和牛が念願のドラマ初出演! 和牛専門店のオーナー役に

和牛が念願のドラマ初出演! 和牛専門店のオーナー役に

和牛専門店「肉神」オーナー・肉神幸生役、水田信二(右)、同店従業員、小間塚伊太郎役・川西賢志郎(左)

3月22日(木)、29日(木)の2週にわたり放送される逢沢りな主演ドラマ「恋する 肉食べ女子」(ABCテレビ)に、お笑いコンビ・和牛が出演することが分かった。

本作は、逢沢演じる今どきの肉大好き女子・小松頼子が、肉の専門店「肉神」の店主・肉神サマが教える肉の奥義「肉食べ四十八手」に触れることで、おいしい肉の食べ方や花言葉ならぬ“肉言葉”を学び、成長していくグルメラブストーリー。

ドラマ初出演を果たす元料理人の水田信二が演じる“肉神サマ”こと肉神幸生は、“肉のパワースポット”としてインスタグラムで話題の和牛専門店「肉神」のオーナー。“肉食べの奥義”を伝承する肉神家の末裔(まつえい)で、肉以外には一切興味がない見るからに風変わりな男。

そして、川西賢志郎演じる小間塚伊太郎は「肉神」の店員で、肉神とは長い付き合いがあり、彼の素顔を知る数少ない人物という役柄だ。

川西は、「実はことしの初めに占いで、『役者の仕事が入ってきますよ』って言われて。その矢先すぐこのお話がきたので、こんな巡り合わせあるんだなと思いました」と明かした。

また、「無口やけど鍵を握る、物語を動かすような人物をやりたい」と語り、かねてから念願のドラマ出演が本作でかなった水田は、「僕の役者としての人生がここからやな、と思ってます。今回の役柄はだいぶ理想に近いと思うんですが、もっとせりふは少なくていいです」とコメントを寄せた。

なお、本作はABCにて放送終了後、民放公式テレビポータル「TVer(ティーバー)」でも配信される。

■ ドラマ「恋する 肉食べ女子」 あらすじ(3月22日[木]、29日[木]放送)

第1話では、大手広告代理店勤務の小松頼子(逢沢りな)が、売れっ子デザイナーの彼氏・海老原達也(陳内将)との間に抱えたモヤモヤを吹き飛ばすため、和牛専門店「肉神」へ。

出迎えた店員の小間塚(川西賢志郎)いわく、「肉神」にメニューはなく、客の気分に合わせた肉を出すという。そこで頼子は、「すごくいいことがあった!」と見栄を張る。

そんな頼子に小間塚が運んできたのは「あまみすじ」という聞きなれない肉。焼き加減そっちのけでインスタ映え狙いの肉テロ写真を撮る頼子に、見かねた肉神(水田信二)がたまらず「肉がかわいそう」とクレームを付ける。

肉神の焼く肉本来のおいしさに心までとろける頼子。果たして、肉神が頼子に選んだ「あまみすじ」の肉言葉とは?

第2話では、達也にまさかの浮気疑惑が…!? 気持ちが揺れ動く頼子に肉神が愛の手ならぬ愛の肉を差し伸べる。

■ 和牛コメント

――ドラマ初出演が決まったときの感想は?

川西賢志郎:うれしかったです。タイトルが「肉食べ女子」で、コンビ名も“和牛”ということでいただいた仕事なのかなと思うと、すごくありがたいですね。実はことしの初めに占いで、「役者の仕事が入ってきますよ」って言われて。その矢先すぐこのお話がきたので、こんな巡り合わせあるんだなと思いました。

水田信二:僕の役者としての人生がここからやな、と思ってます。

川西:水田くんは昔からドラマに出たいって言ってて。「無口やけど鍵を握る、物語を動かすような人物をやりたい」っていうわがままをずっと言ってたんですよ。

水田:今回の役柄はだいぶ理想に近いと思います。でももっとセリフは少なくていいです。

川西:ありがたいと思え〜。

水田:ありがたいです。めちゃくちゃありがたいです。

――ドラマ収録の感想は?

川西:自分では一生懸命何回も台本読んで、(演じる)小間塚がどんな人物なのか、どう自分らしさを乗せていくかとかを考えているんですが、初めてのドラマなのでどうなっているか分からなくて。早くオンエアを見たいです。

水田:そうですね、イメージ通りのプレーができてるかどうか、早くオンエアを見て、採点が合ってたかどうかを確かめたいですね。

川西:採点? 自分の演技に点数付けてるの?

水田:「ここはもうちょっとこういう感じで」とか演技指導もいただいたので、自分のプランをちょっと修正せなあかんなと。

川西:プランとか言うな。

水田:アクターズプランないの?

川西:僕はちょっとだけ出てくる役やと思ってふたを開けたら、すっごい詳しいお肉の説明せりふがあったので、うまいこと説明できるかずっと不安でした。で、いざ始まって一番最初のせりふ「いらっしゃいませ」で、「暗い」っていうダメ出しをいただいて。「あ、お肉の説明とかじゃなくて、『いらっしゃいませ』でつまずくんや俺」って。そこで1回心がくじけかけました。

水田:あのときは相方としてほんと恥ずかしかったです。「おいおい」と思いました。

――川西さんから見て肉神とはどういうキャラですか?

川西:すごくキャラがたってて漫画みたいな男なんですよね。マスコットみたいな。演じてる水田くんに関して言うと、きれいな標準語を話さなきゃいけないので大変そうやなと。

――元料理人の水田さんから見て肉神はどういうキャラですか?

水田:本気で料理をやってる人は、料理以外のことも語れるくらいの説得力を持ってる人が多かったので、人間的に教わることが多かったんです。今回そういう人たちを思い出したりしましたね。

川西:やっぱり演技の中でも料理してるところだけ様になっていて、演技じゃない感じが出てました。

水田:料理人としての経験が生きてると思います。最初に出るドラマが自分の特技を生かせる役でよかったです。

――漫才とドラマそれぞれ大変なところは?

水田:せりふを覚えるのはドラマの方が大変ですね。漫才は自分たちでせりふを作るので、作ってる過程で入ってくるんですけど、ドラマはいただいた台本を頭に入れる作業なので苦労しました。

川西:しゃべりが早くなりがちですね。漫才は4分間で伝わる量のせりふをギューっと詰め込んだテンポ感ですが、ドラマでは会話をもう少ししっかり丁寧に、お茶の間でテレビを見ている人に届くようにしゃべらなあかんねんなと。

水田:相方の演技を見て思ったのは、やっぱり芸人って声でかいなって。

川西:それは、楽屋でおじいちゃんって言われるくらい落ち着いた空気の僕が、快活な役をやろうと思ったら大きな声を出すしかないかなと。これが僕の演技プランです。

水田:プランあったん?

川西:1個だけあんねん。「大きい声で明るく」。

水田:それプランじゃなくて目標やで。

――ドラマの見どころをお願いします。

川西:撮影が進むにつれ、水田くんの肉神というキャラクターにどんどん味が出てきて、監督さんからも「肉神をものにしていってる」と言われたので、前編の初々しい肉神と、後編の板についてきている肉神、そのへんも楽しんでいただけたら。

水田:このドラマがいずれ映画化されるくらいの成功を収めてほしいです!(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)