「BG」木村拓哉×山口智子共演に衝撃のラスト…“堂上”も! 話題沸騰で最高視聴率更新

「BG」木村拓哉×山口智子共演に衝撃のラスト…“堂上”も! 話題沸騰で最高視聴率更新

「BG〜身辺警護人〜」が平均視聴率自己最高を更新!

木村拓哉と山口智子22年ぶりの再共演も話題となった、3月1日放送の「BG〜身辺警護人〜」(テレビ朝日系)第7話が、平均視聴率15.8%を記録。第1話の15.7%を上回り、ここまでの最高視聴率を更新した。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)

同ドラマは、井上由美子が脚本を手掛け、武器を持たずに丸腰でクライアントの全てを全力で守る民間ボディーガードたちの姿を描く。

第7話は、島崎章(木村)が元妻の小田切仁美(山口)から警護の依頼を受けるところからスタート。最初は「プロに徹しられないかもしれないから」とBG担当を避けようとしていたが、高梨(斎藤工)の不器用な説得に加え、村田課長(上川隆也)の後押しで、警護を引き受けることに。

やがて章は、微妙な空気をまといつつも、終始“ボディーガードと依頼人”という間柄を貫き、任務を遂行。仁美の依頼を見事にこなし、元夫婦と息子、家族3人水入らずでディナーを楽しもうとしていた矢先、何やら店に不穏な動きが。

民自党幹事長・五十嵐(堀内正美)と、愛子(石田ゆり子)がお忍びで会合を始めたと思ったら、さらに過去に五十嵐と因縁のあった人物で「どうしてももう一度会って話がしたい」という五十嵐の元秘書・植野(萩原聖人)が店に潜り込んでいた。

植野は何とか面会の許可を得ようとするも、SPの落合(江口洋介)らに阻まれる。やがて強硬手段とばかりに拳銃を持ち出し、思いもよらぬ方向へと展開していく…というストーリーだった。

第7話は、前週ラストから登場し、社会現象にもなった「ロングバケーション」(1996年、フジテレビ系)以来、22年ぶりの木村×山口の共演に大きな反響が。「瀬奈(木村)と南(山口)大好き!」「何年たっても美しい2人」「画になるね」などと歓喜する声が。

章(木村)の“誤差のない”腕時計の秘密や、プロポーズ、ハグ&ライトなキスという回想シーンも注目を集めた。

また、2月22日に放送された第6話にも登場している萩原の出演も話題に。木村と萩原の共演に「若者のすべて」(1994年、フジテレビ系)を思い出した人も多く、「山口智子だけじゃなく、萩原聖人も出すとは」「ロンバケに若者のすべてって俺得すぎ!」「局をまたいですごいことやってるよね」「これは神回!」など、当時を知る人からは懐かしい反応があった。

さらに、衝撃のラストシーンも。まだ視聴できていない人のために、大胆に端折ると上川演じる村田課長が凶弾に倒れるというシーンがあった。

いつも紳士で柔和な物腰、そして何より章ら身辺警護課を優しく見守ってきた頼れるリーダーを襲った危機に、「ムラさん死なないで!」「課長ー!!」とネット上には悲鳴にも似たツイートが殺到。

さらに、搬送先が「堂上総合病院」ということがしれっと明かされると「えっ? 今堂上って言った?」「堂上総合病院に行くの?」「まさかの相良先生登場!?」「卓ちゃんじゃなくて、ぜひ相良先生に執刀を!」「堂上なら助かるかも!?」と、テレビ朝日系の大ヒット医療ドラマ「DOCTORS〜最強の名医〜」シリーズで、主人公・相良浩介(沢村一樹)や同じく外科医(現・院長)の森山卓(高嶋政伸)が勤める堂上総合病院というワードに敏感に反応する視聴者も。

熱心なドラマファンが多いようで、一時トレンド入りするほど話題になり、次回、村田課長の執刀医として相良の登場を待望する声も少なくない。

第7話の監督が「DOCTORS―」でもおなじみの常廣丈太氏であり、ゼネラルプロデューサーも「DOCTORS―」を手掛けてきた三輪祐見子氏が「BG」にも入っていることから、この粋な計らいが実現したのか、“どうがみ”違いなのか、は明らかになっていないが、急展開に次回はますます注目を集めそうだ。

なお、いつにも増して話題沸騰だった第7話は、3月1日付けの「視聴熱」デイリーランキングも1位を獲得した。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)