田中律子、初めて知る“親友”の壮絶な人生に涙

田中律子、初めて知る“親友”の壮絶な人生に涙

田中律子、親友の壮絶人生を知り絶句…!

3月7日(水)夜7時から放送の「あいつ今何してる?」(テレビ朝日系)で、大友康平のおちゃめな素顔と田中律子が親友の壮絶な人生に涙する場面がある。

■ ロックンローラー・大友康平の恥ずかし過ぎる学生時代の恋愛とは!?

大友は、東北学院大学在学中に学校の仲間とHOUND DOGを結成し、1980年にメジャーデビュー。

今や数多くのバラエティー、ドラマや映画にも出演する大友は、お笑いの才能もあるようで、中学生の頃はクラスで落語を披露していたという。

そんな大友の気になる同級生は、埼玉の中学に通っていた豪邸に住む秀才美女。

チャーミングで人気のあった彼女は、家族が大きい工場を経営していて、自前の野球グラウンドを持っており、大友はそこでよく野球をしていたとのこと。

その後、県内有数の進学校に進んだという才色兼備の彼女は47年後の今、驚きの職業として働いていた。

さらに、大友の恥ずかしい恋愛秘話も暴露される。

■ 田中律子、27年越しに知る親友の壮絶人生

そして、12歳の時、街でスカウトされ、その年に雑誌モデルデビュー、女優として「101回目のプロポーズ」(1991年、フジテレビ系)など数々の人気ドラマに出演する田中は、初めて知る親友の壮絶な人生に涙する。

堀越高校の芸能コース時代、茨城から上京し演歌歌手を目指していたという親友の女の子について、「デビューしたかも全然知らない」と話す田中。そして、昔と変わらず明るい笑顔を見せる彼女がVTRで登場する。

しかし、笑顔の裏側には壮絶で波瀾(はらん)万丈な人生があったことを明かす。

高校3年生の夏休みに知ってしまった両親が隠してきた衝撃の真実、突然降り掛かってきた借金3億円、そして両親との死別。

親友がひた隠しにしてきた壮絶な過去を27年越しに知る田中は涙する。

そのあまりにも衝撃的過ぎる過去に、ネプチューン・堀内健の目にも涙が。その一方で、高校時代をとても楽しい青春時代と話し、田中との思い出を大切にしている彼女の言葉に、スタジオは感動する。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)