イケてるハーツ、初のアニメタイアップ。露出多めの世界一かわいいミイラ衣装を見てください!!

イケてるハーツ、初のアニメタイアップ。露出多めの世界一かわいいミイラ衣装を見てください!!

3月7日にニューシングル「ロゼッタ・ストーン」をリリースするイケてるハーツの舞波和音(右)と小泉椎香(左)

アイドルグループ・イケてるハーツが、3月7日(水)に6thシングル「ロゼッタ・ストーン」をリリースする。この曲はアニメ「ミイラの飼い方」(毎週木曜夜1:58-2:28、TBSほか)のエンディングテーマソングに起用され、同グループにとっては初のアニメタイアップとなったシングルだ。

11人のメンバーで活動するイケてるハーツから、今回はアニメタイアップを記念して、グループイチのアニメオタク・舞波和音と小泉椎香にインタビューを敢行。楽曲の聞きどころと愛するアニメについて、その出会いからの話を聞いた。

■ 今ここがイケてるハーツの勝負どころ!

――今回のアニメタイアップ。アニメ好きのお2人は特にテンションが上がったんじゃないでしょうか?

舞波&小泉:上がりました!

小泉:サプライズでの発表だったから余計に興奮してしまって、もう大変でした。

舞波:前回のシングル「カルマストライプ」のリリースイベント最終日でのサプライズだったんですね。その瞬間、メンバー全員で大騒ぎになって、椎香に至っては泣きだしていて。ね?

小泉:泣きました(笑)。

舞波:私は仁王立ちでずっとガッツポーズしてました(笑)。それくらい嬉しかったんですけど、やっぱり驚きの方が大きかったですね。ハーツ(イケてるハーツ)がタイアップを頂けるまでに大きくなれたんだって、その実感に驚いてました。新メンバー4人が加入した大事な時期なので、今が一番の勝負どころだと思ってます。

小泉:私も含めて4人の新メンバーはまだシングル2枚目なんですよ。そこでアニメタイアップが発表されて、「いきなり来たか!」と思いました。

舞波:私は1期生なんですけど、ずっとアニメのタイアップが欲しいと思って活動していたので本当に嬉しいです。アニメオタクなので(笑)。私たちの歌がエンディングに乗るんだと思ったらすごく熱くなったし、「ミイラの飼い方」の次の番組が「だがしかし2」(毎週木曜夜2:28-2:58、TBSほか)で、こちらも人気作なんですよ。少し前からスタンバイしてテレビを見る方もいると思うし、そういう人たちにもハーツの曲を知ってもらえるチャンスだと思うんです。

――アニメタイアップになると聞いてもらえる機会が一気に増えますからね。

舞波:Twitterでエゴサーチしまくりです(笑)。エンディングで流れてるキャラたちが踊っているダンスは、実際に私たちが踊っているダンスと振りが同じで、面白いと言ってくれているツイートがたくさんあったんですよ。ホント、地上波のアニメタイアップって大きいなって思いました。

小泉:Twitterをフォローしてくれた方も増えたし、リリイベに来てくださる方も増えたなって思います。「曲も良いじゃん!」っていうツイートがたくさんあって、「いいね」しまくってます(笑)。

■ 世界一可愛いミイラの衣装を見にきてね!

――そのエンディングテーマ曲「ロゼッタ・ストーン」がどんな曲なのかを、改めて紹介してもらえますか?

舞波:「ミイラの飼い方」が日常系の可愛いアニメなので、曲もほのぼのした可愛らしい雰囲気でまとまっています。でも、ちょっと怪しいメロディも入っていたり、と。アニメの中でミーくんのような不思議な生物を狙う人たちが出てくるんですけど、そういう不穏な様子も(メロディの転調で)表現しているんです。後はやっぱり一緒に踊れるダンスですね。

小泉:簡単な振り付けなので、小っちゃい子でも踊りながら楽しめる曲だと思います。いつもハーツを応援してくださるファンの皆さんはもちろん、色んな人たちに届く曲になっています。

――歌詞はミーくんと空の出会いを描いたような内容ですね。

舞波:そうなんですよ。「指先に触れる初めての感覚」とか。きっとムニムニしてるんですよね(笑)。

――そういうほのぼのした中に、エジプト調のメロが入ってきます。歌詞と音で作品の世界観を表している曲だと感じました。

舞波:ありがとうございます。イントロがエジプト調で、入り方からして「ミイラの飼い方」を感じられる私たちも大好きな1曲です。

小泉:「誰でも大好きしちゃダメ」「キミなしではいられない」という歌詞があるんですけど、そこはファンの方に向けて歌っている感じでもあって、アイドルソングとアニソンの良いいとこ取りみたいな曲でもあるなって思います。

――その衣装はミイラの包帯ですよね?

小泉:そうです。ミーくんをイメージして。これ、触るとぷにぷにしてるんですよ。世界一可愛いミイラ衣装です。

舞波:普通、ミイラと言ったら包帯グルグル巻きじゃないですか。それをまさかこんなに可愛くお洒落にアレンジしてくださるとは。ミイラというにはだいぶ露出してますけど(笑)。髪飾りがメンバーごとに違うのもポイントで、私は衣装さんに布を頂いて、帽子も手作りしました。

小泉:後ろにミーくんが付いてるんですよ。

舞波:これもこだわりで、羊毛フェルトで作ったんですけど、本家に怒られるかもしれないのでこっそり付けてます(笑)。

――原作はご存じだったんですか?

