若手俳優・入江甚儀が、ギネス認定”世界一の極寒村”へ!

若手俳優・入江甚儀が、ギネス認定”世界一の極寒村”へ!

2月19日(月)放送の「世界の村のどエライさん」(夜10:00-10:54、フジテレビ系)で、ロシアのオイミャコンを訪れた若手俳優・入江甚儀

2月19日(月)放送の「世界の村のどエライさん」(夜10:00-10:54、フジテレビ系)では、ロケリポーターの入江甚儀が”世界一の極寒村”と言われているロシア・オイミャコンを訪れる。

同番組は、一つの国の”村”に焦点を当て、その村人の暮らしや日本の文化との違いを探っていく他、村人たちの生活を支える人物に密着していくバラエティー番組。

今回が初海外&初ロケとなった入江は、ギネスで”−71.2℃”を記録したこともあるオイミャコンに到着するも、見渡す限りの雪と氷の世界で、まったく村人が見つからずに困惑。そんな村の様子に、MCの千鳥・大悟も「この村はやばい」と入江に同情する場面も。

そんな中、入江は自宅を改装して宿泊施設にし、世界中の人にその良さを知ってもらうためのツアーを作って村を有名にしたという元教師・タマーラさんの元を訪れる。

そこで、入江は村の名物・バーニャと呼ばれるサウナを体験することに。さらに、70℃のサウナで体を温めたあと、裸のまま−60℃の屋外で雪にダイブしたり、極寒の中で川に入るという村の人気アクティビティにも挑戦する。

ロケを終えた入江は、「今後、海外に行くときはオイミャコンと比較してしまい、どこへ行っても刺激が弱く感じてしまいそうです(笑)」と振り返り、「極寒の地と反比例するかのように、現地の方々は心温かく、僕たちを迎え入れてくださったのでまた訪れたいです!」とコメント。

また、「僕を通じて、みなさまがオイミャコンに訪れたかのような体感をしていただけるとうれしいです!」とアピールした。

ゲストには、野口健、眞鍋かをりが登場し入江のロケの様子を見守る。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)