加賀まりこ、「相棒」最終回でナニワの“極妻”役に!

加賀まりこ、「相棒」最終回でナニワの“極妻”役に!

「相棒」最終回スペシャルで水谷豊と加賀まりこが初共演!

3月14日(水)に最終回を迎える「相棒season16 最終回2時間スペシャル」(テレビ朝日系)で、水谷豊と初共演となる加賀まりこがナニワの“極妻”役で出演することが分かった。

加賀が演じる風間匡子は、「相棒season15」から芦名星が演じる週刊誌記者・風間楓子の母親役。実は匡子は、大阪を拠点とする暴力団「風間燦王会」組長の妻であり、楓子はヤクザの娘だったということが明らかになる。

ある日、偶然にも甲斐峯秋(石坂浩二)ら警察関係者とホテルで出くわした楓子は、彼らとすれ違いざまにエスカレーターから転落。額に全治2週間のケガを負ってしまう。

楓子はその場にいた警察関係者の誰かに突き落とされたと主張するが、彼らの中に警察上層部の人間もいたことから楓子の言い分は受け入れられず、ただの妄想として処理される。

それに対して、楓子が記者を務める週刊誌「週刊フォトス」が現場にいた警察関係者たちを誌面で告発。この記事が大阪にいる楓子の母親・匡子の目に留まり、事態は思わぬ方向へと動き出す。

そんな嫁入り前の大事な娘を傷付けられた匡子は怒り心頭で、警察への宣戦布告も辞さない覚悟で東京に乗り込んでいく…。

娘思いの母親と、ヤクザの姐さんとしての顔が入り混じる難役を演じた加賀は「私にとって仕事はおもしろがれるかどうかが大事。今回はとってもおもしろがれましたから、どんな作品に仕上がってくるのか私も楽しみです」と語った。

「台本をもらってからこの1カ月、ずーっと練習していました」という加賀の関西弁にも注目な匡子のみどころを「右京(水谷)さんたちと、とぼけて会話するところ」と分析し、水谷との初共演については、「本当に楽しかった。でも、豊さんは私の芝居を見てケラケラと笑っていらしたのよ(笑)。私の表情がそんなに変だったかしら?(笑)」と“極妻”役で水谷の笑いを誘ったことを明かした。

さらに、撮影前には300回記念スペシャルに瀬戸内米蔵役で登場した津川雅彦から、「相棒の現場はいいぞ〜。みんな感じが良くて優しくしてくれる。安心して行ってきな!」と背中を押されたエピソードを披露した。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)