【R-1ぐらんぷり】盲目の漫談芸人・濱田祐太郎、同期・ゆりやんレトリィバァと「同じ舞台に進めるっていうのが不思議な気分ですね」

【R-1ぐらんぷり】盲目の漫談芸人・濱田祐太郎、同期・ゆりやんレトリィバァと「同じ舞台に進めるっていうのが不思議な気分ですね」

「R-1ぐらんぷり」決勝戦に進出した芸人・濱田祐太郎にインタビュー!

“ひとり芸”ナンバーワンを決める「R-1ぐらんぷり2018」(3月6日夜7.00-8.54フジ系)の決勝が迫っている。昨年「THE W」を制したゆりやんレトリィバァが本命視される中、彼女のNSC養成所時代の同期芸人が注目を集めている。盲目の漫談芸人・濱田祐太郎だ。

WEBサイト「ザテレビジョン」では毎日、ファイナリスト12名のうち準決勝を勝ち抜けた10名のインタビューを紹介していく(残り2名は決勝当日の「復活ステージ」で決定)。今回はピン芸人・濱田祐太郎が登場!

生まれつき全盲に近い弱視という濱田の笑いは関西弁の小気味よい漫談スタイル。ポジティブ思考と朗らかな人柄がにじむ明るい笑いで、障がいにまつわる“あるある”をユーモラスに取り上げる。決勝進出者お披露目会見でも、霜降り明星 粗品が「僕だけ靴がボロボロ」とぼやいたのを逃さず「僕は自分の靴が汚いかどうか見えないんですけど」と返し会場を沸かせた。

養成所時代の同期・ゆりやんレトリィバァについては「ライバル心はまったくないです。ずっと上の、活躍しているタレントという感じ」と笑いつつ、「とにかく自分が納得できるしゃべりをしたい」と意気込む。そんな濱田に、お笑いを始めた当初からの目標だという「R-1ぐらんぷり」への思いや自身の笑いの原点について聞いた。

■ 東京でのネタ披露は初「どんな感じかなぁって」

――改めて、決勝に進出された心境からお願いします。

うれしいのが半分と、安心感が半分です。

――準決勝でネタをやっているとき、お客さんの笑い声が聞こえたり手ごたえは感じましたか?

一番最後のほうは、いい感じでできたかなと思います。東京で舞台に立ってしゃべるのも初めてだったんで、それまでは東京のお客さんはどんな感じかなぁと思いながらしゃべってました。

――東京のお客さんの反応はどう感じました?

そうですね、受け入れてくれる部分もあったり、ちょっと踏み込んでる部分になると、固まってるのかなっていう印象がありましたね。

――ご自身は漫談スタイルですが、参考にしている芸人さんは?

漫談っていうことでいうと、今回準決勝に残ってはったんですけどナオユキさんっていう松竹芸能の芸人さんがすごく好きで、「R-1ぐらんぷり」のDVDも、ナオユキさんは2009、2010、2011、2013年と出場していらっしゃるのでそれを聞きながら、いろいろ参考にさせてもらったりしてる部分は多かったですね。

■ 「しゃべり終わったあともヒザが震えてました」

――お笑いを始めたきっかけを教えてください。

中学生ぐらいからお笑い芸人になりたいなと思っていたので、まず盲学校に行って、もし失敗してもマッサージ師があるからと親を納得させる意味であんまマッサージ指圧師の資格を取って、で、盲学校を卒業してからよしもとの養成所に入ったっていう感じです。

――盲学校のころはお笑いの活動はされてたんですか?

一切してないですね。2012年に初めて「R-1ぐらんぷり」に当時アマチュアとして出たんですけど、そのときの1回戦が人生初舞台というか、人前でお笑いのことをしゃべるっていう初めての機会でした。

――客席が見えないと、緊張しないものですか?

いやー!めちゃくちゃ緊張しましたね。しゃべり終わったあともずっとヒザが震えてる感じで。

――小さい頃からご覧になっていて影響を受けた芸人さんは?

