欅坂46、強烈な世界観のC/W曲MV公開「儚い…」「ぐっとくる」

欅坂46、強烈な世界観のC/W曲MV公開「儚い…」「ぐっとくる」

欅坂46の「もう森へ帰ろうか?」のMVが公開された

アイドルファンのみならず大きな注目を集める存在の欅坂46が、3月7日(水)に6thシングル「ガラスを割れ!」をリリース。このたび、本シングルに収録される共通カップリング曲「もう森へ帰ろうか?」のミュージックビデオが公開された。

“大量生産されるアイドル”を切り口にした衝撃的なMVに、「バスルームトラベル」とはまた違った反響が寄せられている。

表題曲の「ガラスを割れ!」は、公開2週間で動画再生回数が600万再生を超え、勢いを落とすことなく再生回数を伸ばしているが、先日公開されたばかりの“欅坂46史上最もかわいらしい曲”と評判の尾関梨香、小池美波、長濱ねるからなるユニットのカップリング曲「バスルームトラベル」も公開から3日で100万再生を突破。

C/W曲とは思えないほどの反響を呼んでいる中、「もう森へ帰ろうか?」は、欅坂46の21人による楽曲となっており、2月16日に菅井友香がレギュラー出演している文化放送のラジオ「レコメン!」にて音源が解禁。

その時点で検索ランキング上位に急上昇するなど、MV解禁前からこの楽曲への期待値が高かったことがうかがえる。

そして2月28日に公開された同曲のMVは、5thシングルに収録されている「避雷針」を手掛けた森義仁が監督を務めている。

「大量生産されるアイドル」を切り口に、時にはハッとするようなシーンもあるが、ダンスシーンでは欅坂46らしい特徴的な振りを華麗に舞い踊り、また新たな表現を身に付けたように感じさせるものに。

毎年多くのアイドルが誕生し、最近は特に多くのアイドルが解散、卒業など切ないニュースが相次いでいることもあってか、アイドルファンにもハッとさせられる思いがあるのか「なんか言葉に表せないけど、すごいぐっとくるものがあった?」「欅にしか出来ない世界観」「儚い…」「いろいろ考えさせられるね」「切ない」と、これまでとは違った反響が寄せられている。

また、「てち(平手友梨奈)どこにもいかないで!」「てち…いなくならないでね」など平手の表情の演技に、深読みして少し感傷的になるファンからの反応も。

いよいよリリースまで1週間を切り、全貌が明らかになりつつある6thシングル。

ここまで明らかになった楽曲&MVだけでも、また一歩スーパーアイドル・欅坂46の幅が広がっていくのが見て取れるが、まだ未公開の楽曲やMVも注目せざるを得なそうだ。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)