舞波:comico(コミコ)で読んでました。とにかくキャラクターが魅力的で絵も可愛いし、大好きです。ただでさえ可愛かったミーくんがアニメだともっと可愛くなって、仕草や「あん!」っていう鳴き声が想像以上の萌え具合でした。「ああ〜! もう!!」って、言葉にできない可愛さってこういうのを言うんだろうなって思いながら毎回萌えてます。

小泉:空くんの主婦力が高すぎて、私は女子としては恥ずかしい…。

――学校から帰ってきての短時間で、シュークリームまで作りますからね。

小泉:ミーくんをあやすのがまた上手いんですよね。お母さんみたいで、見ていてキュンキュンしちゃいます。泣きすぎて干からびちゃったり。いやー可愛いな、ミーくん。家に1匹ほしいです。

――シングルには2曲のカップリングも収められています。こちらは歌っていていかがですか?

舞波:「Distance Love」は「けいおん!」(2009年、TBS系列)の曲も手掛けているTom-H@ck(トム・ハック)さんの作曲で、ハーツ初めてのラップも入った曲をノリノリで歌ってます。

――頭のリズムはラップですけど、Aメロからディスコミュージック風のエレクロニカな曲に変わっていきますね。

小泉:お洒落な曲調で、今までのハーツになかったようなメロディだなって思いました。私はオタクなのでラップの縦ノリリズムがなかなか体に浸透しなくて、だいぶ苦戦しました。

舞波:ラップはハーツにとって未知の領域というか…。我々、横ノリで揺れる人種なので(笑)。間奏に激しいダンスが入るんですけど、みんなそこに苦戦していました。でも、Tom-H@ckさんに頂いたこの楽曲を格好良く踊りこなせるように必死で練習しました。

――もう1曲が「希望の地図」。

舞波:舞台「時空警察 SIG-RIDER」の主題歌です。ハーツのメンバー5人が出演させて頂いた舞台の主題歌を、今度はメンバー全員で歌って収録し直しました。舞台を見てくださった方なら分かると思うんですが、世界観そのままの歌詞で、前向きな気持ちと勇気、元気が出る曲です。

小泉:サビでの振り付けが簡単なので、ライブではぜひ振りコピしてもらえると嬉しいです。

■ 語るほどに早口に。溢れるアニオタ気質

――アニオタのお2人ですが、何がきっかけでアニメが好きになったんですか?

小泉:私は他の女の子たちと違い、「ウルトラマン」や「仮面ライダー」が好きな子供だったんです。漫画も少女漫画から少年漫画の方にハマりだして、それからジャンプ系のアニメを見るようになりました。気付いたらこう早口で思いの丈を喋ってしまう感じになっていて(笑)、きっかけは全然分からないです。

舞波:私も同じ感じです。気付いたらオタクでした。小さい時、親があやす代わりにNHKの教育番組を見せてくれていたんですけど、そこで「忍たま乱太郎」(1993年、NHK)を見てたのが最初くらいだと思います。NHKは他にもたくさんアニメがあって、「カードキャプターさくら」(1998年、NHK)も好きでした。それで他のアニメも気になりだして、色んなアニメを見ているうちにアニメが生活の一部になっていたという感じです。

小泉:多分、生まれながらの性質じゃないかと。生まれた時からオタクだった(笑)。

――事前アンケートを取りましたけど、本格的にハマり出したと思う作品が、小泉さんが「銀魂」(2006年、テレビ東京系列)、「BLEACH」(2004年、テレビ東京系列)、「紳士同盟クロス」(漫画)。舞波さんが「マクロスF」(2008年、MBS・TBS系列)、「モノノ怪」(2007年、フジテレビ系列)、「天元突破グレンラガン」(2007年、テレビ東京系列)、「交響詩篇エウレカセブン」(2005年、MBS・TBS系)。

舞波:趣味が出ますねえ(笑)。私、戦闘系のアニメとか、作画が凝っているものが好きなんです。「モノノ怪」はストーリーも好きなんですけど、画面演出が凝っていて、和紙のテクスチャをアニメ全編に使っているんです。あたかも浮世絵の世界に入り込んだような気分になれる、とにかく美術がすごいアニメなんですよ。この時の衝撃は今でも良く覚えていて、それからどんどんアニメの世界にのめり込んでいったと思います。「グレンラガン」「マクロスF」「エウレカ」はストーリーが熱く、その上あのメカ同士の激しいバトルですからね。それ以前から「ガンダム」シリーズが好きだったので、見事にハマりました。

――で、小泉さんは少年モノと?

小泉:最初は漫画の「神風怪盗ジャンヌ」が好きになり、それから同じ種村有菜(漫画家)さんの「紳士同盟クロス」を読んで、同時期にクラスの男子の中で流行っていたアニメの「銀魂」を見てハマりました。それから一瞬だけアニメから離れたんですけど、「BLEACH」ですぐに戻ってきました。「こりゃ面白れえ!」って。「銀魂」の影響なのか、もう早口が治らないです(笑)。

【イケてるハーツ・まなみぃ&しいか。「ラブライブ!」に勇気をもらい、「Fate」に衝撃を受け、刀剣男士に萌えて愛でる毎日 へ続く。同記事は3月5日(月)朝6時アップ】(ザテレビジョン・文:鈴木康道)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)