JY(知英)「歌詞が映画のワンシーンのような情景」岩井俊二とのコラボに感激

JY(知英)「歌詞が映画のワンシーンのような情景」岩井俊二とのコラボに感激

アーティスト、女優として二刀流で活躍するJY(知英)

アーティスト・JYとしてデビュー1年半にして大きな注目を集め、2017年には一人七役を演じ分けたドラマ「オーファンブラック 〜七つの遺伝子〜」(フジテレビ系)で連続ドラマ初主演した知英。

さらに、今年2月に初主演映画「レオン」が公開されるなど、女優としても大活躍中のJY(知英)と、映画監督・岩井俊二とのコラボレーションによる音楽プロジェクトが始動する。

また、完全生産限定の企画EPとしてリリースされることも合わせて発表された。

同プロジェクトは、岩井が作詞を手掛けた「星が降る前に」と題された共通の歌詞を基に、5人のプロデューサーがそれぞれ楽曲を制作するという試み。

リード曲となる岩井自身がプロデュースした楽曲は、ネスレ日本の「2018年度『キットカット』受験キャンペーン」のキャンペーンソングにも起用されている。

岩井とJYが同乗したタクシーの移動中、しきりに空に浮かぶ星と月を見上げるJYの姿からインスパイアを受けて書かれたという歌詞に、複数のプロデューサーがそれぞれ魂を吹き込んだ作品群が、JYのアーティスト活動の新たな分岐点になりそうだ。

JYは、岩井とのコラボについて「初めてLAでお会いした時に、私がつぶやいた一言をきっかけに歌詞を展開してくださったと聞いてとても特別な思いがしました。歌詞が映画のワンシーンのような情景です。MV撮影もずっとわくわくしていました。

撮影現場での岩井さんの姿からは、映像へのこだわりが伝わってきました。岩井さんの世界に入れて楽しかったです。リップシンクをすべて2倍速で撮ったので出来上がりがとても楽しみです。映画のようなMVになると思います」と思いを込めた。

そんなJYの新曲「星が降る前に」は、岩井が作詞・ミュージックビデオ監督・楽曲プロデュースの3役を務めている。このプロジェクトは「スワロウテイル」や「リリイ・シュシュのすべて」など、かねてより岩井監督作品のファンだったというJYと岩井が、ロサンゼルスで偶然鉢合わせたことに端を発して実現したもの。

共通の歌詞で、複数のプロデューサーがそれぞれ楽曲を制作する試みは他に類を見ない新しい挑戦となりそうだ。

追って発表されるという参加プロデューサー陣にはビッグネームから新進気鋭のトラックメーカーまで、多くの“サプライズ”が隠されているとのこと。

岩井は「ジヨンさんとロサンゼルスでお会いした時、車中でふと見つけた月を無心に眺めていた姿が印象的でした。国を越えて活躍する彼女にとって星や月はどこから見ても変わらない心の拠り所なのかもしれないと勝手に想像しました。それがこの詞の原点でした」とコメントを寄せた。

岩井が、自らのプロデュース楽曲で監督したMVは氷点下を記録するなど、寒さ厳しい1月末に撮影。彼の独特の世界観が存分に詰め込まれた作品の公開も楽しみに待ちたいところだ。

なお、商品の展開写真も公開。完全生産限定商品となる今作は、LPサイズの特製ジャケット仕様で、豪華ブックレットとオリジナルトートバッグ付属の豪華な内容となっている。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)