坂口健太郎、韓国ドラマ原作「シグナル」でテレビドラマ初主演!

坂口健太郎、韓国ドラマ原作「シグナル」でテレビドラマ初主演!

4月スタートドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)で主演を務める坂口健太郎

坂口健太郎が、4月スタートのフジテレビ系ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」(毎週火曜夜9:00-9:54)でテレビドラマ初主演を務めることが分かった。

同作は、「第52回百想芸術大賞」など数々の賞を受賞した韓国ドラマ「シグナル」が原作のヒューマンサスペンス。

坂口は、独学でプロファイリングを学んだ警察官・三枝健人を演じる。幼い頃に友達の女子児童が殺害された事件で、女子児童を連れ去った謎の女を目撃し、警察に伝えるも相手にされなかった過去を持つ健人。事件未解決のまま、時効間近となっていたある日、健人は廃棄処分されるはずだった無線機から聞こえてくる声を耳にする。

健人と同じ事件を追っている刑事だと言う声の主は、健人に事件に関する手がかりを話す。最初は信じていなかった健人だったが、無線越しに刑事から聞いた場所に行くと、そこには何者かの白骨死体があった。

その後も、刑事との交信を続ける健人は、相手の刑事が過去を生きている人間であることを知る。そして、二人は無線機を通じて互いに協力し合い、未解決事件を解き明かしていく。

主人公・健人を演じる坂口は、「お芝居をするときに役柄との共通点を探すのですが、健人とは”静かな情熱”のような芯のあるところが共通していると思いました。あと、僕自身気づかずに、冷静に人を見るところがあるので、そこが健人と似ていると思います」とコメント。

さらに、「さまざまな事件が起きて、その”過去”を変えることで別の”現在”があったり、伏線があったりとすごく面白いです。スリリングな展開やスピード感、健人の心の奥底に抱えている何かを一緒に感じていただければと思います!」とアピールした。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)