池上彰&井ノ原快彦で“宇宙”特番!「想像力を膨らませて見ていただけたら」

池上彰&井ノ原快彦で“宇宙”特番!「想像力を膨らませて見ていただけたら」

MCを務める池上彰が宇宙を徹底解説!

かつて世界で初めてジャーナリストを宇宙へ送り出したTBSが、池上彰と井ノ原快彦のMCコンビで3月28日(水)夜8時より新たな宇宙特番「池上彰と宇宙の旅2018」を放送することが分かった。

アメリカは月を足掛かりに火星探査を計画、中国は原子力スペースシャトル開発を目指し、ロシアは新たな宇宙ステーション計画を発表。さらに海外の民間企業による宇宙開発が軌道に乗りつつあるなど、現在世界の目が宇宙に向けられている。

同番組では、身の回りのこととつながっている“宇宙”についての疑問に、池上と井ノ原、そして特別ゲストの毛利衛が解説・潜入取材、そして実験よって答えていく。

気になる内容は、「ブラックホールに落ちるとどうなるの?」「宇宙飛行士ってどんな仕事?」など、宇宙に関する素朴な疑問を池上が徹底解説したり、「そもそも無重力とは?」という疑問に井ノ原が体当たりで実験をしたり、とさまざま。

井ノ原は短時間無重力状態を作り出す“パラボリックフライト航空機”に搭乗し、無重力を体験する。実験を終え、井ノ原は「すごい世界を体験させていただきました。宇宙飛行士の方の宇宙ステーションからの中継を見ても、何となく現実味がありませんでしたが、この無重力体験で、宇宙飛行士の大変さをちょっと想像できるようになりました。

一方で地球の重力、ちょうどいい重力があるから人間がここまで発展してこられたんだと思えるようにもなりました」と語った。

また、日本人初の宇宙特派員として、毛利宇宙飛行士より一足先にソ連・ソユーズによって宇宙へ行ったTBS特派員の秋山豊寛氏による、宇宙への“最初の一歩”を、TBSにしかない秘蔵オリジナル映像を交えて解説していく。

ほか、「天気予報」「GPS」など生活に身近なものも宇宙に関係していた、ということを再現ドラマや映像で紹介する予定。

日本人と宇宙の意外なつながり、そして“宇宙が作る日本の未来”を考える特番となりそうだ。

■ 池上彰コメント

地上で続く紛争と戦争。憎しみにいがみ合い。でも、空を見上げると、宇宙は広い。地球上のことなど、ちっぽけなこと。みんながそんな気持ちを持ってくれれば。私は子どもの頃から宇宙に憧れてきました。

未知の世界を探検すると、人間の矮小さと共に偉大さにも気付く。それが宇宙開発。番組にご期待ください。

■ 井ノ原快彦コメント

遠い話と思いがちな“宇宙”が意外に私たちの身近なモノに関係していたり、自分が“宇宙”に行ける時代がもうすぐやって来るかもしれない。宇宙開発が進む今、“宇宙”は夢やSFの世界から、私たちの手の届くものになりつつあるのかもしれません。

子どもの頃、宇宙にあこがれていたあの“わくわく”した感じがよみがえってきました。この番組は子どもたちにぜひ、見てほしいですが、池上さんに語っていただければ、あらゆる世代の人が興味を持って“宇宙”を知ることができると思います。

科学技術が進んだ現代、何が起きるか分かりませんが、皆さん想像力を膨らませて見ていただけたらうれしいです。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)