小片リサ、浅倉樹々、小野田紗栞がハロプロ研修生同期トーク!【ハロプロ誕生20周年記念連載】

小片リサ、浅倉樹々、小野田紗栞がハロプロ研修生同期トーク!【ハロプロ誕生20周年記念連載】

ハロプロ研修生で同期だった小片リサ、浅倉樹々、小野田紗栞が思い出話(?)で盛り上がる!

月刊ザテレビジョンで掲載中のハロー!プロジェクト誕生20周年記念連載「ハロ!愛(ラブ)」。WEB版のスペシャルインタビューとして、つばきファクトリーの9人が3つのグループに分かれてシャッフルトーク。ここでは、小片リサ、浅倉樹々、小野田紗栞が登場。3人の共通点は“ハロプロ研修生の同期”。※もう一人の同期の谷本安美さんは、高校卒業組みに!

■ お互いの最初の印象は?

小片リサ「本当にくだらないことなんですけど…。研修生のレッスンを受けていたときに浅倉樹々ちゃんが赤いペンを持っていて、赤が好きなのかなって(笑)」

浅倉樹々「鬼太郎のペンかな?」

小片「わかんない(笑)。でも、それが一番印象的」

浅倉「上になんか飾りがついているやつ?」

小片「あ!」

浅倉「多分、鬼太郎のやつだ。鬼太郎だ、鬼太郎!」

小片「なんか、赤いペンを持っている印象しかなくて(笑)」

浅倉「いとこからもらったペンで、レッスンで場位置とかをチェックするときに使ってました。スゴい書きやすかったんですよ!」

小野田紗栞「私は浅倉樹々ちゃんとはモーニング娘。のオーディションから一緒で、印象というか仲のいい子って感じでしたね」

浅倉「うん。オーディションで合宿審査があったんですけど、初めて会った日に一緒に練習する仲になったよね。話を聞いていると地元でアイドルをやっているっていうことが分かって、え!? 芸能人がいるってびっくりした思い出がありますね」

小野田「(笑)」

浅倉「同じオーディションを受けている仲間に、そういう子がいて自分ヤバいみたいな(笑)。そんな芸能人と喋っちゃっていいのかなっていう気持ちがうまれました。りさまる(小片)とは、あんまり一緒にいなかったなよね」

小野田「そうかも」

小片「東京のメンバーはレッスンを受ける場所が違かったので、あんまり合う機会がなかったかも。それこそハロプロ研修生の発表会のときくらい。リハーサルやゲネプロで会って話すくらいかな? 東京でレッスンを受けている子たちは一緒にいる時間も長いから、東京組で仲よくなるみたいなイメージ(笑)。同期だけど紗栞ちゃんといるよりかは、東京でレッスンを一緒に受けていた先輩の加賀楓さんとかと一緒にいましたね」

小野田「やっぱり地方と東京で分かれちゃうんですよね。私も逆に、先輩の新沼希空ちゃんとかと仲がよかったですし」

■ やっぱり東京には負けないぞ!って雰囲気?

小野田「そんなことないですよ! 大阪出身の子たちもいるので、楽しい感じ。でも、個人的に東京の方たちは怖いな〜って印象があるかも」

浅倉「へぇ〜」

小野田「なんか東京の方は、マジメな子が多いイメージ。地方のメンバーたちは、全員が“わ〜!”みたいに楽しい感じでレッスンとか受けていたので」

小片「たしかに。雰囲気とか比べてみるとそうかも。全員で合同練習とかしていると、もちろん先輩への敬語とかはあるけど、地方組はお互いに和気あいあいと仲よくやっている感じがあったかも。逆に私たち東京組って、一人一人がいい意味で孤立していて、すべてにおいてお互いがライバル心を持ってやっていた気がします」

■ 浅倉さんは同期に、小片さんや小野田さんのような経験者が多かったと思います。焦りとかはありました?

浅倉「習ってはいないんですけど、もともとダンスが好きで完コピとかして自己流で踊っていたくらいでした。でも研修生に入ってみたら、みんな基礎がしっかりできていて、動き方から全然違うんですよ。みんなはダンスをするときに腕の付け根から動かせているんだけど、自分は肘とかから動いていたんです。そういう細かいところが全然できてなくて、本当に一から学んでいかないとダメだなってプレッシャーを感じてましたね」

■ 逆に小片さんや小野田さんは、経験があるから負けられない!という気持ちはありましたか?

小片「今は全然思ってないんですけど、加入当初はできているできていないは別として、先輩の研修生メンバーっていっても、私はその人たちより前から活動しているんだから、先輩とか別に。っていう風に思っていた時期はありましたね(笑)」

■ かなり尖ってた?

