所ジョージが独自の「まなび哲学」を熱弁!? 「学びは遊ぶための準備だと思わなきゃ」

所ジョージが独自の「まなび哲学」を熱弁!? 「学びは遊ぶための準備だと思わなきゃ」

所ジョージが水卜アナにキツ〜イダメ出しを!?

4月30日(月)〜5月6日(日)にかけて、日本テレビにて展開される新たなキャンペーン「ゴールデンまなびウィーク」。今回、キャンペーンの顔となる「塾長」所ジョージ、「塾生代表」川栄李奈、そして「塾生」の桝太一アナ、水卜麻美アナが会見に登場。「まなび」に対する思いなどを語ってもらった。

■ 「学校の勉強はやっておいた方がいい」(所)

――皆さんが学ぶことを「楽しい」と思ったきっかけなどはありますか?

所ジョージ:学ぶのが楽しいなんて思ったことはないね。

一同:(笑)。

桝太一:あらっ、(キャンペーン的に)大丈夫ですか(笑)?

所:多分小中学生の頃とか、学校通っていた時に学んだんでしょうけど、嫌々やってたよね。で、大人になってその嫌だったことを振り返ると、いろんな情報や考え方が全部入っているわけで。「この計算式が使えた」ってわけじゃなくて、考え方ね。「解き方」みたいな。

そうすると、大人になってから遊ぶのに、解き方が参考になるわけで。みんな「学校で学んだことなんて使えない」って思っているみたいだけど、学校の勉強はたくさん、真面目にやっておいた方がいいと思う。

大人になると学ばないよね。ただ、「人を楽しくしていると何で楽しいのかな」と思うんで、そこは盗もうと思うわけだよ。それも「まなび」なんで。

だから、僕らがテレビに出て何かやっているのは、「何であんな楽しそうなんだろう」ってところをひも解いて、皆さんが「まなぶ」というか、盗むんじゃないですかね。まあなんでも楽しいと思ってますからね私は。

川栄李奈:私は勉強がすごく苦手だったので、その勉強を学ぶのとか、自分が苦手なことを学ぶのはすごく嫌だったんですけど、逆に自分が好きなことは「学びたい! もっとやりたい!」という気持ちが昔からすごく出ていました。

桝:楽しいと思った科目って何でしたか?

川栄:科目は…、体育です(笑)。

一同:(笑)。

桝:あれも「まなび」ですからね。

川栄:私は結構運動神経が良かったので、運動部にもずっと入っていて、とにかく「運動したい!」という思いでした。

所:これがね、もうちょっと大人になるとね、「もっと勉強しとけばよかったな」ってなるんだよ。

川栄:今ちょっと思ってますね(笑)。

所:これから「人生の(後半の)半世紀」に入った時に、できるだけ反省したくないじゃん。だから今現役の学生たちは、「やっとけ!」ってことだよね。

桝:人生の後半のために、ちょっと楽しくなくても前半に学んでおいた方がいいと。

所:そうすると後の半世紀が意外と楽に過ごせるから。「遊ぶための準備」だと思わなきゃ。学んでずーっと頭の中に(知識を)入れといて博士になるわけじゃないんだから。

桝:なりかけた私のような人間もいるんですけども…(笑)。結果ならなくて良かったですね、楽しいですもんすごく。

所:そうでしょ? まあ博士には博士の喜びはあるんだけどね。

桝:確かに…。(水卜アナを見て)これ以上言うことあります?

水卜麻美:あ、もう大丈夫です…(笑)。

所:何もう〜。サンドウィッチ食べちゃったから満足なの? 大丈夫?

一同:(笑)。

桝:あんまり食べると学べなくなりますからね。でも最近「食育」と言って、“食のまなび”もありますからね。

所:でも食べちゃうと頭って回らないよ。

桝:私も「試験の直前は食べるな」ってずっと言われていましたね。

所:そうでしょ?芸能人って皆楽屋で弁当食べてるからね。バカかと思うもん(笑)。

桝:え、食べないんですか?

所:局来たら食べないもん。頭回んなくなっちゃうから。

水卜:だからか私…(笑)。

桝:また一つ学んだね(笑)。

所:でもいいのよ、アナウンサーなんだから。進行が出来ればいいんだから。僕らは来たゲストを気持ちよく帰さなきゃいけないとかあるんで。だから立場が違うからいいんですよ。

桝:我々もそのはずなんですが…(笑)。

水卜:そうなのかな、いいのかな…(笑)。

■ 川栄が教えられるのは「人との協調性」!?

