羽生結弦が「皆さんの応援と共に取れたことが金メダルの価値を上げてくれた」と感謝

羽生結弦が「皆さんの応援と共に取れたことが金メダルの価値を上げてくれた」と感謝

羽生結弦は、「たくさんの人が、おめでとう!と言ってくれることが自分の幸せになり、その自分の幸せが皆の幸せになればいいな」とコメント

平昌冬季五輪で活躍した、日本代表選手団の帰国記者会見が26日東京都内で行われた。日本代表選手団の主将を務めた小平奈緒や旗手の葛西紀明、そしてメダリストが登場し、それぞれの思いを語った。

小平奈緒は「過去最多のメダル数と入賞を通して、次に行われるパラリンピック、東京オリンピックの選手に勇気を与え良いバトンを渡したい」と述べた。

2大会連続の金メダルを獲得した羽生結弦は、「2連覇は本当に大変な事でしたが、皆さんの応援と共に取れたことが金メダルの価値を上げてくれた。たくさんの人が、おめでとう!と言ってくれることが自分の幸せになり、その自分の幸せが皆の幸せになればいいな」と応援してくれている人への感謝の気持ちを語った。

オリンピック終盤を盛り上げ、カーリング女子団体で銅メダルを獲得した5人。本橋麻里は「今回の銅メダルの色は2種類の意味があると思う。日本人初めてのメダル獲得で頑張ったね!の意味と、まだまだ上を目指して頑張らなければいけないという意味が込められている」と語った。また、「今回のオリンピックを通してカーリングをもっと知ってもらいたい」と抱負を述べた。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)