注目イケメン間宮祥太朗、キスシーンがNGの女優とは?

注目イケメン間宮祥太朗、キスシーンがNGの女優とは?

間宮祥太朗が大好きな麻生久美子について熱く語った

2月28日深夜に放送された「イッテンモノ」(テレビ朝日系)で、若手俳優の間宮祥太朗が好き過ぎる女優について熱く語る場面があった。

同番組は、指名された2人がゲストのトークを基に10分間で漫才を完成させ、披露するバラエティー。サンドウィッチマン、千鳥、三四郎の実力派レギュラー出演者に加え、28日は「イッテンモノ」の大ファンを公言する間宮が登場した。

間宮はのっけからこれまで放送されてきた内容について芸人たちに触れたり、それぞれの出演者の印象を的確に捉えて指摘したりと、口だけじゃないファンっぷりを発揮し、一同を驚かせる。

そして間宮について掘り下げていき、現在出演中のドラマ「BG〜身辺警護人〜」(テレビ朝日系)の裏話を明かし、ひと盛り上がりした後、間宮のマネジャーからあるタレコミが。

そのタレコミには「ある特定の女優さんの事が好き過ぎて、相手方に迷惑がかかるから控えてほしい」とつづられていた。

その女優は、少し前にも違う番組で好きであることを公言していた麻生久美子で、画面に写真が出たとたん「キレイ!」とデレデレ顔になってしまうほど。

好きになったきっかけを聞かれると、間宮は「14歳くらいのときに『アイデン&ティティ』という映画を見まして、そのティティという役をやられている麻生さんに一目ぼれです」と明かす。

続けて「初共演する前に、旦那さんが僕の出ていた舞台の衣装をやられていて、その時に旦那さんにも『めちゃくちゃ好きなんです』って言っていたので…。そのとき16歳だったんですけど、紹介していただいて、(対面して)テンパっちゃって『宇宙で一番好きです!』って(笑)。その後にドラマで共演しました」と初々しいエピソードを明かす。

そんな間宮に対し、三四郎の小宮浩信から「じゃあ麻生さんと映画でキスシーンとかあったとしたら?」との質問が。それに間宮はドギマギした様子で「いや、あの…ちょっとそれはNGで…」とまさかの回答が。

その理由は「僕たぶん麻生さんに恋をする役がきたとしたら、現実世界に戻ってこられなくなると思うんです」と語り、好き過ぎてできないという“乙女心”をのぞかせた。すかさず千鳥・大悟から「じゃあ麻生太郎とのキスシーンは?」と問われ、間宮は「それなら全然!」と笑顔を浮かべ、笑いを誘っていた。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)