野間口徹&真飛聖“虚栄心カップル”が「隣の家族は青く見える」副音声に登場

野間口徹&真飛聖“虚栄心カップル”が「隣の家族は青く見える」副音声に登場

「隣の家族は青く見える」副音声に野間口徹(写真右)と真飛聖が登場!

ドラマ「隣の家族は青く見える」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジテレビ系)第7話(3月1日)の副音声企画第3弾に、野間口徹、真飛聖が登場する。

本作は、集合住宅“コーポラティブハウス”を舞台に、4つの家族の葛藤と成長を描くヒューマンドラマ。妊活がうまくいかず悩む奈々(深田恭子)を優しく支える大器(松山ケンイチ)の姿や、同性カップルの朔(北村匠海)&渉(眞島秀和)の甘いシーンに視聴者が心を掴まれている。

副音声企画は、第4話の同性カップル役・北村&眞島、第5話の事実婚カップル役・平山浩行&高橋メアリージュンに続く第3弾となる。

今回は、“虚栄心カップル”役の野間口&真飛。二人はドラマ副音声への出演は初めてだが、収録は息の合った軽妙なテンポで進んだ。また、劇中では尻に敷かれる役どころの野間口が、あるシーンでは真飛演じる深雪に向けて怒るといった場面も。収録は終始和やかな雰囲気となった。

そんな第7話では、奈々&大器が人工授精の予定回数を終了し、体外受精へとステップアップしようとしていた。区役所で助成金の申請をしていた奈々は、中学生に勉強を教えるボランティア活動に励む真一郎(野間口)と遭遇。奈々に応援される真一郎だったが、深雪へなかなか言い出せずにいた。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)