僕はお笑いにハマる一番最初のきっかけが漫才だったんです。テレビに出ていたビッキーズさんとハリガネロックさんという2組の漫才がすごく好きで、そこからお笑いにハマったっていう感じです。

――そこからNSCに入られて、最初から漫談のスタイルで?

そうですね。最初は漫才がいいかなと思っていたんですけど、でも漫談をやってるうちに漫談も楽しいし、ひとりでしゃべるのも肌に合ってるかなという感じもしてきて。漫才も好きですけど、今はもう漫談もけっこう好きです。

■ ゆりやんレトリィバァは「『優秀な人』のクラスで、僕は…」

――よしもとNSCで同期のゆりやんレトリィバァさんが決勝に上がられてますが、よきライバルといった感じですか?

いや、ライバル心はまったくないですね。ゆりやんはNSCの当時からずっと活躍してきてるんで、ライバルというよりはずっと上のタレントっていうか、そういう存在ですね。NSCのときに「優秀な人」と「優秀じゃない人みたいな感じでクラス分けされるんですけど、1年間ゆりやんはずっと「優秀な人」のクラスで僕は「優秀じゃない人」のクラスだったんで、同じ大会に進めるっていうのが不思議な気分ですね。

――昨年「NHK新人お笑い大賞」本選進出されて、勢いがつく中での「R-1ぐらんぷり」の舞台ですが、どんな思いで決勝に臨まれますか?

そうですね。でも僕にとってはやっぱり「R-1ぐらんぷり」が一番思い入れの強い大会なので、「NHK新人お笑い大賞」のほうは本戦に進めたのがすごいラッキーっていう感じなんです。もちろんうれしかったですけど、正直「R-1くらんぷり」のほうが比べものにならないぐらいうれしいですね。勢いという意味ではあるのかもしれないですけど、僕の中では、全然違うモノという感覚です。

――なぜ「R-1ぐらんぷり」への思い入れが強いんですか?

やっぱり人生で初めて人前でお笑いをやった舞台で、この大会で決勝に行きたいとそこから6年間ずっと思っていたので、「一番最初に立った舞台」というのが強いんだと思います。6年前の最初に出たときのエントリー番号1953番っていうのは今でも覚えてますから。すごい印象には残ってます。なので、決勝には絶対残りたいっていう思いはありました。

――原点に戻ってきた?

そうですね。そういう感じはあります。

■ 強みはやっぱり「お笑いが好きっていう思い」

――濱田さんは普段、どうやってネタを作ったり覚えたりしているんですか?

画面の文字を音声で読み上げてくれる機能を持った携帯があるんです。声で読んでくれるので、その携帯のメモ帳機能にメモしていったりして覚えるっていう感じですね。

――“聞く”力には自信があったりしますか?

まったくないです。「見えてない分ほかの人より耳ええんちゃうん」っていわれたのを聞き返したことありますから(笑)。

――大会ではネタ時間を守ることも大事ですが、その辺の感覚はどうやって身につけられたんですか?

それもですね、視覚障がい者用の腕時計というものがあるんです。ストップウォッチ機能みたいなもので、音声で時間を言ってくれたり「何秒経過しました」って言ってくれるので、練習するときはそれで計りながら練習してます。

――舞台上では自分の感覚を信じながら?

そうですね、はい。で、「R-1ぐらんぷり」は2分とか3分とかで警告音が鳴るので、とりあえずその警告音を目安にやったりとかしてます。

――ご自身の強みはどこですか?

強みですか…そうですね、お笑いが好きだっていうものすごい単純なところだと思います。――ダークホースと注目される中での今大会、決勝への意気込みをお願いします。

普段の劇場の舞台に立ってるのと同じ感じで、自分の納得できるいい感じのしゃべりができたらいいなっていう感じですね。ダークホースとか、波乱を巻き起こすとかっていうのは周りの人がそう感じるというだけのことだと思うので、とにかく自分は、自分が納得できるしゃべりができたらいいなと思います。

視覚障がいを持つ芸人が「R-1ぐらんぷり」決勝に進むのは初めてだが、濱田にとって、それは大きな意味を持たない。笑いが好き、そんなシンプルな思いを武器に6日、決勝の舞台に立つ。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)