深山と川上が直接対決!? “冬ドラマ最終回予想 天国!?地獄!?”【「99.9-刑事専門弁護士- SEASON II」編】

深山と川上が直接対決!? “冬ドラマ最終回予想 天国!?地獄!?”【「99.9-刑事専門弁護士- SEASON II」編】

「99.9-刑事専門弁護士- SEASON II」の最終回をライターとシナリオライター養成所の受講生が大予想!

いよいよ終盤に突入する現在放送中のドラマ「99.9-刑事専門弁護士- SEASON II」(毎週日曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系※25日[日]は夜9:00-10:19)。そんな「99.9―」の最終回を、テレビ誌やWEBでインタビューや批評を執筆するライター・西森路代氏が大予想! さらに、シナリオライター養成所「シナリオ・センター」の受講生が妄想執筆した“うまくいきすぎ!?”な天国結末と“絶対にイヤ!”な地獄結末を、イラスト付きで紹介!

■ 西森氏の最終回予想“深山が川上をしがらみから解放する!?”

「今クールの放送が終わっても、いつかSEASONIIIを放送したいという希望があるだろう。最終回と言っても、その後も続いていくような感覚は残すはず。そんな中でも、今回は笑福亭鶴瓶演じる裁判官・川上が最終回の物語に深く関わってくるのでは。川上は一見人情派で被告人に人生とは何たるかを説いたりもする人物だが、深山(松本潤)はそこを疑っているし、川上は、実は官邸からの指示で動いている操り人形でもある。深山は川上と対決することで彼のしがらみを解くのではないだろうか」(西森氏)。

■ “うまくいきすぎ!?”な天国結末

舞子の元上司・遠藤(甲本雅裕)が担当する裁判に、川上から圧力がかかる。遠藤からのリークにより、舞子(木村文乃)は川上に抗議するが受け流されるばかり。一方、深山は検証を進める中で、川上の裏の顔を知る。結局、圧力に屈した遠藤は、裁判で有罪判決を下す。深山たちが控訴すると、川上は強引な人事で自ら担当となり、深山たちと直接対決へ。深山はその事件とは関係のない証拠写真の中に、川上と政治家の癒着を示す写真を入れて川上の動揺を誘い、無罪を勝ち取る。新たな事実を知り、深山は満足するのだった。

■ “絶対にイヤ!”な地獄結末

川上が担当する裁判に臨む深山。誰もが被告人の無罪を信じたが、判決は有罪。深山は佐田(香川照之)が止めるのも聞かず、独自調査に乗り出すが、その結果、深山はあらぬ嫌疑を掛けられて起訴される。深山の弁護を舞子が担当するのに対し、担当裁判官は川上の息の掛かった遠藤が務める。舞子は絶対的な証拠を持って深山の無罪を訴えるが、判決は有罪。軽微とはいえ、前科のついた深山は斑目法律事務所を解雇される。そして、深山は「裏の事実を知ることができて楽しかった」と言い残し、斑目法律事務所を去っていく…。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)