松岡昌宏の後輩を思いやる男気あふれる言葉に称賛の声

松岡昌宏の後輩を思いやる男気あふれる言葉に称賛の声

「TOKIOカケル」にジャニーズWESTがゲスト出演。神山智洋がオーディションを受けた時の思い出を語った

2月28日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)にジャニーズWESTがゲスト出演。神山智洋がオーディションを受けた時の思い出を語った。

2004年のオーディションでは、種目として野球とダンスのどちらかを選ぶことができたという神山。ダンスの一次審査を通過した神山は二次審査に進むことになったが、ほかの参加者とともに呼び出された場所は、TOKIOのライブ会場の大阪城ホール。

しかも「(ライブの本番中に)ステージ上でオーディションするって言われて」と神山はその時の状況を説明する。これを聞いていた松岡昌宏は「俺たちのライブをなんだと思ってる!」と笑いながらも憤慨。すると神山はそのライブでは松岡の真横で踊っていたことを明かしつつ、松岡から「ドラムのリズム狂うから隣で踊るんじゃねぇ!」と怒鳴られた、と付け加えた。

その13年後の2017年には、松岡と神山は時代劇「名奉行!遠山の金四郎」(TBS系)で共演。1月に放送された「TOKIOカケル」の中で「(時代劇を担う若手として)神山を育てるのにいっぱいいっぱい」と松岡が発言していた場面も紹介された。

放送後のSNS上では「神山くんを育てるって松岡くんが言ってくれてうれしかった」「松岡くんはカッコよくておもしろい!」など、好意的なコメントが寄せられていた。

次回、3月7日(水)放送予定の「TOKIOカケル」は、知念侑李と中川大志がゲスト出演する。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)