ムロツヨシ、堂本剛を「1回くらい抱いたかもしれない(笑)」

ムロツヨシ、堂本剛を「1回くらい抱いたかもしれない(笑)」

「森田剛はまだ口説ききれてないですよ」と語っていたムロツヨシ

3月14日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)にムロツヨシがゲスト出演。ジャニーズ事務所の面々と幅広く交流しているムロが、交遊録の一部を語る場面があった。

いちばん最初に知り合ったのは生田斗真で、「共通の先輩の升毅さんとごはんを食べたのが初めてですね」と出会いのきっかけを語るムロ。

生田とは初対面だったが、最初から打ち解けたムードだったらしく「イジってきたんですよね、10代の生田が」とムロは食事会での様子を明かす。

生田から「ムロさんムロさん、あれやってくださいよ」などと、やったこともない無茶振りをされたムロだが「生意気だなと思いながら、かわいいなと思って」と生田への第一印象を語っていた。

堂本剛とはドラマでの共演を機に仲良くなったというムロは「Wツヨシとして活動してるんですよ」「漢字さん(剛)とカタカナさん(ツヨシ)でやってる」とおどけつつ、「たまにご飯食べに行きます」と剛との交流を明かす。

国分太一は「かなりこれレアじゃない!?」と叫ぶと、松岡昌宏も「剛と付き合ってるっていう人、僕らあんまり知らないです」と驚きの表情を浮かべる。

さらに森田剛の連絡先も知っているというムロに対して、「これはすげえよ!」「(ジャニーズとの交友関係の広さは)もう1位です!」と松岡昌宏。

堂本剛と森田剛は気軽に連絡先を交換するというタイプではないらしく、この2人と食事に行くことの難しさを長瀬智也は「みんなががんばって口説こうとした女をサラッと口説いたみたいな(笑)」と表現する。

ムロは笑いながら、森田とは連絡を取り合う中ではあるものの、まだ食事には行ったことがないと告白。

「森田剛はまだ口説ききれてないですよ」「堂本剛くんは口説けたかもしれない。1回くらい抱いたかもしれない(笑)」というムロの話に、TOKIOは手を叩きながら爆笑していた。

放送後のSNS上では「ムロさんはジャニーズに限らず交友関係が広くてすごい」「ムロツヨシの人間味は実際に会うともっと魅力的なんだろうな」などのコメントが寄せられていた。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)