――所さんと川栄さんは今回初タッグとなりますが、お互いの印象は?

所:素直ないい子だなと思って。カメラマンさんの言うことよく聞くし。

一同:(笑)。

所:「嫌!」っていう顔もしないし。「笑顔!」って言われたら笑顔作るし。「偉いな〜。こんな頃に戻りたいな」って僕は思いました(笑)。

川栄:所さんは、テレビで見る通り明るい方だなって思いました。

所:そうでしょ? 何でも楽しそうにやってるでしょ?

川栄:本当に楽しそうですよね? 「すごい!」って。

所:いや、楽しいんだよ。もう決めてるから。何やっても楽しいって。つまずいても楽しいし、お腹空いても楽しいし。どんな状況でも楽しいの。僕はね。

――皆さんの中で「このジャンルだったら教えられる!」ということはありますか?

所:人の上に立って「こういうことやると面白いよ」って言っても、人それぞれなんでね。だって、例えば悩んでいる人の中には、その悩んでること自体が楽しい人だっているんだもん。「あれ、この人悩んでること楽しがってない?」みたいな。

「ドラマのヒロイン(のようになっている人)の悩みを解決させちゃうのはどうなんだろう?」って思うこともあるの。何か、「解決がすべてじゃないか」って思う時もある。

桝:答えを求めてない時もありますもんね。

所:そう、だからそのドラマチックな状況に浸っているのがいいんじゃないかなって思う時もあるんで。上に立って「こうだよ」って、解決する必要は無いと思う。

桝:では、所さんが何かを教える、学ばせるということはあまり…。

所:ないね。だから、この「まなびウィーク」を見て、漠然と何かを感じればいいと思う。

一同:ああ〜。

所:「あれを教わった!」とか、「あ、こういう生き方を聞いた!」とかじゃなく、漠然と見ていれば頭のどこかに残るもの。

桝:「所さんの世田谷ベース」(BSフジ)を見ていると、学ぶこといっぱいありそうですけど…。

所:でもね、1週間も経つと「あれは何だったんだろう?」ってなるから。あの番組には内容の核が無いから(笑)。その時々の思い付きを私が広げているだけだから。だから漠然と見ることも大事なの。「何か得した」じゃないの。やがて「あれのおかげかな」って思う時が来るから。そのくらいの感じで僕は毎回やりたいですね。(川栄に)何かあります? 得意なこと。

川栄:私は…人との協調性(笑)? 人に合わせることですかね。私はAKB48にいて、人数が多かった分、人に合わせることがすごく得意だと思います。

所:でもね、協調性が一番大事なのよ。人が「こうだろ?」って言ったら「はい!」ってうそつく。ここが大事なのよ。

一同:(笑)。

所:で、自分が何か言って相手が「違う」って言ったら「そうだね!」っていう、瞬時にうそがつけることが大事なの。

川栄:まさにそうです(笑)! うそついてるわけではないですけど、(相手に)合わせますね。

所:それでいいのよ。それで何か自分の芯が曲がるわけじゃないから。「芯が曲がる」っていうのは、相手の言っていることにうそじゃなくて本当に「そうだね」と思っちゃうことだから。

桝:「そういう意見もあるか」っていうくらいで、相手のことを受け入れるという。

所:「ああ、その通りだ!」っていう(笑)。偉いね、こんな若いうちに気が付いたの? すごいね〜。僕は最近だよ、気が付いたのは。

桝:私は海の生き物についての話など、「まなびウィーク」っぽいことをやりたいと思ってますので。漠然と見ていただくのもいいんですけど、ちょいちょいマニアックな話も入れていきますので、生き物好きなお子さんたちが反応してくれたらいいかなと思います。

所:面白いよね。他の生き物に興味を持つのは大事だよね。

桝:最近はほ乳類にも興味を持ち始めたので、そっちの方も行ってみたいなと思っています。

所:じゃあ人もそういう風に見てるの? 「この人の生き方は〜」とか、「このプロデューサーはこういう動きをするけど〜」とか。

桝:人のしぐさはちょっと、生物的な観点で見ることはあります。「あ、今無意識に守る行動に入ったな」とか。腕を組む動作は身を守ろうとする行動らしいので、「あ、また水卜が僕の前で腕組んだ」とか、「ガード入ったな」って思って見ています。

一同:(笑)。

水卜:私は…、「ランチのお得情報」みたいな…。

川栄:でも知りたいですね!

