若林正恭、甲子園出場監督の格言に「強烈な人任せ!」

若林正恭、甲子園出場監督の格言に「強烈な人任せ!」

「激レアさんを連れてきた。」でMCを務めるオードリーの若林正恭

3月5日放送の「激レアさんを連れてきた。」(テレビ朝日系)では、「全く無名の弱体チームを強豪校に育てあげ 何度も甲子園に行ったのに一度も勝てず、あらゆる負け方をコンプリートしてしまった監督。」が登場、甲子園7連敗の記録を持つサワダさんが敗戦エピソードを語った。

サワダさんは盛岡大付属高校(通称:モリフ)野球部の前監督。弱小野球部をわずか5年で甲子園出場へと導き、13年間の監督在任中には7回も甲子園に出場! しかし1回も甲子園で勝つことができず、「甲子園7連敗」のワースト記録を残してしまった“激レアさん”だ。

1回目の敗因は「勝つための“JK”が不足していました」と話すサワダさん。「JKとは“準備”“不足”」と、お茶目なキャラクターに司会の若林正恭(オードリー)も興味津々。さらに、試合後のインタビューで「小石沢(投手)が最悪でした。最後までダメだった」と発言したため、「高校野球ファンを敵に回してしまった!」とサワダさん。若林も「今からでもなんとかなんない?やめてあげて! 言わなくていい言葉1位!!」と、サワダさんの失言を責め立てた。

7連敗目を最後にサワダさんは2008年に監督を引退。後任の関口監督は、サワダさんの教え子で甲子園に初出場した時のキャッチャー。その後モリフは2013年には念願の初勝利を手にし、2017年の夏の甲子園では、ベスト8に勝ち進む強豪校に。

最後の教え子からは「甲子園に何度も連れていってもらったのに、1勝もプレゼントすることができなかったのは申し訳ないことをした。監督には感謝の気持ちしかないです」

現在もモリフの監督を務めている関口さんからは「これまでの負けの経験があったから、成長できました。その基礎はサワダ先生が作ってきたもの、この初勝利はサワダ先生のおかげです。ありがとうございます」

と、心温まるメッセージに涙ぐむサワダさんを見てスタジオも感動ムードに。

しかし、番組の最後にサワダさんの格言「忘れ物はいつか誰かが取りに行ってくれる」が発表されると、若林は「強烈な人任せ!」と猛烈なツッコミをいれ、感動ムードは一瞬にして打ち砕かれていた。

SNSでも「バラエティーなのにちょっと感動いれくる…」「監督面白過ぎる!」「最近のバラエティーの中で一番」などの感動の声が多数よせられていた。

次回の「激レアさんを連れてきた。」は3月12日(月)夜11:15より放送予定。ゲストは斎藤工、若槻千夏で、「それまでずっと専業主婦だったのに、80歳にして急に不動産屋さんを始めた上に24時間営業にしちゃったおばあちゃん。」などをフィーチャーする。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)