ミラクルひかる、草間彌生を“完コピ”! 加藤浩次も「さすが」と絶賛

ミラクルひかる、草間彌生を“完コピ”! 加藤浩次も「さすが」と絶賛

ミラクルひかるが「KAKERUTV」に出演した

3月1日に放送された「極楽とんぼKAKERUTV」(AbemaSPECIAL)で、“物まねレジェンド”の1人・ミラクルひかるが地上波ではできない個性の強い物まねを披露し、話題をさらった。

1日の放送回では、「地上波NGネタを放送にカケル!極楽クソものまね」と題し、地上波で活躍する物まね芸人が“面白いけどまねる人物がやばい”、“下ネタがひどい”などの理由で地上波では絶対に放送できない物まねを披露するという企画を行った。

スタジオには“クソものまねレジェンド”として、前回の優勝者である物まね芸人の原口あきまさとミラクルひかるが登場。

2人を見たパンサーの向井慧が「クソ物まねレジェンドというより、物まねレジェンドですよね?」と質問すると、原口は「いえ、“クソ”物まねレジェンドです」と答え、ミラクルも「私も“クソ”出身でございます」と答え、スタジオの笑いを誘った。

そして、2回目となる今回のルールでは、4組の新たな挑戦者が順番に登場しネタを披露。これに対し、レジェンドはどちらが戦うかを相談して対決することになった。

レジェンド2人の意気込みを聞いた加藤浩次は「僕、ミラクルさんのネタ楽しみですわ。世の中に出していないドス黒い部分を持ってそうな…」と、ミラクルの活躍に期待を寄せていた。

1組目の対決では、挑戦者のこりゃめでてーな・伊藤こう大と、同じく芸人のR藤本が、アニメキャラの物まねをしながら下ネタ全開のコラボネタを披露。2人を迎え撃つミラクルは、芸術家・草間彌生の物まねを披露して迎え撃った。

ミラクルのクオリティー高い物まねを見た加藤は「さすがですね! 草間さんのドキュメンタリーとかよく見るけど、あの喋り方とかそっくりよ」と絶賛。視聴者からも「地上波でもいける」などのコメントが集まり、対決の結果視聴者と極楽とんぼ2人からの投票を得たミラクルの圧勝となった。

ほか、2組目の対決では原口が稲川淳二の物まねをしながら下ネタトークを披露するという変わり種ネタを見せるも、挑戦者に敗れるという波乱もありつつ、なかなか地上波では見られない組み合わせ&ネタに、大きな盛り上がりを見せた。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)