永野「字がきれいだと面白くない!」汚名返上に挑む!

永野「字がきれいだと面白くない!」汚名返上に挑む!

東京・渋谷のSHIBUYA109で、永野が「IPPONグランプリ」のイベントに登壇

「IPPONグランプリ」(フジテレビ系)のイベントが、3月3日(土)に東京・渋谷の「SHIBUYA109」で開催。永野が公開大喜利に挑戦した。

19回目となる「IPPONグランプリ」(夜9:00-11:10、フジテレビ系)が3月10日(土)に放送されるが、第16回大会(2016年11月放送)以降出演できていない永野が、公開オーディションとして過去に出題された“お題”にチャレンジした。

出演した第16回大会について、永野は「あの日以来、信頼、信用を全て失いました…」と後悔。「SNSでは『お前、何で芸人辞めないんだ』、俺の友達の方が面白いと言われて。20代の番組ADからもシカトされたり…」と、つらい日々を振り返った。

その雪辱を果たすべく挑んだ今回の大喜利は、イベントに駆け付けた観客が“IPPON”かどうかを判定する。

まず初めに「ナポリタンという言葉を使って相手を震え上がらせてください」というお題が。これに永野は「ナポリタンにも心があるんだよ〜」と回答するが、観客から“面白くない”と判定されてしまう。

回答に使用したフリップは観客にプレゼントされたが、永野は「渋谷の駅前に捨てていかないで下さいよ! ごみにしないで!」と懇願し、笑いを誘った。

その後もさまざまなお題に挑戦するも、爆笑が得られず追い込まれる永野。だが、ラストのお題「家電製品の入った早口言葉を教えてください」に、永野は「美顔器 眼球 頑張った」と回答し、見事“IPPON”を獲得! 有終の美を飾った。

最後に永野は「(永野は)センスこそなかったけど、良いやつだったとフジテレビに組織票を送ってください。また出させてください!」と今後の出場を目指して、観客に呼び掛けた。

■ 次回は木下隆行、ミキ・昂生が初参戦

3月10日(土)放送の「IPPONグランプリ」は、前回大会で優勝した堀内健の他、秋山竜次、小沢一敬、川島明、大悟、中岡創一、博多大吉、バカリズムら常連メンバーが集結。加えて木下隆行、ミキ・昂生が初参戦し、合計10人が優勝を目指して争う。

■ 永野が大喜利を語る

イベント終了後、囲み取材に応じた永野は、約20分のほどのイベントにもかかわらず「2時間やった感じがしますね(笑)」とイベントでの緊張を振り返る。

「IPPONグランプリ」に向いているお笑い芸人については、「キャラクター的に無表情でボケても許される人じゃないですか? 永野がボソボソと回答しても視聴者は『何やってんの?』ってなると思う(笑)。言葉だけで勝負していい人の大会な気がする」と持論を展開。

さらに「初参加の人はキャラクターに走ってしまうので、芸風で勝負しても駄目なんです。どんどん裸になっていくところが『IPPONグランプリ』の面白いところなのかな。僕は裸になったときに、何も残ってなかったですけどね(笑)」と現場の独特な空気を語った。

また、大喜利のこつについて「(フリップに書く)字がきれいだと大喜利が面白くないことに気付いたんです! 僕、習字をやっていて字がきれいなので、今日もわざと崩して書きました。これ、皆さん大喜利やるときのポイントです! 一理あると思いますよ」と独自の技術を明かした。

最後に、永野は大会チェアマンの松本人志に対し「もう一回チャンスをください! 更生しました、松本さん。(前回の衣装である)奇をてらった自分なりのコーディネートはしないで、スーツで出ますから」と、「IPPONグランプリ」出場を必死に訴えた。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)