元大関・把瑠都の演技力を佐藤隆太が絶賛! ドラマ「弟の夫」SNSで称賛の声多数【視聴熱】

元大関・把瑠都の演技力を佐藤隆太が絶賛! ドラマ「弟の夫」SNSで称賛の声多数【視聴熱】

小学生の娘を男手ひとつで育てる弥一を演じる佐藤隆太

3月4日の「視聴熱(※)」デイリーランキングで「弟の夫」(毎週日曜夜10:00-10:50、NHK BSプレミアム)が7011pt(ポイント)を獲得。ドラマ部門第5位にランクインした。

同作は田亀源五郎による同名漫画をドラマ化したもので、3月4日に第1話が放送された。小学生の娘を男手ひとつで育てる弥一(佐藤隆太)の元に、カナダ人のマイク(把瑠都)が訪ねてくる。マイクは弥一の亡くなった双子の弟・涼二が同性婚した相手だった。ゲイに対する偏見がぬぐえない弥一だったが、マイクとの交流を通じて考え方が変わり始める。

SNS上では佐藤や把瑠都の演技力に注目が集まり、「原作のイメージ通り」「大関のイメージがあった把瑠都さん、こんなに演技がうまかったのか」と高評価。また、先日行われた試写会でも、佐藤は把瑠都の演技を絶賛。把瑠都は「役はつくっていない。そのまま、普段のままやった」と話しており、同作では役者としての才能を開花させている。

第2話(3月11日放送)では、夏菜(根本真陽)から「アクエイキョーって何?」と尋ねられた弥一。詳しく話を聞くと、夏菜の友達・ユキ(平尾菜々花)が家に遊びに来る予定だったが、急に来られなくなっていた。弥一は、マイクのことと関係があると思い、複雑な気持ちに。そんな中、弥一たちはあるきっかけで、夏樹(中村ゆり)と温泉旅行へ出かけることになる。

※SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)