トキヲイキル・桃咲まゆが週刊ザテレビジョン編集部を訪問!

トキヲイキル・桃咲まゆが週刊ザテレビジョン編集部を訪問!

桃咲まゆが週刊ザテレビジョン編集部を訪問!

ガールズエンターテインメントユニット・トキヲイキルのメンバー、桃咲まゆが週刊ザテレビジョン編集部を訪問した。

福岡に活動拠点を置くトキヲイキルは、2017年にアイドルグループ・LinQの卒業メンバーで結成され、現在はライブや演劇などを中心に活動。3月1日(木)からは出演する「イオン九州公式アプリ」CMが九州限定で放送されている。

編集部を訪れた桃咲は、舞台や映画での女優業に加えて、ラジオパーソナリティーなど幅広く活躍中の23歳(1994年生まれ)。柔らかい雰囲気とかわいらしい声はまさに“癒し系”。

インタビューでは、プロフィール欄の「趣味:ビーチコーミング(beachcombing)」の文字に、編集長以下興味津々。

――趣味はビーチコーミングとあるのですが、どのように行うものなんですか?

海岸をひたすら歩いてきれいな貝殻やシーグラス(波で角の取れたガラス片)などを探します。何時間も歩き回ることもあって、日焼けしてしまうのでマネジャーさんに怒られます(笑)。

――そんなに歩くんですか

そうですね、ほとんどしゃがみっぱなしで。それでも、なかなかいいものが見つからないことがあって、“シーグラスになりかけ”みたいなガラス片は「もう少し波に揉まれてね」ってバイバイするんです。その分、きれいなものが見つかるとすごくうれしいですね。

お母さんに車で連れて行ってもらうんですが、その間、お母さんは瞑想しています(笑)。

――拾ったものは作品や画像で残しているんですか?

主にインスタグラムに上げたり、フォトフレームに飾り付けたり。SNSをきっかけに、シーグラスが好きな方と仲良くなることもあります。

いいシーグラスが取れる自分だけのスポットを持っている人もいて、写真も上げているんですが、ライバルが増えるからか「どこの海岸かは教えられません」って。仲良くなって「どこですか?」って聞いてみたいですね(笑)。

■ 「違う自分になれるのが楽しい―」今は演技に夢中

――さて、話は変わってお仕事についてです。2017年は所属していたLinQを卒業して、トキヲイキルを結成しましたが、環境はどのように変わりましたか?

人数が少なくなって、移動やレッスンはスムーズになりました。大人数では発声練習でも順番がなかなか回ってこないこともあって、眠くなっちゃったりもしたので…(笑)。

でも、大人数だとやっぱりステージの迫力があるなとも思います。

――現在、個人としては演技のお仕事が中心。どんなところが好きですか?

LinQを卒業してから初めてお芝居に挑戦したのですが、全く違う自分になれるのが楽しいです。

映画でおじいさんを恐喝する女子高生を演じたことがあって、その演技の中で申し訳ないくらいひどいことを言って。現実に経験することはないですが、演技の中ではそれが許されていて、いかに意地悪く演じるかを突き詰めていくのがすごく楽しかったです。

――では今、一番やっていきたいのはお芝居?

そうですね、今はお芝居をやっていきたいです!

■ 「事務所で練習を…」見どころは桃咲の叫び!?

――お芝居で言うと、5月12日(土)には東京のシネ・リーブル池袋にて映画「SHOOT X〜霊撮ゲーム〜」が公開されます。こちらはどんな作品ですか?

埼玉・秩父にある廃墟で撮影したホラー映画です。私は賞金1000万円欲しさに幽霊の撮影に挑む「霊撮ゲーム」に参加する女性3人組の1人です。

ドキュメンタリー風の作品なので、カメラマンさんと一緒に歩いて、自分で撮影しているように撮りました。

――それは現場も怖そうですね

怖かったです。脅かされていただけかもしれませんが、(ロケ地は)実際の心霊スポットと聞かされました。でも、私は霊感ないので…(笑)。

――どんなキャラクターを演じたんですか?

私たちは役も実名で、身分を隠してゲームに参加しているという設定なので、ほぼ自分自身として登場しているような形です。

でもキャラクターとしては、リーダーとして仲が悪い他の2人をなだめる役だったので、普段の性格とは違いましたね。私自身は、あまり人に何か言ったりできないんです、中学校の頃は一応卓球部の部長だったんですが…(笑)。

――演技で印象に残っていることはありますか?

「きゃー」と叫ぶシーンがあるのですが、これが最初は全然できなくて。福岡の事務所で部屋を暗くして脅かしてもらったりして練習しました。

でも、現場の雰囲気もあって、本番が一番上手くいきましたね。無事にOKをもらえました。なので、私の「叫び」にも注目してほしいです。

■ 撮影は閉店後の店内で…!

――テレビでは「イオン九州公式アプリ」CMの放送も開始しました。こちらはどのように撮影されたんですか?

福岡にある実際にイオンの店舗で、閉店した後の真夜中に撮影したんです。スタッフさんも多くて、こういった撮影の経験が少ないので「CMってこういうふうに撮影するんだ」と新鮮でした。

――どんな内容ですか?

アプリでポイントが貯まるのですが、私はポイントを一杯貯めた女の子の役です。頭の上にすごい数のポイントが浮かんでいて、レジではそれを持ち上げて「これを使います!」って。

頭の上のポイントは合成なので実際にはないんですが、重たそうに持ち上げる演技をしました。

――意識したことや難しかったことはありましたか?

短い秒数の中で、早口で、かつ聞き取れるようにせりふを言うのに苦戦しました。

表情を大きく変えて伝えることも重要ということで意識しました。なので、私たちの表情も見どころになっています!

【「イオン九州公式アプリ」CM・トキヲイキル各メンバーコメント】

(原直子)「トキヲイキルとしてメンバーみんなでの CM 撮影は一つの目標であり、夢だったのでひとつ、夢が叶いました!撮影中は初めての事も多く試行錯誤しましたが幸せな時間でした!」

(大庭彩歌)「合成が多かったので、どうなるのか楽しみにしながら撮影していました!! みんなのいろんな表情に注目してほしいです!!」

(桃咲まゆ)「CM なのでセリフをなるべく早く、でも聞きやすく言うのに少し苦労しました! でもみんなと一緒に楽しく撮影出来たので、CMを見てイオン九州アプリをダウンロードしたくなってくれたら嬉しいです♪」

(岸田麻祐)「時間を忘れるくらい楽しみながら撮影してました。私も使っている AEON 九州アプリ、皆さんもガッチャ回してお買い物に活用して下さい!」

(岩本琴音)「私自身が初の CM 撮影ということもあり、すごく緊張したんですけど、楽しく撮影することが出来たと思います! CMを見てたくさんの方にアプリを活用してもらえたら嬉しいです!!」

(藤松宙愛)「色々なバージョンの撮影が出来て、とても楽しかったです! CMを見て私達の楽しさが伝わると嬉しいです! お店にも見に行ってもらいたいし、アプリも沢山ダウンロードしてほしいと思います!!」(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)