水卜:「スッキリ」の担当になってから、ここから半径500mくらいのおいしいラーメン店はほぼ制覇したので、それは多分お伝えできます。あとは「ヒルナンデス!」時代に培った、「便利グッズを何に使うでしょうクイズ」の正解の仕方は教えられます(笑)。

桝:そんなコーナーあったかな…(笑)。

所:それ一つもいらない情報だよね(笑)。それは面白いけどね。ホッとするところですね。

■ 「渡部の行ってない店に行くのがクリエイティブ」(所)

――皆さんが新たに「こういうことを学びたい!」など、興味のある分野はありますか?

所:改めて「これを学びたい!」というのは無いんですけど、目の前に来るものは全部ひも解きたいね。「どうなってんだこれ?」っていう。「どうなってんだ」が気になってしょうがない。

あと、例えば皆さんがネットとかで買い物した時に、壊れた物が届く時もあるじゃないですか。「初めから壊れている物を売ったんじゃないか」みたいな、いろんな状況があるじゃない。その状況も僕は楽しい。

水卜:へぇ〜。

所:壊れている物が届くってこと自体も面白い。「来た〜!」みたいな(笑)。買い物をして、それに見合うものが届くのって、当たり前のことで面白くないの。誰でもそれは経験するじゃん。人が経験してないことは得なような気がしてしょうがないの。

桝:すごく、わかります。

所:「俺そう言えば経験できてないじゃんこれ!」っていうことに喜びを持っちゃうんで、そうすると壊れた物が来ても泣かなくて済むじゃん。「さすが俺だね、壊れた物が来たよ!」って思う(笑)。何でも楽しくなってきちゃうんです僕は。

桝:「みそ汁でアサリを食べていたら中にカニが入っていたらすごくうれしい」みたいなことですよね?

所:あ〜、そうかな(笑)? 

一同:(笑)。

所:あと、「宅配便のお兄さんがカッコイイ」とか言われたりするんで、あれカッコイイと思ったら、「お父さんたち、まねしろ」って話だよ。

桝:最近その写真集が出たりしてますね。

所:宅配便にお金出してるのはお父さんなのに、お父さんは褒められないで宅配便のお兄さんは褒められるって言うんなら、「テメエで持ってけ!」って話だよ。

一同:(笑)。

所:お父さんが家まで持って帰ってきたら、「お父さんは役に立つな」と思われるじゃん。しかも駆け足で帰ってくれば、宅配便のお兄さんと同じように評価されるわけじゃん。だから「見たものをカッコいいと思ったらやれ」ってことだよね。

桝:結局、今の話ですと「宅急便」を学ぶ感じに…。

所:そうなんだけど、全部を学ぶというか、そこから「果たしてその心は?」みたいなところが面白いんで。改めて「○○を学ぶ」じゃなく、目の前に来たものを全部学ぼうとはしますよね。

川栄:私はやっぱり健康というか、体内に物を取り入れて、それがどうなって痩せたり太ったりするのかとか…(そのメカニズムが知りたい)。

所:今情報が多いからね。「○○がいい」って聞くと、みんなそれに群がって食べるようになるけど、そうじゃないんだよね。長生きしている人が肉食べてるからってみんな肉食べるじゃん。そうじゃなくて、長生きしている人の生活をまねしろってことなんだよね。

桝:いいですね〜。栄養学ですね。

所:朝からトーストを焼いて、皿に置いてバターを塗って紅茶をちゃんと入れて…っていう、全体が健康なんだと思う。つまり健康じゃなくて、「健全な生活をしろ」ってことなんですよ。よくテレビはね、チョイスしたところばっかり流すけど、僕は全体だと思うんですよね。

桝:同じ物ばかりを食べ過ぎちゃいけないですからね。

川栄:今のお話で、だいぶ学べました(笑)。

桝:水卜さんは…。

水卜:私はもう、大丈夫です(笑)。

所:いや、ダメでしょ。あなたいろんなお店に並んで食べる人でしょ?

一同:(笑)。

水卜:あれ、おかしいな…(笑)。

所:あれは、「並ばずパッと入ったお店がおいしかった」ってことが発見なわけじゃん。情報で並んだってそれを確認しただけのことで、何の手柄でもないじゃん。

桝:渡部(建)さんが「おいしい」って言ったら絶対おいしいんだから。

水卜:私すぐ渡部さんの本とか…。

所:渡部が言ってるんじゃないところに行くことがクリエイティブなんだよ?

水卜:そっか…。私全然クリエイティブじゃないです(笑)。全部言われたままのお店に行ってます。

桝:「新しい店を学ぶ」ってことですね。(ザテレビジョン)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)