汗と涙にあふれたDearDream 初全国ツアーを無事完走!

汗と涙にあふれたDearDream 初全国ツアーを無事完走!

DearDream 1st LIVE TOUR 2018「ユメノコドウ」ツアーファイナルより

「ドリフェス!」から生まれた男性ユニット・DearDream(ディアドリーム)の初全国ツアー「DearDream 1st LIVE TOUR 2018『ユメノコドウ』」ファイナル公演が2月25日、神奈川・パシフィコ横浜にて開催された。

グループにとって過去最大となる約5000人の観客を迎えてのツアーファイナル。この日は、同じドリフェス!発のライバルユニット・KUROFUNE(クロフネ)も参加して、Wアンコールを含め全29曲、約3時間の充実したステージを展開している。

途中のMCでは、DearDreamのセンター・石原壮馬がマイクを持ち「アニメ版の2ndシーズン(※『ドリフェス!R』2017年放送)ではDearDreamのツアーが決定したところで終わるんですけど、村野監督(※村野佑太/アニメ版で監督を務める)からは『奏たちを一緒にステージに連れて行ってほしい』とお言葉をいただき、その思いを胸にきょうまで走ってきました」とのエピソードを披露した。

続けて「ツアーの前にはたくさん意見をぶつけあって、セットリストを決めるのにも長く時間をかけて、活動開始から2年半の集大成を詰め込んだライブになったと思います。あらためてこのドリフェス!というプロジェクトが始まって、何もやったことがない僕たちはイベントやラジオで話してもまったく面白くなくて…。その当時を考えると、きょうここパシフィコ横浜に7人で立っているなんて信じられないです。でもドリフェス!というプロジェクトに携わるスタッフの方々、会場に足を運んでくださるみんな、遠くから応援してくれるみんな、この全員の“愛”はとても深いです。今までの人生、そしてこれからの人生でももらえないであろう、たくさんの“愛”をもらって、ここに来ることができました」と感謝の気持ちを伝えていた。

なお本編終了後はアンコールに加えて、会場から響く「ALL FOR SMILE!」の大合唱を受けてWアンコールが発動。「最後はこの曲しかありません! 後悔しないように一緒に歌いましょう!」と、DearDream、KUROFUNE、そして会場に集った全員が一体となって「シンアイなる夢へ!」を歌い上げ、ツアーファイナル公演は終了している。

ツアーを終えたDearDream、そして大阪、神奈川公演に参加したKUROFUNEの7人に話を聞いた。

石原壮馬(DearDream)「DearDream 1st LIVE TOUR『ユメノコドウ』、無事に走り抜けました。本当にたくさんの方々のおかげで、最高を超えるライブになったと思います。人生初のツアーで全国5都市を回らせていただいて、たくさん思い出もできました。一生忘れられない景色を見ることができました。本当にありがとうございました!」

溝口琢矢(DearDream)「5都市のツアーが終わりました。何より、初のツアーをけがや事故が起きずに無事に乗り越えられたことがうれしいです。足を運んでくださった皆さま、そして遠くから応援を飛ばしてくださった皆さま、本当にありがとうございました! このツアーで皆さんからもらった思いを、今後しっかりと形にしてお返ししていきたいと思います!」

富田健太郎(DearDream)「パシフィコ横浜、最高でした! DearDreamの初ツアーで、メンバーのたくさんの思いが詰まったツアーが終わりました。ライブが始まる前は終わってしまうのが少し寂しかったけれど、終えた今、楽しかった以外の言葉は出てきません。出し切った! やり切った! そしてファンの皆さんと突っ走れた! 心からの感謝しかないです。自分にとって22歳最高の思い出ができました。みんないい笑顔だったなぁ。目に焼き付いてます。そして、かけがえのない時間を皆さまと過ごすことができて幸せでした。あらためて本当にありがとうございました!!」

太田将熙(DearDream)「各都市に参加してエールを送ってくれたみんな、参加できなくても応援してくれていたみんな! すべての人たちが僕らの支えです。ファンのみんなと一緒になって初めてライブは完成するんです。皆さん、日常でうれしいこと、大変なこと、それぞれたくさんあると思います。そんな中で、DearDreamのライブはみんなにとって笑顔の場所でありたい! そしてこれからも、そんな場所をみんなと大切につくっていきたいです。たくさんのエール、本当にありがとうございました!」

正木郁(DearDream)「本当に幸せな時間でした。パシフィコ横浜に集まった人は、女性も男性も関係なく、ドリフェス!というものを心から愛し楽しんでくれていたと確信できるほど最高の3時間でした。Wアンコールでファンの皆さんと大合唱した『シンアイなる夢へ!』…、一生忘れられない瞬間になりました。このドリフェス!に関わることができていることを、本当に幸せに思います」

戸谷公人(KUROFUNE)「パシフィコ横浜にお越しくださり、ありがとうございます! KUROFUNEとしては大阪、BATTLE LIVE、パシフィコ横浜と3カ所で貴重な体験をさせていただき、ひと回り大きくなれた気がします。そしてドリフェス!に出会えたころ、愛があふれる現場に携われたころが、自分にとって誇りです。僕のプリンセス、またお会いしましょう!!」

株元英彰(KUROFUNE)「DearDreamの1stライブツアー、KUROFUNEのBATTLE LIVE、7人全員けがなく無事に走りきれました。まぁ、もし誰かがけがしてたとしても、僕が肩車して7人でフォローし合ってたと思います(笑)。それくらい、このツアー、BATTLE LIVEを含め 7人全員で力を合わせてやってきました。スタッフさんの愛と、最後に、応援してくださるファンの皆さんの愛で包んでもらって、完走できたのだとあらためて感謝してます。これからも新たな夢のステージに向かって走りだすこの7人を、末永く見守ってください。本当にありがとうございました」(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)