が!

――それは、尼〜ずと敵対する稲荷(泉里香)でも?

だって、悪い人はいないですもん! みんな一生懸命生きているから、みんな幸せになってほしいです!

■ 2月19日(月)放送の第6話あらすじ

天水館で行われたジェリーフィッシュのファッションショーは成功。しかし、ショーの後に蔵之介(瀬戸)からキスされた月海(芳根)は困惑する。

一方、ショーの最中に天水地区の再開発反対を訴えたことが話題になり、鯉淵家にはマスコミが押し寄せる。蔵之介はジェリーフィッシュの服でカメラの前に姿を現し、ブランドの宣伝をすることに。

そんな中、月海は修(工藤)と出会う。月海は蔵之介と修の生い立ちを明かされ、さらにドレスを依頼される。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)