【R-1ぐらんぷり】裸芸人にトラウマ…おいでやす小田「もうお前が脱ぐ番やなって周りにさんざん言われました(笑)」

【R-1ぐらんぷり】裸芸人にトラウマ…おいでやす小田「もうお前が脱ぐ番やなって周りにさんざん言われました(笑)」

「R-1ぐらんぷり2018」決勝進出を決めたおいでやす小田にインタビュー!

“ひとり芸”ナンバーワンを決める「R-1ぐらんぷり2018」(3月6日夜7.00−8.54フジ系)の決勝が迫る中、準決勝を突破したファイナリスト10人のインタビューをWEBサイト「ザテレビジョン」が紹介する。今回は2016年から3年連続3回目の決勝進出を決めたピン芸人・おいでやす小田(おだ)が登場!

直近2回の「R-1ぐらんぷり」は、ハリウッドザコシショウ(2016年優勝)、アキラ100%(2017年優勝)と2年連続“裸芸人”が頂点に立つという波乱の展開を見せた。そのあおりを誰よりまともに受けたのが、2回とも優勝者のすぐ後のネタ披露だったおいでやす小田だ。畳みかけるキレ芸が持ち味の小田はピン芸人としての芸歴16年、ことし40歳を迎える。「裸はもう嫌」と顔をしかめながらも、誰もが平常心ではいられないという「R-1ぐらんぷり」の舞台を「優勝してもまた出るかも」と言ってのけるほど笑いに心底夢中。そんなおいでやす小田に、3度目となる決勝への意気込みを聞いた。

■ 「準決勝はもう、必死でした」

――改めて、決勝進出された今の心境を教えてください。

僕、決勝進出者はみんなの前で名前を呼ばれるという発表方式が初めてで。2年前「R-1ぐらんぷり2016」の決勝にストレートで行ったときにはそういう発表方式ではなかったので。そういうシーンを「うらやましいな」と思いながらテレビで見ていたんで、憧れのシチュエーションで決勝進出できて、倍うれしかったですね。ついに念願が叶いました。

――決勝発表会見のネタ順抽選では「トップバッターを選ばないと男じゃない」みたいな流れでけっこう皆さんからいじられてましたが(笑)。

何でなんですか、あれ。どこからそうなったんですか。僕、何か落ち度ありました!?(笑) いや、そら人生かかってますからマジで(ネタ順を)選びますよ! 粗品(霜降り明星)とかゆりやん(レトリィバァ)とかは大阪で同じ劇場に出ていて僕の扱い方を知ってくれてるんで、ありがたいですけどね。

――準決勝でネタを披露されて、「これはイケるな」みたいな手ごたえは感じられてたんですか?

そんなの考える余裕はないですね。もう必死でしたね、やり切るのに。いつもそうですけど、「ウケてる」とかあんまり意識しないですね。お客さんの顔も見えてないですから。もう無心でやってますね。

――「R-1ぐらんぷり2016」で決勝に進出されて、注目度も上がったのでは?

そうですね。僕、普段ホンマにさっきの順番決めのときみたいに周りからめちゃくちゃ言われるんですよ。「R-1ぐらんぷり」に出て、そういうネタ以外の部分もできるんやと思ってもらえたのかもしれません。普段の僕を知らない方の中には“ネタ職人”みたいなイメージを持っておられる方もいると思うんですが、そういう方が例えばきょうの会見を見たら、ビックリするやろうなと思います。

――意外な一面をテレビで見せられた?

そうですね。舞台での僕を見たことがない方、僕に“ネタ職人”的なイメージを持たれてる方にも評価していただけたというのは「R-1ぐらんぷり」のお陰ですね。

■ 「誰も僕のネタ見てなかったですから(笑)」

――去年、一昨年は優勝した裸芸人と同じブロックで、辛酸をなめさせられました。

そうです!ホンマに。誰も僕のネタ見てなかったですからね(笑)。いや、そうなんです。わかるんです。あ、あんま見てへんなっていうザワザワした空気でしたね。

――今回は裸芸人はいないですね。

そうです、裸芸人がいない時点でホッとしてます。Aブロックは敗者復活枠もないですし。ただ、カニササレ アヤコさんのネタを見てないんですよ、僕。

――カニササレ アヤコさんはけっこう飛び道具的な…裸芸人さんと変わらないインパクトがあるかもしれません(笑)。

…何なんすかそれ(笑)。それを見てないんで、そこが怖いんですよ。さっき、カニササレさんのネタを見たスタッフの人にネタの内容をこと細かく聞いたんですよ。まったく意味がわからなかったですね(笑)。

――おぐさんはハリウッドザコシショウさん、アキラ100%さんと同じ事務所ですが、その辺は?

いや「裸」です!怖いのは。事務所はどこでも裸やったら嫌ですね。嫌いにはなりましたよね、裸のことがね。あえて相撲も見ないですし、嫌いは嫌いですね。あのとき、会場がネタを見る空気じゃなかったっていうのは肌で感じましたよ。

――逆に、ご自身が裸ネタやってみようというふうにはならなかったんですか?

それはもう周りにさんざん言われました、1年かけて。もうついにお前が脱ぐ番やなっていうのは言われましたけど、「ホンマにそれで責任とってくれんのやな」って言ったらみんな黙りましたね(笑)。いや、そりゃチラつきましたよ。裸だけでなく見た目の面白さ、視覚の華やかさ、インパクトはチャンネル回す手を止めますもんね。見た目の派手さ、楽しさみたいなのは絶対必要なもんやなっていうのは思いましたね。裸になる気はなかったですけど。いや、正直「R-1ぐらんぷり2017」が終わった去年の前半ぐらいは考えましたよ。でも、考えても分からなかったですね、客観的に自分を見て、そういう才能があるのか。あるとはどうしても思えなかったですね。

■ 「むちゃくちゃしんどい、でも必要かなって」

――東京と大阪でネタのはね方に違いは感じられましたか?

ネタの箇所によって、東京ではウケたけど大阪ではダメだったとか、その逆もありましたね。どっちがいい悪いとかじゃなくて、このくだりは大阪のほうがウケる、このくだりは東京のほうがよかった、というような感触はありました。全体的な手ごたえ自体は同じ感じでしたね。僕、大阪も別にホームではないので(笑)。

――同じく決勝進出3回目のルシファー吉岡さんが「R-1ぐらんぷり」は精神的にしんどい、早く優勝して卒業したいというようなことをおっしゃってましたが、小田さんはいかがですか?

その気持ちもわかりますけど、反対にチャンピオンになっても出たろうかなという気持ちも正直ありますね。なってみないと、とりあえず1回優勝しないと始まらないなぁとは思いますけど。それで出えへんようになるのかな、どうなんやろ…いやいやいや、そりゃしんどいですよ、毎年思ってますよ! むちゃくちゃしんどいですやん! でも逆に普段の生活でそんなにピリつくことって、ないじゃないですか。だから、そういうところに身を置くことも必要なのかなという思いもありますね。とりあえず今年優勝したとして、それで卒業して来年出ないって言い切ることは多分しないと思います。

――声を張り上げるタイプのネタですが、のどの調子にも気を遣っているんですか?

僕、のどを壊したことって1回もないんです。全然平気です。もう半分病気やと思うんですけど、声を大きくすればするほど自分のキャパを越えてワァッと(声が)出てしまうんで。肺活量が持たないことはありますが、のどの方は全然大丈夫です。

軽快なしゃべりとキレ気味のツッコミで取材中何度も笑いを起こすさまは、まるで1本のネタを見ているよう。今年40歳を迎える安定感抜群のピン芸人が、人生をかけた舞台に立つ。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)