岡井千聖「今思えば、これマジムカつく…」ドッキリ全カットに怒り

岡井千聖「今思えば、これマジムカつく…」ドッキリ全カットに怒り

岡井千聖が怒りをあらわにした

3月2日に放送された「必殺!バカリズム地獄」(AbemaSPECIAL)で、元℃-uteの岡井千聖がある番組のドッキリ放送を全カットされた怒りを明かした。

2日の放送では、岡井、蒼天のハリー、土屋怜菜、そして緑川静香がゲスト出演した。オープニングトークでは、バカリズムが歌手・蒼天のハリーに「面白い名前ですね?」と聞くと、蒼天のハリーは「毎回聞かれるんですけど、私の意思ではない。社長さんがつけてくれた名前で、『北斗の拳』の続編『蒼天の拳』からです」と説明。

これにバカリズムは「蒼天のハリーってなんかいいですね。過去にちょっと傷とか闇を持っている感じ」とコメントすると、蒼天のハリーは「じゃあ今日は、影を出していきたいと思います」と意気込みを見せた。

そして、岡井が怒りを語る場面に。「今思えば、これマジムカつくって話なんですけど、(番組で)部屋で風船を爆発させたら起きるか?みたいなドッキリをやられて、私は起きたんですよ。

ドッキリだから、知らずにその日は部屋でカップラーメンを食べたり、変なTシャツを着ていたら、スタッフさんが『本当にいい撮れ高だった!』って言ってくれて、私もいいバラエティーのスタートが切れたと思っていて、番宣も流れていたのに、突然マネジャーさんに『放送自体がなくなった』って言われた」と打ち明ける。

続けて「あんなに褒めてもらって、番宣も流れたのに、私の後に『同じドッキリをかけた一般人の方が面白かったから』って、私の放送が全部なくなったんです! これはマジムカつきました」と語ると、バカリズムは「タレントさんにオファーしてやっているから、普通は放送するでしょ? 何か映ってはいけないものが、映っちゃったんじゃないの?」と返す。

しかし、岡井は「映っちゃいけないものは持ち込んでいない。Tシャツも、“A型の説明書”のやつを着ていました」と当時を思い返し、再び怒りをあらわにしていた。

ほか、“貧乏”女優・緑川が「食べる物も公園の雑草とか、スーパーの試食で生活」というような壮絶な人生を語り、“れいぽよ”こと土屋が、姉妹でガチの殴り合いをしたという秘話などを明かした。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)