小片「そうですね」

浅倉「やばかったね(笑)」

小片「先輩っていうけど、そんなにやってないじゃん!っていうくらいの気持ちでいました(笑)。でも、ハロー!プロジェクトの中での先輩後輩なので、それは仕方ないなって」

浅倉「りさまるは結構するどいところがあるんですよ。負けず嫌いなところは、今でもあると思いますけど、当時はスゴかった。誰に対しても自分は負けないぞって雰囲気が出てましたから(笑)」

小野田「私は、そういうのが全然なくて。ついていくのに必死でしたね。今までやっていたことと全然違うし、厳しさも違う。とにかく先輩やみんなに追いつけるように必死でしたね」

浅倉「そうだったの?」

小野田「みんなフリとかを覚えるのが早い。一年ちょっと研修生をやってきて、先輩がいろいろなグループからデビューされて後輩も増えてきた。そんなとき、自分がパフォーマンスをしている動画を見たら、後輩よりできていないとか、カッコよくないと思ったんです。ここで、もっとがんばらなきゃ!とスイッチが入りました」

浅倉「私もついて行くのに必死だった。とにかく目の前のことをがんばらないといけない。手を抜いたら周りの人が先へ行っちゃうので、とにかく休むことなくやっていたなって感じす」

■ 小野田さんは同期が先にデビューしました

小野田「あのときは本当に悲しかった。ショックやパニック、がんばろうって気持ちじゃなくて、本当に悲しい気持ち。なんで自分は選ばれなかったんだろうって、すごい考えました。私が加入してすぐ、こぶしファクトリーが結成されて、そのときは先輩すごいなくらいしか思わなかったのに、つばきファクトリーは同期の子が多かった。同期の仲間が一気に先へいったので、置いていかれた気持ちになりました。その後に研修生で入った子が先にデビューしたときとかと比べても、つばきファクトリーの結成が一番悲しかった」

■ どうやって立ち直った?

小野田「とにかくがんばりました。研修生に入ったころは中学1年生だったんですけど、中3のあたりから“このままだと本当に何もできないで終わっちゃう”ってスイッチが入りました」

■ 小片さんと浅倉さん、あと谷本さんの3人は同期としてデビューしましたね

小片「とは言っても、安美ちゃんは北海道出身なので、同じレッスンを受けていなかったんです。名前を知っているくらいの印象しかなくて…。樹々ちゃんとも2人で遊びに行ったとかはなかったんですよね。どちらかと言うと、私は山岸理子ちゃんとか先輩だけど年の近い研修生メンバーと遊ぶことが多かったので、結成したときは、同期だね!って感じより、なんだかよろしくねって感じでした」

浅倉「全然、喋ってなかったよね(笑)。私もりさまると近いかも。でも、同期がいてよかったことが一つだけあったんです。最初からタメ口で喋れるなって。ほかのメンバーは全員が先輩で、最初は敬語だったので」

小片「でも、つばきファクトリーはすぐに敬語がなくなったんです。結成当日に、もう敬語はやめようね!って。私とか樹々ちゃんは、分かりましたみたいな感じで、なかなか敬語がタメ口にならなかった。でも安美ちゃんだけは「敬語じゃなくていいよ」って言われたとたんに「OK! 分かった、いいよ!」みたいな(笑)。なんか軽いな〜って(笑)。でも、結構早い段階でメンバー同士は打ち解けられたと思います」

■ その後、同期の小野田さんが2期として加入しました

浅倉「私は小野田紗栞ちゃんがオーディションから一緒ということもあって、自分にとっては大切な存在でした。一緒にモーニング娘。さんのオーディションを受けていて、当時から一緒になりたいねって話していた。メンバー発表の当日は誰が入ってくるか分からない状況で、さおりんが入って来てすごくうれしかったんです。これから一緒に活動できることが楽しみだなって」

小野田「オーディションのときから同じグループになりたい!って一緒に話していました。つばきファクトリーに加入できたことで、その夢が叶ったんです。あのときの約束が叶って、すごいなって心から思いますね」

小片「新メンバーが入るって聞いたのも当日で、サプライズみたいな感じだったんです。その日は「そうなんですか」ってなって、あんまり何も考えられずに日が経って、気がついたら9人になっていた印象。結構長い間、ふしぎな感じでしたね。なので、同期が入った!っていう感覚はなかったな」

■ 昔の話で盛り上がったりすることは?

浅倉「まだ昔に感じてないから、してないかも(笑)。でも。いつかは思い出話をする日が来るのかなって思います!」(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)