市川海老蔵、亡き妻からのLINEメッセージに「すべての思考が停止しました」

市川海老蔵、亡き妻からのLINEメッセージに「すべての思考が停止しました」

「徹子の部屋SP」にゲスト出演した市川海老蔵

歌舞伎俳優の市川海老蔵が、3月12日放送の「徹子の部屋 最強夢トークSP」(テレビ朝日系)にゲスト出演、子育てや昨年6月に亡くした妻・麻央さんへの思いを語った。

「3日に一遍…2日に一遍は、麻央が生きている夢を見るんです。『やっぱり生きてたんじゃん!』と起きたら、『そんなことないな…』」と語る海老蔵は、今でも妻宛てにLINEを送っているとか。

「もちろん返事はこないんですけど、ある時返事が来たんです!」「想像力とか、すべての思考が停止するんです。誰かがやったに決まっているのに、絶対に分かるのに、分からなくなりました」と告白。

しかし、LINEの送り主はすぐに分かったとか。「文面が明らかに娘の麗禾(6歳)だったんです」と。

海老蔵が送った「麻央げんき?」に対する返事は、大きなハートのスタンプ。海老蔵は「もう、ドキっとした 麗禾」と返信したそう。

「そんな大きなハートを送ってくるのは、彼女しかいないのね」との黒柳のコメントに、海老蔵は「そうなんです」と目を細め、娘とのほほ笑ましいエピソードを明かした。

パパ思いの優しい麗禾ちゃんは、母親を亡くしてからも海老蔵の前で「悲しいとか寂しいとか泣きじゃくることはない」が、塾などで「ママに会いたい」と泣いて取り乱したことが数回あるとか。

父親である海老蔵の前では、つらさや悲しみをこらえて気丈に振る舞っていた娘の気遣いを知り、「ちょっと彼女に、私自身が少し甘えていたな、と……」と、声を詰まらせた。

「海老蔵のやつ、泣きそうになった」「やっぱり、海老蔵さん素敵」など、SNSでは海老蔵の妻や子どもたちへの思いに、感動の声が寄せられていた。

ほか、番組には浅田舞・真央姉妹、吉永小百合、マツコデラックスらがゲストに登場した。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)