中村アンが連続ドラマ初主演でまさかの“三十路処女”に!?

中村アンが連続ドラマ初主演でまさかの“三十路処女”に!?

ドラマ「ラブリラン」で、中村アンが“三十路処女”役に挑戦!

日本テレビ系では、木曜ドラマF「ラブリラン」を4月5日(木)より放送することが決定。同ドラマで、中村アンが連続ドラマ初主演を務めることが明らかになった。

天沢アキの同名漫画が原作の同ドラマは、突然ここ3ヶ月の記憶を失ってしまった“男性経験ゼロ女子”が、15年思い続けている“ワイルド甘々男子”と、記憶喪失中に同棲していた“ドSツンデレ男子”の間で揺れ動く姿を描くラブコメディー。

15年間も幼なじみ・鷺沢亮介(大谷亮平)への片想いをこじらせ、30歳になっても男性経験のない南さやか(中村アン)は、恋愛というリングに上がる事を拒否し続けていた。そんな中、亮介と二人きりで会うチャンスが巡ってきたさやかは、その日を心待ちにして眠りにつく。

だが、さやかが目を覚ますと、目の前には見知らぬ町田翔平(古川雄輝)という男の姿があった。困惑するさやかに対し、翔平はさやかと付き合って同棲していることを告げ、しかもさやかは翔平に処女を奪われてしまっていた。事態を飲み込めないさやかは、自分が3ヵ月間の記憶を失くしていたと知り…というストーリー。

さかやが記憶を失くした3ヵ月の間に何が起きたのか、その真相が徐々に明らかになっていく一方で、さやか、翔平、亮介の恋愛模様や、地味だったさやかが女性として成長していく姿が見どころとなる本作。原作の世界観はそのままに、ドラマオリジナル要素もふんだんに盛り込み、作品を知らない視聴者にも楽しめる内容となっている。

■ “三十路処女”役への思いを中村アンが激白!

中村演じるさやかは、デザイン会社「OLIVIA LAB」に務めるデザイナー。初恋相手の亮介に憧れてこの世界を目指したが、入社以来デザインの仕事を任されたことはなく、いつしか事務のエキスパートに。亮介に15年も片想いしているが、妹的ポジションに安心し、一歩も踏み出せないでいるという役どころだ。

今回主演を務める中村は、本作が連続ドラマ初主演。“三十路処女”という自身の役どころについて「すごくすごく興味が湧きました。周りの友だちに話しても、『えっ!?』という反応がたくさん返ってきて、インパクトのある役ができてうれしいなぁと思いました。

男性に対して、すごくピュアだったり少し怖さもあるのかなと思い、その距離感を大切に演じられるようにしたいです」と、ややこじらせ感のあるさやかを演じるにあたっての意識を告白。

役柄にちなみ、自身の“失くしたくない思い出”を聞かれると、「高校、大学とチアリーディングをしていたのですが、特に高校3年生の最後の大会は、1週間前にケガ人が出てしまい、絶望的だったのですが、諦めずにがんばって無事全国大会に出ることができました。

あの時の『何があっても絶対諦めない!』という気持ち、記憶は失いたくないです」と、仲間と過ごした熱い青春の記憶を語ってくれた。

最後に「連ドラ初主演、私も南さやかと同じ30歳。私もさやかと同じように日々奮闘し、このドラマにかける想いが非常に強く覚悟を決めて臨みます。

地味な見た目のさやかから華やかな見た目に変身するさやかですが、内面は同じままなのでとても難しいですが、変わっていく彼女の姿をしっかり表現できるようにがんばります! 皆さんの心に響く『ラブリラン』を、ぜひご覧ください!」と、視聴者へメッセージを送った。

■ 古川雄輝が“ドSツンデレ男子”に!

さやかと同じ会社で働く営業マン・町田翔平役を演じるのは古川雄輝。町田は自分の欠点を反省し、一歩進もうと努力するさやかの姿を見て好きになり付き合い始めたが、実はすでに別れを告げていた…。そんな町田のキャラクターは“ドSツンデレ男子”。この個性的な役に、海外生活が長く、帰国後は映画やドラマに引っ張りだこの古川が挑戦する。

古川は「一見無愛想でドSキャラな町田ですが、主人公のさやかに対して優しさも見せる『ツンデレ!』といった印象です。原作の町田のイメージを大切に役作りしたいと思います。皆さまに楽しんでいただける作品になるよう、これからの撮影をがんばります」と意気込みを。

自身の“失くしたくない思い出”については「大人になるとバラバラに生活していて、家族全員揃うことが少なくなるので、子供の頃、カナダで家族全員で過ごした思い出は失くしたくないですし、大切にしたいと思ってます」と、幼少期の家族団らんの記憶を明かした。

■ 大谷亮平は“ワイルド甘々男子”に!

第一線で活躍するデザイナーで、さやかに15年片思いされる鷺沢亮介役を演じるのは大谷亮平。さやかとは家族ぐるみの付き合いで、妹的存在として大事にしているが、さやかに恋心を抱かれているとは夢にも思っていない。テレビドラマはもちろん、映画など国内外で多くの作品で違った印象を残してきた大谷が、今作では“ワイルド甘々男子”を演じる。

大谷は「亮介はお兄ちゃんのような優しさや温かさを持った男だと思います。幼なじみ同士の恋愛関係を演じるのは初めてですが、徐々に揺れ動く想いの中、どのように進んでいくのか、その心情を大切に演じたいと思います」と、役作りへの思いを明かす。

“失くしたくない思い出”は、「何も分からないまま飛び込み、20代〜30代を過ごした韓国での思い出ですね。良いことも悪いことも、数々の思い出を忘れることなく、大切にしたいなと思います」と、古川と同じく海外で生活した日々の記憶を口にした。

■ 原作者からもコメントが!

原作を手掛けた天沢アキは、「ドラマ化が決まり、あまりの驚きに『夢かも』と半信半疑でしたが、素敵なキャストの方々が決まってゆくにつれ現実感が増し、楽しみで仕方ありません。

原作にないエピソードやキャラを追加してお話を膨らませてもらえるということで、原作既読の方も新鮮な気持ちで楽しめるのではないかと思います! 私自身も役者さんたちがどう演じてくださるか、演出や美術、衣装がどのようになるか、一視聴者としてとてもワクワクしています」とメッセージを寄せた。

2話以降は、さやか、翔平、亮介に加え、亮介と交際するイラストレーター・青山瑞希、翔平の元カノのモデル・小笠原杏子を交えた、5人の恋愛模様を軸に物語が展開。女性の視聴者がキュンとなるような恋愛シーンも随所に描かれていくとのこと。今後も豪華なキャストが続々と明らかになっていくので、続報を楽しみにしよう。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)