若手女優・五十嵐晴香、生放送は「舞台の本番よりも緊張しました」

若手女優・五十嵐晴香、生放送は「舞台の本番よりも緊張しました」

「よしもとドラマ部 金の卵オーディション Season2」公式放送でMVPを獲得した五十嵐晴香

3/1からライブ配信サービス「生テレ」にて開催中の「よしもとドラマ部 金の卵オーディション Season 2」。本オーディションは芸能界屈指のドラマ大好き芸人・宮地謙典(ニブンノゴ!)と福田恵悟(LLR)、村上健志(フルーツポンチ)によるユニット「よしもとドラマ部」の面々が、今本当に見たいドラマを制作するプロジェクトの一環として行われており、最優秀者には「BS-TBS」で放送される新作オリジナルドラマにヒロインで出演できる権利が与えられる。

 その「よしもとドラマ部 金の卵オーディション Season 2」の公式放送が、3/12に「生テレ」にて実施された。同番組では若手女優たちの表現力や瞬発力、演技の幅広さを審査する企画が行われ、番組の最後には最優秀女優賞(MVP)を発表。第1回となる今回の公式放送では、五十嵐晴香が見事その座を獲得した。

 新作オリジナルドラマの制作陣にプロデューサーとして参加する丹羽多聞アンドリウ(BS-TBS)の推薦枠で公式放送に臨んだ五十嵐は、ドラマ「ごめんね青春!」(TBS系)や舞台「四月は君の?」に出演するなど、女優としてのキャリアを着実に積み重ねている最中だ。その彼女に最優秀女優賞を受賞した喜びや、初挑戦となった個人配信について、第2回公式放送への意気込みを聞いた。

ーーまずは最優秀女優賞の獲得、おめでとうございます! 「よしもとドラマ部 金の卵オーディション Season 2」の公式放送は今回が1回目となりましたが、参加してみての感想を教えてください。

 舞台の本番よりも正直緊張しました!(笑)。普段は舞台を中心に活動させていただいているので、映像、しかも生放送というのが初めてで、本番中はめちゃくちゃ緊張していましたね。福田さんは落ち着いていたとおっしゃってくださったんですけど、「演技力選手権」は心臓がずっとドキドキしていましたし、自分が納得できるお芝居をやれたのかもわからない状態。ただまあ、それが自分の今の実力なんだろうなとは思うので、終わった後にはよりお芝居がうまくなりたいと思いました。

ーー最優秀女優賞を獲得されたことについては、いかがでしょうか。

 それはもうびっくりしました!! 緊張しながらの演技になってしまいましたし、そもそも選ばれないだろうと思っていたので……だからドラムロールが鳴り終わった後に自分の名前が呼ばれた時は、驚きと同時にうれしさもこみ上げてきました。お芝居が好きでこの仕事をやっていきたいと思って芸能活動を始めたので、オーディションで一番に選ばれることはやっぱりうれしいです!

ーー公式放送では「よしもとドラマ部」の皆さんによって審査が行われますが、予選や決勝では視聴者の応援によるオーディションとなります。個人配信を行ってみて苦労された点はありますか?

個人配信は、始めるまでは正直苦手だなって思っていて、でもオーディションだから絶対にやらなくてはいけない。やらなくてはいけないのに、どんなことを配信したらいいのかわからなくて……。結局、じゃあもうそれなら吹っ切れて好きなものを延々語ることにしようと。時間も30分だけって決めて、毎日トークテーマを自分の中で設定して、それを続けていたらいつの間にか、自分は構成を考えることやラジオみたいなトークだけというのも好きなんだなと、初めて気づくことが出来ました。

ーー最後に最優秀女優賞を受賞したことで、第2回公式放送への出演が決定されています。次回の公式放送で、ご自分のどんな面をアピールしたいですか?

芝居でもっと遊びたいなと、考えています。でもその前に演技課題をしっかりやり遂げたいですね。私は現代版シェイクスピアシリーズの舞台にずっと出させていただいているので、今回の演技課題が「嘆き」と聞いた時には最初、悲劇の中での「嘆き」かな、とストレートに思い浮かびました。けれど映像での表現と舞台のものとは違うので、固すぎずもっとラフな演技も出来たら良いなと考えています。セリフを古典から持って来たり、自分でも考えてみたり、その両方にチャレンジしていきたいと思います!(ザテレビジョン・取材・文=竹内巴里)

この記事の続きを読む

関連記事(外部サイト)