【R-1ぐらんぷり】4年ぶり2度目の決勝進出!おぐ、事務所の後輩・アキラ100%からLINEで“3連覇”託された

【R-1ぐらんぷり】4年ぶり2度目の決勝進出!おぐ、事務所の後輩・アキラ100%からLINEで“3連覇”託された

「R-1ぐらんぷり2018」決勝進出を決めたおぐにインタビュー!

“ひとり芸”ナンバーワンを決める「R-1ぐらんぷり」(3月6日夜7.00−8.54フジ系)決勝までいよいよあと1日に迫った。決勝進出者10人の人となりをWEBサイト「ザテレビジョン」がインタビューで紹介する企画、今回はお笑いコンビ・ロビンフットのボケ担当、おぐが登場!

おぐは24歳だった2000年に相方・マー坊とロビンフットを結成。同じ事務所の同期にはバイきんぐがいる。普段はコント主体のコンビだが、漫才・コント問わず様々な大会にコンビで出場し、腕を磨いてきた。それに加え、おぐは2013年から「出られる大会はすべて出よう!」とピンで競う「R-1ぐらんぷり」にも挑戦するように。2014年に続き、今回2回目の決勝進出を決めた。2014年大会の敗因を「楽しみすぎた」と振り返るほどお笑いの仕事がとにかく好きで、「面白いネタでみんなを笑わせたい」という純粋な思いでここまでやってきた。目標はただ一つ、自分も楽しんでお客さんも笑わせること。そんなおぐに、決勝進出を果たした今の思いを聞いた。

■ 準決勝は手ごたえ感じ「ニヤニヤしてました」

――決勝進出した今の心境から教えてください。

そうですね、4年前、初めて決勝に進んだときは大号泣したんですけど、今日は落ち着いています。非常に健やかな気持ちです。とりあえず一安心ですね。早く飲みたいです(笑)。

――準決勝の反応に手ごたえは感じていましたか?

手ごたえ…正直、ありました。危なかったです、ニヤニヤしてました(笑)。ニヤニヤしてたんでマイナスですね、もう一回しっかりとやり直します。

――ネタはどういうきっかけで作っているんですか?

同じ事務所の後輩芸人の「まめのき」の木村に相談したら「昔のネタは一回捨てましょう」ということになって、じゃあハゲネタはどうですかということで作ってライブでやってみたら反応がよくて、それから一気に作ったっていう感じですね。

――おぐさんが今回優勝ということになれば、事務所3連覇です。

そうですね。さっきもアキラ100%からLINEが来てて「3連覇お願いします」ということだったんで、頑張ります。服着てても勝てるっていうところを見せたいです。

――アキラさんは去年、優勝会見のときにハリウッドザコシショウさんからアドバイスをもらったとおっしゃっていたんですが、受け継がれているものが何かあるんですか?

そうですね、何かあるんでしょうね。僕はこれからです。ザコシショウにも聞きたいですし、アキラにももちろん聞きたいですし。多分二人ともまだ僕のネタを見たことがないと思うので、1回見てもらおうかなと思います。

■ 「本番までいろいろ試します」

――Aブロックはルシファー吉岡さん、カニササレ アヤコさん、おいでやす小田さんという個性的な顔ぶれですが、その中で勝ち残っていくための秘策はありますか?

出番が最後なので、全部見てから出れるので、手ごたえでニヤニヤしないようにするっていうだけです。顔に出るかもしれないです(笑)。今日は出てたと思うので、そこをちょっと押さえたいなぁと思います。ウケるとうれしくなっちゃうので。

――決勝を一度経験されて、今回に生かせるところはありそうですか?

この間は本当に楽しみ過ぎたので、今回は勝ちに行こうかなと思います。マネージャーからも「もっとネタ詰められるから」って言われているので。決勝までけっこう時間もあるので、いろいろ試してやってみようかなと思います。勝ちましょう!

――大舞台に立つ気負いみたいなものは特にない?

そうですね…ギリギリで急に緊張して、出たら収まるみたいな感じです。けっこう楽しみたいタイプなので。特に一人ですし。

――ルシファー吉岡さんが「『R-1ぐらんぷり』は魂が削られるから、早く優勝して卒業したい」とおっしゃってましたが、おぐさんはどうですか?

まぁ、削られるっていうのは言っておいた方がいいですよね(笑)。みんなに「ずいぶん楽しんでるな」って怒られるんで。まぁ、ひとりなので制約がなく自由にやれるというので楽しむのは楽しんでますけど、優勝はしたいですね〜。みんな期待をかけてくれてるんで。頑張ります!

――ハリウッドザコシショウさん、アキラ100%さんも「R-1ぐらんぷり」優勝でブレークしました。

そうですね、僕も背水の陣ですね。今はアルバイトもしていて、水道メーターの検針の仕事なんですが、ザコシショウもやっていた仕事なんです。彼は優勝してバイトを辞めたので、僕も同じルートで、とりあえずバイトが辞められるといいですね。花嫁募集もしたいです!

――優勝賞金500万円と副賞の冠番組でアキラ100%さんがニューヨークに行かれましたが、おぐさんはやってみたいことはありますか?

僕も海外に行きたいので、ハゲがモテるといわれる国に行ってみたいです。本当にモテるのか、イタリア、フランス、ドイツ…楽しい旅行をしたいですね!

「決勝まで時間があるので、いろいろ試したい」。その言葉のとおり、本番までの1か月弱を大事に過ごしてきた。連日のライブ出演でネタを調整し、決勝本番3日前の3月3日には自身のTwitterで「1本目は仕上がりました!あと2日…間に合いますわ!」と力強くツイート。さらに、翌4日のライブ前には「舞い降りてきたネタ案、このあと試します」と気になるつぶやきも投稿した。豊富な経験と安定のハゲネタを武器に、本番直前まで進化し続けるおぐの底力に注目だ。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)